/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
ゆる農! ニワトリノニワ編 うつ・うたない・し
昨日。地元の先輩農家、Sさんが亡くなった。

差支えがあるので匿名としておくが、このブログにも登場したことがある。つまり私とも関わりがあり、つい先週もうちの鶏糞を取りに来ていたばかりだった。

彼は地元で有機農業を行う先輩農家であり、うちのような放し飼いで抗生物質をエサに使ってない鶏糞は良い堆肥になると喜んでいた・・・

そのSさんとの共通の知人が寺尾さん。寺尾さんが昨日電話でSさんの死を教えてくれたのだ。そして、今日がお通夜。

寺尾さんの話によると、Sさんの死後にわかったことだがSさんは抗鬱剤を服用していたとのこと。そういう人には見えなかった、と寺尾さんが話していた。

私もそんな悩みのある人だとは気付かなかった。なにしろSさんは60を過ぎており、私にプライベートなことを打ち明けるような関係にはなりにくいからだ。

だが、私がたった一人で四国に渡ってきて、就農前から奮闘している姿を知っているSさんは、自分の農場のトウのたった菜っ葉などがあれば鶏さんのエサにとよく声をかけてくれた・・・

そして先週鶏糞を取りに来た時、顔はいつものようにニコニコしているが、その行動にやや違和感を感じた。いや、今思えば、だけど。

何か虚ろで鶏舎の戸を閉め忘れて鶏さんを出してしまうということを二度も繰り返した。いつもはそんなことないのに・・・・


過去を振り返ってみて、ここ数年僕の周りには何故か鬱の人が集まってくる傾向があった。そしてつい最近もあるきっかけでうつ病について本を漁っていたところだった。

物心ついて中学生の半ば頃から30を過ぎるまで、長い間私も鬱の傾向があった。

しかし自分のためにこの病気について勉強したこともないし、そもそもうつ病とは自分なんかよりもっとひどい状態だと思い込んでいたのだ。

でも最近勉強した所によると、僕は間違いなく鬱であったようだ。

だが僕のスゴイ所はどの本にも書かれてあるうつ病患者の治療法を、自分に対し自力で、つまり自己カウンセリングを行ってついには治してしまったことだ。

そんな経験からうつ病の人が周りに居るとすぐに気づくし、その人に対して自己流カウンセリングを行い酷いうつ状態から何人も救出させてきたのだ。

そう、鬱の人が集まる訳ではなくてきっと鬱の人を見分けるのだと思う。逆に言うと、多くの人は近くにいる鬱の人に気づかずに見過ごしているということだ。今回の私のように・・・


一般的な話をしよう。

日本では年間の自殺者が13年連続で3万人を越える。うつ病で休職、が50万人。その社会的損失は2.7兆円。

およそ18分に1人が自殺で命を落とす。もっとも多いのは20代で約3割。つまりこれから社会に貢献していくハズの命が失われている。(参考サイト

こんな社会はおかしいですよね?

因みに、世界で見て人口当たりの自殺率は日本は8位。先進国の中では韓国を含め、最悪のグループだ。

僕が尊敬する人、未来工業創業者の山田昭男氏が「社員をコスト扱いするな」と書いていたけど、日本は自殺とうつ病によって2.7兆円を13年連続で失っている。

だから日本の教育は自殺しない社会、鬱になりにくい社会を作ることを第一の目標とすべきなのではないの?

今の教育は高学歴ばかりを作ることを考えている。だからこそ鬱や自殺を増やしている。それがわかっていない。

高学歴にはアダルトチャイルドが多い。つまり親の抑圧、支配下で従順にして、苦しんで鬱になるという傾向がみられるのだ。

学歴をつけて不幸にさせて。一体日本の親は何をしたいの?子供を不幸にするのが教育なんだろうか、今の日本は・・・・


自殺はしちゃイカンと思う。でも鬱になる人はとても繊細で優しく、なおかつ子供の頃に親からネガティブ(自己否定)を植え付けられている。

鬱とは、自分にとって外部の環境が余りにも辛すぎるため、自分の心を内側に閉じ込めてしまうこと。

本人以外にその痛みは中々伝わらない。


Sさん、そんなにか弱い心で60年以上もよく頑張って生きましたね、本当にお疲れ様でした。


あちらへ.jpg


(ノ_-。)




↓↓クリックして応援
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ 人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
[2013/09/25 00:35] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(6)
<<ゆる農! ニワトリノニワ編 むし | ホーム | ゆる農! ニワトリノニワ編 サマータイム>>
コメント
悲しいことですね。
四万十で農業しておられても鬱になられてしまうとは…。
日本の将来が心配ですが、まずは自分を守り、家族を守り、友人、知り合の手助けができればと思います。
この記事を見て涙が出そうになる自分にどこまでできるか分かりませんが。又、台風がきそうですね。
[2012/06/15 10:45] URL | mori #79D/WHSg [ 編集 ]
moriさん
有り難うございます。お言葉から優しさと、とても力強さを感じます。台風それるといいですが・・・
[2012/06/15 14:04] URL | 迷えるおじ #79D/WHSg [ 編集 ]
Sさんはニワトリノニワに役立つことで喜びを感じ、成功を祈っていたと思います。短い期間でもSさんの親切に触れられてよかったですね。ご冥福を祈りましょう。

鬱って手ごわいですね・・・。
[2012/06/15 21:02] URL | 卵待つ子 #79D/WHSg [ 編集 ]
卵待つ子さん
有り難うございます。

いや、本当に鬱ってヤツは・・・・自分で自分を殺してしまうのですからね。究極の自己否定です。

深い井戸の中に落ちて前後不覚、上下も分からぬほど真っ暗闇になってしまったら、外に居る誰かが手を差し伸べてやるしかないんです。

一旦外に出してやれば自分が今まで暗闇に落ちていたんだと気づき、落ちてもまた必ず自力で這い上がることを知るのじゃないでしょうか。

鬱っぽい人が居たら、どうか優しい言葉をかけて少しだけでもいいから肩を抱いて苦しみを共有してあげて欲しいです。そして病院に行くことを勧めてあげてください。

鬱は誰でも陥る闇です。特別な病気じゃない。偏見だけは持たない社会にしなくてはなりません。
[2012/06/15 21:31] URL | 迷えるおじ #79D/WHSg [ 編集 ]
翼のような、やさしい雲ですね。
まるで・・・。
悲しみに暮れた後、見上げた空がこれほど美しいと
救われるような気がします。
私もこの四万十の空に助けてもらう日がきっと来ると
思っています。
[2012/06/16 10:06] URL | sun☆ #79D/WHSg [ 編集 ]
sun☆さん
うん。そうだね。
[2012/06/16 15:30] URL | 迷えるおじ #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/880-056c73a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。