/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
ガチンコ就農道59
元気ですかー!?

元気があれば10日目のカツオのタタキも食える!(喰えねぇよ) いや、一昨日猪木命の友人に会ったんでちょっと感化されてますかね。

はい。そういう訳で時間がないと。じゃサラッとまた写真だけでレポートしておきましょう。


土曜日。2月5日。

この日は朝から高知市を飛び越えて南国市へ。お馴染みユル農仲間の寺尾さんと西尾くんが同行である。いつものように寺尾さんが車を出してくれた。感謝。

向かった先は南国市は五台山の南側。武市半平太の生家の近くの池公園で土曜日に開催されるオーガニックマーケットの会場。

高知県内で恐らく最も活気のある有機農産物のマーケットということだ。寺尾さんの提案でここを一度見て置こうということになったのだ。

オーガニックマーケット.JPG

ここの出店基準が有機栽培でもハウスものは駄目で旬のものだけしか販売できないというこだわりようである。

そのためか冬場は出店数も出品数も少なく、お陰で客足も伸びないようで淋しい景色であった。

そもそもが活気のないイベントなんだからもっと基準を緩めてまずはお客さんと活気を呼び込んだ方が良くね?

ん。ま、いいや。

昼からは更に隣の香美市は物部川を渡ってすぐの高知工科大学へ。

高知工科大.JPG

実はこちらがメインであり、公開シンポジウムが開催されるのだ。そのタイトルは、

「農業に見る新しい地域経営の姿」 ~スモールビジネス起業とステークホルダー~

で、内容は

■開催日
平成23年2月5日(土)

■プログラム
13:10~13:50
講演「CSA(Community Supported Agriculture)による地域活性化」
講師/村瀬 博昭(慶應義塾大学先導研究センター研究員)

13:50~14:30
講演「農!黄金のスモールビジネス」
講師/杉山 経昌(葡萄園スギヤマ経営者)

14:30~15:10
講演「石垣島におけるファーマーズマーケットなどの取組み事例等の紹介」
講師/石垣 克治(石垣市農政経済課農産係長)

15:20~16:20
パネル討議「農業に見る新しい地域経営の姿~スモールビジネス起業とステークホルダー」
パネリスト(五十音順)/石垣 克治、杉山 経昌、村瀬 博昭
進行/冨澤 治(高知工科大学マネジメント学部長)



なんと、農で起業する! をはじめとする3冊の脱サラ農業本で有名な杉山経昌氏が講演するというのだ。

私は農業に興味を持ってから暫くして彼の本を読み、漠然とした農業に対するイメージが一新されこの考え方なら自分も行けるという自信を持ち本気で農業へと傾倒していくことになる。

もう6年も前の話だ。因みに私が会社を辞めて農業したいと思ったのは2004年の春頃。

それから杉山氏をはじめとして脱サラ農業の先輩たちの本を読み漁り自分に足りぬものを洗い出す。

あげく、それまでバイオ・IT・商社と言ったキーワードの業界に居た私は経営・販売を学ぶため流通・サービスの業界へと転身。

つまり7年越しの準備を行いようやく今年就農できる! この慎重さ、まどろっこしさ。僕がメンドクセー人間だってことがよく分かるってなもんだ。

ま、農業やろうと思ってから業界変えてまで勉強したヤツなんて僕の知る限り見たことない。

ちょっとスゴイんでないの?オレ。


ともかく1番目の慶応の研究員のセンセの話から始まる。

CSA.JPG

この若い研究員さん、学生の時ビジネスコンペで優勝だかなんかしてベンチャー起業したものの失敗してシンクタンクに就職⇒大学院に戻る。

という経歴を持っているそうだ。あ、出戻りね。外見30そこそこの若者に見えたけどそこはアカデミア。彼らは天空に住むラピュタの住人なので予想外の年齢なのかも知れぬ。

あ、アカデミア批判は止そう、我らが兄弟もそれで飯を喰っている。

はい。CSAというのはCommunity Supported Agricultureのこと。もちろんコンピュータ将棋協会のことではないぞ。要するに会員制の農家ファンクラブである。

