/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
ゆる農生活 開園編17
昨日は朝の最低気温が12℃。

曇っているけど相当暖かい朝だ。

暖かい朝.JPG

最近、以前より鶏舎で鶏の様子を観察する時間が増えた。

鶏を見て過ごす.JPG

お陰でその他の仕事が余りはかどらない。

そろそろ卵の出荷が始まるから地べたに産む癖を直すべく例の東南の角地の人気産卵スポットに集まっている鶏を片っ端から捕まえて産卵箱に入れるというメンドクセー作業に時間がかかる。

産卵箱へ.JPG

朝一の仕事は藤田さんのレシピに従って餌を配合する。初めは2時間くらいかかっていた作業も今では50分足らず。

その飼料庫にはネズミ撃退の超音波発生装置二千円也を据え付けているので安心しきっていたら久々に小さいネズミのフンを発見してしまった。

ネズミのフン.JPG

超音波は慣れることがあると説明書に書かれていたけど、それ以上に障害物があると屈折してまで伝わらないらしいので餌の保管料が増えたことが一番の原因だろう。後でなんとか対策せねば。

この日のランチもブンタン。もちろん鶏さんたちと食べた。

ブンタン.JPG

これはしゅりの里からパクってきたヤツで全く管理してないそうなのでちょっとすっぱかった。

産卵箱の卵を回収していると、ある箱から猫のような、あるいは酒焼けしたオバちゃんのようにやたらかすれていて力のない声がするので覗き込んでみると・・・・・・

恍惚の鶏.JPG

真っ暗な箱の中で恍惚の表情。天に向かってお祈りするかのように声なき声で口をリズムに乗ってパクパクと開いたり閉じたりしている。

こちらが近づいて覗きこんでも全く気にしない。あらぬ方を見ながらただパクパクしていたかと思うと、思い出したように猫のような弱弱しい声を出す。

恍惚の鶏だ。

なんだか産卵にまつわる神聖な儀式をしているようで近づきがたく、この箱の回収を諦めた。


前日タケちゃんからかっぱらってきた椎茸の原木をどこに置くかで迷った挙句めんどくさくて玄関の前に放ったらかしにしといた。

椎茸の原木.JPG

すると夕方遅くタケちゃんが現れホッタラカシを指摘された。水につけたら翌朝生えてきたというのでちょっとそれらしくしてみた。

明日の朝には・・・・・.JPG

さ、明日が楽しみだぞ。


最近また日が沈む位置が北へとずれてきた。

日が沈む位置が.JPG

山の右側に沈むようになったのだ。そんなことに気付くだけ毎日この景色を飽かずに眺めている。


アパートに帰って昨日レーゾーコに保管した卵黄の味噌漬けと醤油漬けを食べてみた。

食べてみた.JPG

うん。これは濃厚でマッタリしてドロッとして、ウマい!だけど2日間漬ければカラスミに似た珍味になるらしいのでまだ我慢。


この日は大量の卵をゆで卵にして冷凍庫に放り込む。

ゆで卵.JPG


色々試してみてるけどやっぱりゆで卵に醤油つけて食べるのが一番旨いと思うんだが。








↓↓クリックして応援
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ 人気ブログランキングへ

「ねはんの里」ホームページへ


スポンサーサイト
[2013/09/24 23:36] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ゆる農生活 開園編18 | ホーム | ゆる農生活 開園編16>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/649-08246cf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。