/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
ガチンコ就農道72
あわわ。

と、たまには意味不明な言葉で始めてみる。うん。だから意味はないゼヨ。

廃、今日の四万十川。

四万十川.JPG

天気いいよー

暖かいねぇ.JPG

曲がりなりにも今日から鶏さんが入るのだから、ってことでまず鶏舎に転がってた大工道具なんかを片付けた。

鶏舎を片付けた.JPG

次にセイタカアワダチソウの枯草を集めて運び、

セイタカアワダチソウ.JPG

敷き詰めた。

敷き詰める.JPG

更に給餌器を外に出して洗う。

給餌器を洗浄.JPG

下の農園では梅の花が満開だ。

梅が満開.JPG

ひとまず鶏舎は完成。

よーし、次は事務所をやっつけちゃうかよ。

事務所の内装.JPG

内側の木が腐植しないようにペイントしようって訳だ。

まず保護テープで塗らないところを覆う。

保護テープで.JPG

塗るのは水性ペイント。

水性ペイント.JPG

もちろん内装用なのでシックハウス対策基準のホルムアルデヒド等級は最上位規格のフォースターだ。

開けてみるとトマトジュースのよう。

トマトジュース.JPG

塗るゼヨ。

ぬろう.JPG

かき混ぜたらチョコレート色になった。

一時間くらいで天井の半分を塗り終えた。

天井半分終了.JPG

そこでタイムリミット。しゅりの里へ。

実は明日来る予定の鶏はイレギュラーに用意してもらったものなので有精卵にするには雄の数が半分ほど足りないのだ。

通常のケージ飼い養鶏ではもちろん雄を飼うなんて無駄なことはしないので全て無精卵である。私が有精卵にこだわる理由は、卵の鮮度維持のため。

有精卵は無論生きている。生きている卵は鮮度が保たれるのだ。魚で言えば刺身の鮮度を維持できる、と私は考えている。だから卵かけごはんには有精卵だよ、絶対。


そんな訳で藤田さんが歳とった鶏の雄を分けてくれることになっていたのだ。


よーし、逮捕しちゃうゾ。

捕まえちゃうゾ.JPG

と、張り切って一人で鶏舎に入って行くとウルトラマンに止められた。明るい内にとっ捕まえようとすると雄は向かってくるので怪我するゼ、と。

一時間ばかり雑談して待ち、夕方6時頃日がとっぷりと暮れ始めた薄暮の中。怪しいオッサン達がまどろみかけている鶏さん達がいる鶏舎の中を雄を探して歩き回る。(暗いから写真なし)


しゅりの里社員の福留くんがねはんの里まで車で運んでくれた。どーもありがと。

運んできた.JPG

彼は四万十市の街中に住んでいる。帰宅のついでに好意により運んでくれたのだ。

電気をつけて雄を鶏舎内に放す。

前夜祭.JPG

彼らは異なる鶏舎から寄せ集められたため、初対面が多い。つまり順位ができていない。つまり上の写真は超緊張状態にある。

そこらへんでK-1ファイトをおっぱじめたのですぐに消灯。ま、仲良くやれ。と言っても無理だろうが、暗いから取りあえず寝とけ・・・・・・


ついに明朝新しい鶏が来る。いよいよ実質的な農家としてデビューするのだ。帰宅して先ほど寺尾さんから、「おめでとう」 の電話があった。

思えば昨年4月に窪川アグリ体験塾で寺尾さんと出会わなければ四万十市に来ることはなかっただろう。その意味では寺尾さんがねはんの里へと導いてくれたのだ。

いや、そもそも2年半前。2008年9月。歩き遍路23日目

その日私は山中を歩いていた。前日足摺岬を打ち終え、海沿いの暑い道からようやく川沿いの涼しげな山道を快適に歩いていた。

歩き遍路も20日を越えるとようやく足腰ができてきて快適に歩けるようになる。歩くのを楽しめるようになり始めたその山の中で、その看板を見つけた。


それが、しゅりの里の看板だった。

しゅりの里.JPG


歩き遍路をしなけらば出会えなかったかも知れない。


でもそれ以前に。2004年3月。私がそれまでの全てを失う半年ちょっと前のこと。

医療に関わる仕事をしていた私は人間の命ばかりを優先し地球全体の生命を考えない現代社会に疑問を持ち始めたことを発端に農業に興味を持ち始めた。

それから全てを失い、生まれ変わりの誓いと共に再生し歩み始めた人生の第一目標が目の前にある・・・・・・



明日からは百姓だ。でも私はこれまでも、これからも、変わらぬ想いを抱いて歩いて行くだろう。

私の歩いた足跡に、小さな花が咲くように。それを見て、泣いてる誰かを笑顔にできるように。


そう、それはまさに6年前の自分。泣き暮れていた私のような人を。




「ガチンコ就農道」 完






↓↓クリックして応援
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ 人気ブログランキングへ

「ねはんの里」ホームページへ


スポンサーサイト
[2013/09/24 23:28] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ゆる農生活 開園編1 | ホーム | ガチンコ就農道71>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/631-bae8bde4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。