/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
ゆる農! ニワトリノニワ編 エッグい話
ずっと触れなかったのだが、僕には以前からペンペンしていることがある。

あ、プンプンの間違いだった。イッケネ

そう、さとう珠緒ばりにプンプンしているのだ。怒っているのだ。憤慨しているのだ。それは、だ。


日本人は食に無知だと言われる。つまり食糧の生産現場を余り知らない。興味を持たない。

農業とスーパーの陳列棚が余りにも乖離しており、自分が食べているモノがどこでどのように、誰が生産しているのか、について興味を持たないのだ。

例えば、だ。あなたが今日スーパーでカゴに入れたキャベツ。

そのキャベツを作っているのは実は闇組織。妙なモノの栽培がバレないよう偽装するため表の顔でヤーコー達が田舎モンのGさんを使って栽培してたりしたら・・・

自分の気に食わないヤツなら殺人も合法だと思う⇒○ と即答するようないかにも悪そうなオッサンが朝、黒塗りのベンツで畑に横付けする。

窓からくわえタバコでキャベツ畑の様子を面倒くさそう眺めたと思うと畝間に雑草が生えてるのを発見。

舌打ちしたかと思うとウィンドウを下げ、傍らにいたGさんに向かって一言。

「雑草生えてるから除草剤ブンまいとけ」「あん?規定値なんてどーだっていい。出荷の10日前に止めれば検査はパスだろ、ケッ」

タバコを、結球し始める前のキャベツに向かってプッと飛ばし、エンジンふかして去って行った・・・

そのキャベツ。数ヶ月後の今日、あなたがスーパーで手に取ったキャベツがもしもそういう所で、そういう連中が農薬をかけまくって育てていたとしたら。

それでもあなたは買うだろうか?


数年前の中国の残留農薬野菜なんてまさにそのまんまではないだろうか。誰が食べるとか、美味しい・安全なものを、とかクソ喰らえで金儲けが全ての人が作った農作物。

卵は?

スーパーで売られている1パック200円の卵。いや、300円だって400円だって実はそんなに変わりはしないのだが。

これらの卵の生産現場を見たらきっと多くの人は気分が悪くなり、卵を食べられなくなるかも知れない。

暗闇の工場内で狭いトリカゴに入れられた鶏は羽がカゴに当るので全身ボロボロ。ま、それ以上は言うまい。

真実を知りたければ「ウィンドウレス鶏舎」で画像検索してみたらいい。


ともかく日本人の食に対する無知・無関心は愚かそのものだろう。

ついでに。僕と同じようにネット販売で卵を販売している業者ってのは案外多い。

その中で消費者の無知を良いことに、なのか、自らが無知なのかは知らぬが明らかに詐欺的な表現を見つけた。

それは、黄色が薄い卵黄色を、「着色してない自然な黄色です」とか謳ってやがるのだ。

卵黄色は一般のイメージでいう着色するなんてことはできない。卵黄色はニワトリが食べるエサに含まれる成分で決まる。

つまり卵黄色がうちの卵みたいに濃いのはそういうエサを食べさせているからであり、薄い卵黄色の卵は濃くなるようなエサを食べさせていないのだ。

卵黄の色は三色の成分からなる。黄色と橙色と赤だ。黄色・橙色は普通トウモロコシの色、そして緑草の色。赤はパプリカ・唐辛子や天然酵母の色。

これらの色素成分はカロテノイド系色素である、ゼアキサンチン・クリプトキサンチン・カプサンチン・アスタキサンチン。

そしてこれらの色素は人間の体内に吸収され網膜の光受容体になったり、抗酸化作用で老化を防止したり、善玉コレステロールを増やしたりして有効に働く。

だが、これらの色素成分はいずれも動物が体内で合成することができない。

卵黄色が濃いのはこれらの栄養成分が多いということ。これらをエサとして与えず、安いトウモロコシばかりを食べさせて「自然な黄色です」なんていかにも「ヘルシーです」みたいな表現をするのはいかがなものか?

大体、人間が食糧を生産する畜産において、「自然な」はないだろう。一体自然な畜産のエサってなんなんだ?

畜産てのは自然のまま、と対峙するものだろ。こんなデタラメな表現を使い、それを信じる日本人って、ハッキリ言って・・・・

アホじゃねーの?


卵黄色は食べさせるエサで変化する。僕はマーケティング的な意味合いから比較的濃い卵黄色のエサをブレンドしている。

ちょっと濃い色の方が美味しそうに見えるし、また栄養的にも優れているからだ。悪い所はひとつもない。

トウモロコシだけなら安いエサで済むのだ。それを自然な色とは・・・・

更に言うと。

卵と言うのは普通スーパーではサイズごとに分けられて販売されている。では、卵の大きさはどうして小さいものから大きいものまであるの?

知らないでしょ?