CSAという尤もらしい名前は知らなかったけど、この仕組みをサポートしているサイトが幾つかあることを知っていた。その一つがマイファーマー

内容はそのまんまCSA。自分好みの農家、或いは欲しい作物を作っている農家の会員になってお金を払うと定期的に作物が送られてくるというものだ。

というのを随分前から知っていた。だから一々事例を挙げて一戸の農家を紹介するこの研究員さんの話が薄っぺらに聞こえた。


はい次。いよいよ本命杉山さんの話。

MOT.JPG

「楽しい農業・楽しい経営・楽しい人生」~情報技術を活用した農業経営~農業MOTの挑戦

いやぁ、素晴らしい。MOTと言うのはManagement of Technology 技術経営のこと。

さっすが、元モトローラの営業本部長さん。MOTをこちらにもかけたわけですな。

農業とはライフスタイルである.JPG

彼の著書にも書かれているが、彼は農業を行うに当たり自らの労働時間単価、つまり時給を決めた。

一般に農家の経営効率が悪い要因として自分の労働をタダとして考えている農家が多いことが挙げられる。

だが、この考えで経営するから今の多くの農家は貧乏暇なし。金銭に結びつく労働とそうでない労働の優先順位がつけられないのだ。


最後の講演者は石垣島の役場主導による石垣島ブランド化プロジェクト、つんだみ。

つんだみ.JPG

ほんとはパパイヤ研究プロジェクトとか言うらしいが、何故つんだみプロジェクトに変えぬのか?

つんだみとはあちらの方言で三線の調弦を意味する言葉。つまり、調子を整えるということ。素晴らしい。

発表内容も公的プロジェクトにしてはかなり優れた成功事例で既に年間1200万ほど売り上げがあるようだ。


最後のパネルディスカッションで司会者の教授が3人の講演者に質問をした。農業を一言で表すと?

後の二人はともかく。杉山さんの答えは「農業はライフスタイルである」つまり人生そのもの。だから楽しくなくてはならないと言うのだ。

彼の読者や取り巻きの中には彼は金の亡者であるという悪評を立てる人達も多いそうだが、それは明らかに間違えているだろう。

彼が目指すのは充実したライフスタイルであり、その人生を実現するために農業を選択した。そして効率化を目指したのはライフスタイルを充実させるため。

金儲けが目的ではなく、効率よく稼ぐのは人生を充実させる手段である。成功者に対しては必ずひがみから揶揄する者が現れるものなのだ。


杉山さんの配った資料を見てたら写真にある人物を発見した。

尊師.JPG


そ、尊師!うちのねはんの里にもようやく第七サティアンが完成しましたよ。早くお戻りくだされ。


あ、結局昨日のレポートできないや。





↓↓クリックして応援
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ 人気ブログランキングへ

「ねはんの里」ホームページへ


スポンサーサイト
[2013/09/24 23:22] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(5)
<<ガチンコ就農道60 | ホーム | ガチンコ就農道58>>
コメント
シンポジウム来てたんですね。僕も杉山さんが出るということで、参加してました。僕が農業に確信を得たのも杉山さんの本を読んだからでした。お互いがんばりましょう!
[2011/02/07 14:45] URL | sugimotokazuya #79D/WHSg [ 編集 ]
sugimotokazuyaさん
いつも有難うございます。そうですか、参加してたんですか。お会いしたかったですね。っていうか、高知だったんですね。どちらに就農されてるんですか?もし良かったらユル農メンバー入りません?
[2011/02/07 22:36] URL | 迷えるおじ #79D/WHSg [ 編集 ]
大豊です。
少し遠いですが、ぜひお仲間に。
[2011/02/07 23:34] URL | sugimotokazuya #79D/WHSg [ 編集 ]
sugimotokazuyaさん
本当ですか?少し馬鹿がうつるかも知れませんけど覚悟してくださいね。

ではメッセージの方に貴殿のメアドを送ってくだされ。追って詳細(ってほどじゃありませんが)をお送りします。
[2011/02/09 08:27] URL | 迷えるおじ #79D/WHSg [ 編集 ]
sugimotokazuyaさん
ちょっと。コメントにメアドなんか書いちゃダメですよ。左の下の方にMailの枠に「メッセージを送る」ってのがあって、そこから送れば管理画面でしかメッセージが確認できないんです。

すぐに気付いたから良かったですけど・・・・・テストメール送っときましたんで届いたら返信くださいね。

届かなかったら再度コメントではなく、メッセージからメアドを送ってくだされ。
[2011/02/10 23:41] URL | 迷えるおじ #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/618-99d13a25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。