/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
ゆる農! ニワトリノニワ編 100年先へ
その日は朝から憎らしいくらいに青空だった。

青空.jpg

暖かく、爽やかな風が吹いている。

その風に乗り雲が青い空を流れていた。

くも.jpg


くも・・.jpg


くも・・・.jpg


流れていた。

雲が。

それを虚しく眺めていた。

時の流れは止めることはできない。

僕らは背中から、時の流れに押されて前に進むしかないのだ。

辛くても、楽しくても、息苦しくても。

明日の来ない今日はない。


この世では。




今日土佐山アカデミーというところから若い研修生5人が僕の養鶏場を見学にやってきた。

この土佐山アカデミーは100年先を考えながら今を生きるということをコンセプトに自然と人間との関わり方を模索している、らしい。詳細はリンクをみてください。

その研修生の中で放し飼い養鶏に興味があるという女の子がおり、僕のホームページを見て是非「100年先の農業を語りましょう」というので喜んでお受けした。という次第。


まずは鶏舎の見学から。

見学.jpg

わ、これ産んでんじゃね?とか言ってる。

産んでる~.jpg

暑いけど運動場も。

運動場も.jpg


一通り見学してから事務所前に集まり、100年先の農業について語り合うことに。僕がここで書いてきたニワトリノニワが目指すことを丁寧に説明して行く。


まずは100年先の日本の人口が現在の1/3程度に減少する現実について。その時現在の都市集中型の文明よりも200人程度のコミュニティが全国に点在した方が良いということ。

ちょっと難しいけど、精神の成長についても触れた。

ここで何度も書いている次に目指さねばならないのはペルソナとシャドーを統一する、「成熟した自我」の段階。(詳細はこちら「ありのままの自分1-5」)

この次の精神性を目指すには半農半芸的な精神的なゆとりのあるライフスタイルを確立すること。実はそれがニワトリノニワの真の目的なのだということ。

つまりはお金を経由しないダイレクトな幸せを目指すこと。

1時間半にも及ぶ見学とお話をして、帰って行った。

持って帰りな。.jpg

今の僕にはお金・住居・贅沢な生活、は提供できない。だが、私がこれまで辛い経験を積み重ね、紡ぎ出した金に換えられない何かを語ることはできる。

そのほんの一粒でも持って帰っておくれよ。


グッド・バイ

バイバイ.jpg


雲が流れ、川も流れる。そして人も・・・


川は流れて どこどこ行くの
人も流れて どこどこ行くの
そんな流れが つくころには
花として 花として 咲かせてあげたい
泣きなさい 笑いなさい
いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ
泣きなさい 笑いなさい
いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ

「花~すべての人の心に花を~」喜納 昌吉






↓↓クリックして応援
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ 人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
[2013/09/25 00:37] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(3)
<<ゆる農! ニワトリノニワ編 独書 | ホーム | ゆる農! ニワトリノニワ編 草刈正雄>>
コメント
我々は時をさまよう存在であり、突き詰めて考えると生きている間にどのように次世代へ貢献できるか?ほんのちょっとでも未来のためになれる存在になれたらどんなに素敵な人生と言えるのだろうか?受け売りではありますが、そんなことを教えてくれた人がいます。私は、自分の生活で小さなことでも、当たり前のことでも、何かをした時に自己満足しています。あまり難しく考えたこともなく、単純に生きているこ
とに幸せを感じています。
迷えるおじさんは、凄く難しい生き方を選択されている様にも思えますが...
アホな私とは違うので深いんですね。
[2012/08/19 21:45] URL | とり子 #79D/WHSg [ 編集 ]
とり子さん

いえいえ。その単純に生きて行くことが一番難しいのです。

現代人には生まれた後から文明により与えられた金欲や物欲、ステータスなど本来生物である人間としては全く幸せとは関係のない欲を背負わされており、その矛盾に苦しんでいます。

今一度みんなで後天的な欲望が本当に幸せと関係があるのか、ないのか、について考え直す時期に来ているような気がします。

お金でなんでも買える時代ってそんなに長く続くものでしょうか?

だとすれば、お金がある=いい暮らしができることにはならない時代がきっと近い内に来るような予感がするのですが。


因みに。我々はこの世では時をさまようことは許されてはおりません。嫌でも過去から未来へとまっすぐに進まねばならない存在です。後退できないんです。だから素晴らしい。
[2012/08/19 22:03] URL | 迷えるおじ #79D/WHSg [ 編集 ]
迷えるおじさんさん

そうですね、明日は必ず来るのでまた明日から働かないといけないから、寝ます。・゜・(ノД`)・゜・

お休みなさい。(コメント不要)
[2012/08/19 22:30] URL | とり子 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/911-0c7fdf2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。