/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
ゆる農! ミッション壱 潰れそうな養鶏家を救え!9
そろそろ夏休みですね。

ま、夏休みって言えば僕も幼い頃には上野の動物園にパンダを見に行ったり、博物館に恐竜を見に行ったり、また今は亡き谷津遊園に連れて行ってもらったりした。

谷津遊園があったのは千葉県は習志野市、京成本線谷津駅徒歩5分。既に1982年12月21日に閉園。現在はその敷地の一部が谷津バラ園としてなごりを留める。

その谷津バラ園は谷津干潟に面している。ほんの100年ちょっと前の江戸時代まで東京湾は海の浅瀬、潮の満ち引きによって干満を繰り返す大干潟であった。

その干潟の大部分は高度経済成長期に漁業⇒工業化⇒宅地の流れの中で無残に埋め立てられ、改廃を繰り返し、現在ではまるで残されたジグソーパズルの1ピースのように宅地と工場に囲まれた不自然な自然を残している。

他に陸地がなんぼでもあるのに、ここが一番と決めたら海を埋め立ててまで人間は一点に集中しようとする性質を持っているらしい。

干潟と言うが現在は水路によって東京湾と繋がれているに過ぎない。その上を片側3車線の東関東自動車道、並行して国道357号線(湾岸道路)、更にJR京葉線の図太い物流ベルトがまたがっている。

僕らネット販売による物流が増加すればそれだけ東京湾から自然が失われていく。日本の物流の中心は東京湾に集中しているのだ。

東京近県5県の人口は全国の3割を占め、消費支出では3割を超える。貨物車両の交通量では2割ほどだが、湾別の外貿コンテナ量では東京湾・横浜湾で全国の4割。空港別の貿易金額では成田が全国の7割を占めている。(データ:東京都市圏交通計画協議会物流調査資料)

かつて、このブログの「進化の法則」という記事でも紹介したが、宇宙の進化・物質の進化というのは集合と拡散を繰り返している。

アメリカの思想家であるケン・ウィルバーによるとこの法則は物質的なものだけでなく、精神の発達においても当てはまるそうだ。

ともかく、僕が言いたいのは江戸末期から極度に集中を始めた東京湾近郊はいずれ分散・拡散の道へと向かうはずだ。それも新しい文化・文明という進化した社会性を伴って。

何故なら、それが大宇宙の隅々まで一片の例外もなく浸透している進化の法則であるからだ。


その法則を促すために。

これから様々な地球的イベントが起こってくるだろう。地球が誕生してからずっと、大陸だって集中と分散を繰り返しているのだ。

だが、それは天変地異というだけでない。人間の社会活動、いわばムーブメントと言うような思想的、或いは価値観の変遷を含む文明の流れと並行して行われるに違いない。

既に私を含む年間何千人かの同志達が脱都会を果たしている。


それはともかく。折角非日常的な価値観に触れるチャンスである夏休みという機会には映画や絵画に触れるのも素晴らしいでしょう。

でも人が創った造形美・文化なんて、天が46億年かけて創り上げた巧妙な美しさには到底敵いません。

人間が創った芸術・建築・文化などは、夏草や・・・・・にあるように儚く崩れ去る運命にあります。

でも天の創りたもうた創造物はどうでしょう。そこらに生えてる雑草たちは例え人間が草刈り機で邪魔しようとも毎年、恐らく文明が途絶えたその先にもずっと生え続けているでしょう。

身の周りにある自然の巧みさ、天の与えた宇宙の真髄に触れる機会を持ってもらいたいものです。


はい。なんだか教育テレビのようなイントロですが、ねはんの里のテケトーレポートをサラッと逝きまっせ。

土曜日だったかいな。

苗で買ってきたスイカになんとベイベー(ロッケンローラー風)が誕生していた。ヤッター

スイカベイベー.JPG

ヒマワリもたくさん咲き始めた。

ヒマワリ.JPG

もっとデカくなってたくさん実をつけろよ、エサになれよ。

種から育てたスイカの苗もそろそろ植え替え時だ。

スイカ苗.JPG

雑草の藪からサチュマイモを救出。

サツマイモ.JPG

全然育ってないな、さすがに。

最近飼料庫にネズミーズが頻繁に出没。超音波の撃退装置にも慣れてしまったようだ。

ネズミーズの被害。

ネズミーズの被害.JPG

我々人類の祖先である哺乳類の原型、ネズミ。さすがに適応力と柔軟性を備えている。

同じ哺乳類である彼は、この日初めて聞いたアルバム、イマージュの一曲目、カール・ジェンキンズの「霧の浅瀬」を聞いて動きを止めた。

イマージュ.JPG

君にもわかるかね、同志よ。


そういやずっと紹介できなかったのだが、卵パックに貼るラベルをタダで作ってくださったデザイナーさんはモロッコ在住で旅行代理店を経営する素敵なオネー様、和田麻弥さんだ。


一旦切るゼヨ。






↓↓クリックして応援
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ 人気ブログランキングへ

放し飼い有精卵の生産販売【ねはんの里】ホームページへ


スポンサーサイト
[2013/09/25 00:00] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ゆる農! ミッション壱 潰れそうな養鶏家を救え!10 | ホーム | ゆる農! ミッション壱 潰れそうな養鶏家を救え!8>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/712-e1876dfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。