僕の育った家庭は親父が県の獣医として働いていた関係で、小さい頃から色んな鶏に囲まれていた。キジ・軍鶏・ウズラ・鶏、そしてフクロウまで。

産卵鶏も飼っていたので卵の産み始めはサイズが小さく、その約一年後のほとんど産まぬようになるとLLサイズ以上の大きな卵になることを常識だと思っていた。

でもスーパーではそんなことは書いてない。ただMサイズとか書いてるだけだ。

うちの鶏は新しく3月に入った鶏さんが産みはじめの小ぶりな卵で、古い鶏のは大きい。だからサイズが凸凹。

同じ誕生日の鶏の卵でもサイズは結構バラバラなのだが、スーパーの卵はベルトコンベアーに乗って選別機で選別されてるからサイズが均一。

僕は、というと小さい卵の方が生命力に溢れており、卵の質や価値という点でははるかに優れていると思う。

そもそも卵の大きさは卵白によって決まる。卵白の主成分は水だ。つまり大きいサイズの卵は水分が多い卵ということである。

うちの卵は高級選別機にお金をかけないでより良いエサに使っている。だからサイズがバラバラでも・・・・


あ、言い忘れてましたが、西武デパートでの卵の販売の件。池袋店と渋谷店で販売されるとのことでしたが、連絡ミスがあったようで池袋店のみで販売しているとお詫びの連絡がありました。

渋谷店に行ってしまった方、大変申し訳ありませんでした。ただ、池袋店のみでも販売は好調ですぐに売り切れるとのこと。

そんな好調ぶりから、今度はそごう横浜店で5/31の夕方から販売が開始されます。お近くの方は是非そちらでお求めください。

うちのホームページより送料の分、絶対お得です。


と、宣伝したところで今日は写真抜きでおしまい。眠い・・・






↓↓クリックして応援
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ 人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
[2013/09/25 00:35] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(10)
<<ゆる農! ニワトリノニワ編 完成マジか? | ホーム | ゆる農! ニワトリノニワ編 わかい>>
コメント
うーん、勉強になります。池田さんのたまごは、大小、ふたごとかまざっているので、つくづくたまごって生きたニワトリが産んでいるものだと実感でます。それがまだ慣れないので、チョットリアルで気持ち悪いと一瞬思う時もあります。気付かないうちに卵は規格サイズのソーセージみたいな感覚だったのかなー。こわいですね。
最近例のニワトリ飼育の海外TV番組観てからケン
タッキーフライドチキンが食べられなくなりました。好きだったけど、絶対あそこの鶏たちでし
よ。次は鶏肉です。キャベツは、まだ見ないふり‥

渋谷西武に無い、了解しました。









[2012/05/29 13:10] URL | 都会の奥様 #79D/WHSg [ 編集 ]
どこかで聞いたのですが、卵の黄身の色は飼料によってどんな色にも出来る、極端な話し紫色にも出来るが栄養的にはそれ程変わらない・・本当かな?
固定観念かやはり黄色しかもニワトリノニワの色は食べる時気分良いです。美味しいしね!
[2012/05/29 21:24] URL | ミミッチ #79D/WHSg [ 編集 ]
なませんを立川でも買える日を待ってます!
[2012/05/29 21:35] URL | Tita #79D/WHSg [ 編集 ]
都会の奥様さん
その内うちでも鶏肉に取り組むかも知れません。僕も唐揚げ好きなので。
[2012/05/29 21:44] URL | 迷えるおじ #79D/WHSg [ 編集 ]
ミミッチさん
脂溶性の色素ならどんな色にでも染まるようですね。黒の色素のエサで黒い卵黄を作った例がネットに載ってました。ただ、食べて安全かどうかは分かりませんが。
[2012/05/29 21:51] URL | 迷えるおじ #79D/WHSg [ 編集 ]
Titaさん
立川で扱ってくれそうなお店をご紹介頂けませんでしょうか。デパート・スーパー以外なら自然食品店さんでもOKです。
[2012/05/29 21:54] URL | 迷えるおじ #79D/WHSg [ 編集 ]
5/31ニワトリノニワの卵がどの売り場に出るのか、場所だけ確認しとこうと思い、早々と横浜そごうに行って来ました(笑)。後でよく考えたら食品スーパー“ガーデン”内に決まってるのですが、インフォメイションで尋ねたら分からず、私の言ってることが本当なのか、パソコンでホームページまで検索してくれました。ニワトリノニワの電話番号が載ってないので確認が取れないと(苦笑)、何故か話は大きくなってしまい・・・どんどん上の方に話が回り、ようやく本当らしいと分かってくれました。5/31日夕方か、6/1の販売になるかもしれませんと言ってました。時間はかかりましたが、インフォメイションの方々は本当に丁寧に対応してくださいました。さすが、横浜そごう。頑張れ、池田なません!
[2012/05/30 22:29] URL | 卵待つ子 #79D/WHSg [ 編集 ]
卵待つ子さん
なんという行動力。

もう少し全国の販売店に営業かけようかな・・・
[2012/05/30 22:39] URL | 迷えるおじ #79D/WHSg [ 編集 ]
営業なんかかけなくとも、これからどんどん注文が入りますよ。いつ行っても横浜そごうで一人3パック位買えるようにして欲しいです(笑)。網膜や老化防止の話をされちゃうと、もう池田なません食べるっしかないですよね!横浜そごうで卵ぶっかけご飯コーナーもやってくれるといいなぁ(笑)。
[2012/05/30 23:00] URL | 卵待つ子 #79D/WHSg [ 編集 ]
卵待つ子さん
そんな順調に行きますかね?そうだといいんですが・・・因みに昨年夏頃に営業かけまくりましたが、全くの無視です。卵は安いもの、という固定概念を店舗側の人がチラとでも持っていると実際売れません。
[2012/05/30 23:12] URL | 迷えるおじ #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/870-2274111b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。