/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
ゆる農生活 開園編8
モチベーションが・・・・

ブログ更新の、だけという訳ではない。

こういうのを燃え尽き症候群とでも言うんだろうか。でも、燃え尽き症候群は結果が報われない場合の徒労感ということだからこれは当てはまらない。

かつて誰かの本で読んだ。作家は大作を書き上げた後で虚無状態、鬱になるらしい。確か太宰も同様だったようだ。


私の場合はもちろん短期間で養鶏を開始するという大作に挑んでそれを成し遂げたという満足感と共にちょっと燃え尽きた感がある。

こんなこと書くときっと頑張れ、とか、これからだろ、とか言う人が多いだろう。だが、これは心の問題であり、頑張れと言われて頑張れるものじゃない。

こういう時に自分に対し頑張れと命じると必ず鬱状態を深める。何かに没頭し、成し遂げ、束の間の満足感と虚しさを味わう。必要な時間なのだ。

僕はこれを神の時間調整と呼んでいる。次への階段を登る心の準備段階。心に無理を強いなければ必ずまた階段を駆け上がろうする力が沸いてくる。

ま、何しろ7年越しの思いを遂げたんだから少し休ませてくれ。


じゃ、ペロッとレポートを。

3月3日。

天気がいい。

あさ~.JPG

飼料庫へ隔離してる彼は元気。おはよう

よく寝たか?.JPG

ウルトラマンによると病気ではないだろうとのことで、恐らく僕の判断によると彼は人間で言う、身障者である。

足の筋力が衰えてしまう病気だ。言うまでもなく通常の養鶏では淘汰される運命にある。

だが、私は彼を見守って行こうと思う。なんとなくだが彼には普通でない能力を感じるのだ。


昼前にタケちゃんが遊びに来た。どこぞのおばあちゃんから椎茸のほだ木をもらったとかで原木椎茸を持って来てくれたのだ。

そして某所でもらったというホウレンソウもくれた。ああ、それ僕も種まき手伝ったやつだ。もう終わりの頃だね。

その椎茸とホウレンソウはまだ出荷できぬ自家生産の卵と、親の送ってきたベーコンと共にこうなった。

Cタケとほーれんそーと卵のあんかけ風炒め物.JPG

ちょっととろみをつけてあんかけ風に。タケちゃん旨かったよ有難う。

夕方、自宅へ戻ると窓から西日と梅の花がブラインドで縞々に見えた。

夕日・梅の花・ブラインド.JPG

とても奇麗だ。

再び農場に戻り夜巡回。

おやすみ.JPG

この日から鶏舎の電気を消した。

日が暮れた.JPG

日の沈んだ西の空が美しい。


おやすみ。



翌日。3月4日。

朝日。

朝日.JPG

最低気温。

最低気温.JPG

この朝は寒かった。

だが、残りの植樹をせねばならない。ってことでシークワーサーを植えた。

植樹.JPG

次、カニステルを植えた。

植樹2.JPG

最後にプラムを植え終えた。

植樹3.JPG


この果樹たちの実がなる頃に、ねはんの里はどうなってるかな・・・・・・



眠っ おやすみ。








↓↓クリックして応援
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ 人気ブログランキングへ

「ねはんの里」ホームページへ


スポンサーサイト
[2013/09/24 23:32] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ゆる農生活 開園編9 | ホーム | ゆる農生活 開園編7>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/640-df00ac12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。