/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
ゆる農! ニワトリノニワ編 四万十の流れ
流れ?

世の中の流れ、文明の流れ、宇宙の流れ。それを示唆するように、ある地域で同時多発的に似たような現象が起こることがある。

偶然の一致。確率の片寄り。数学の世界では長い試行の中では確率は必ず計算通り一定に収束する。

だが、短いスパンで見れば大いに偏ることがある。例えばたった100回の試行の中でサイコロの6の目が10回連続で出るという奇遇。6千万分の1の奇跡。

これは偶然?

僕はその確率の片寄りにはある意思が関与しているような気がする。それはユングの言う共時性のようなもの。

宇宙の内面、もう一つの宇宙。物事の根底、裏側。万物の意識の世界。そこで起きている流れがこの世に現象として現れるとしたら。



四万十川を舞台としたドラマが10月から始まるらしい。

遅咲きのヒマワリ

フジテレビで毎週火曜21時放送だそうだ。


僕が高知に来た年の大河ドラマ「龍馬伝」から引き続きこの二年の間、高知はメディアに取り上げられる回数が増えているようだ。その片隅にうちの農場も偶然映ったことになるのだが。

ともかく僕がこちらに来てから、高知県西部だけで5回もテレビに取り上げられている。それも全国放送に。

それ以外にも実は様々な流れを僕は感じているのだが、それはロジカルに説明しようがないこと。残念だが時期を待つことにしよう。


もう一つの流れ。

ついにアイツがやってくる

これまでに存在した甘っちょろいヤツらとは一線を画している。彼らが来れば地方の小売りは変わる。活性化するか、駆逐されるか。

四国のローカルに甘えていたこの業界は数年後に再編され、棲み分けが明確になるだろう。

だが、それも一時の流れ。いわば確率の片寄り。大きな流れはもっと深い所を流れており、表出する時を静かに待っているのだ。




時期が来ればわかる。


龍馬伝.jpg





↓↓クリックして応援
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ 人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
[2013/09/25 00:37] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ゆる農! ニワトリノニワ編 KA | ホーム | ゆる農! ニワトリノニワ編 四万十産天然鮎>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/922-1013cf7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。