/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
ガチンコ就農道9
さてと。実は養鶏の準備と共にあるプロジェクトにも取り掛かっている。それは・・・・

あ、まずそれは置いといて。いつぞやおっぱじめた家庭菜園が放ったらかしになっていたのでその経過を写真で追うことにしよう。俺ってなんて気まぐれさん。

それは10月11日のこと。体育の日ということもあって朝から何やらそわそわしていた。と言っても特に体育の日らしいイベントがあった訳じゃないんだけど。

体育の日は自分と無関係だとは思えないのだ。と言うのもズバリ私は体育会系の人間である。学生時代にややマイナーだがハンドボール部という体育会系の部活に所属していたのだ。

そしてこれまで様々な場面でこの体育会系という単語を繰り返してきた。何故なら学生の時に本屋で立ち読みした就活のマニュアル本にこう書かれていたのだ。

「えー、就職面接にはマゲではなく必ずザンギリ頭で臨むようにしましょう。もう江戸時代は終わったのです。

・・・・中略・・・・

ですから面接でアピールポイントとなるのは、より濃密な人間関係が必要となる部活に所属したこと、それも、ヲタクの文化系よりも体育会系の方が絶対に有利です。」


ま、大体そんな感じだったはずだ。えーと、何の話だったかな?

ま、ともかく体育の日なんかどーでも良くって、この時期から組織を辞めて独立に向けて行動していたということだ。

ま、そんな訳で近くの高知ローカルなホームセンターでテキトーに植物の種とプランターと土を買ってきた。

プランターと買ってきた土.JPG

これらをテケトーな分量で混ぜて入れる。いや、入れて混ぜるだったかな。(どーでもええわい)

1011.JPG

次、種の準備。

種の準備.JPG

昨年の菜花の種を播こうと思ったので、発芽率を上げるために一晩水につけて冷蔵庫で処理することにした。

この方法は休眠打破処理と呼ばれる。草本性の植物の多くは一年生植物であり、厳しい環境の冬を種の形で越す。

だから多くの野菜は本来春播きが適しているはずなのだが秋に播いても生育するような品種を、品種改良や選抜を行い作ってきたのだ。

とは言え野菜本来の発芽時期である春と全く反対の季節に当たる秋に播種するなら休眠打破処理をする方が発芽率が向上するはずである。

因みに発芽の条件というのは、日長・気温・湿度や土壌の含水量の変化などが知られている。農業的にはジベレリン処理や赤色光の照射(レタス)、過酸化水素水処理(水稲)などを行うらしい。

だが家庭菜園レベルでやるなら水に浸して(湿度変化)、冷蔵庫(=冷暗所)で一昼夜(日長・気温の変化)程度が手軽だろう。

ともかく翌日播種して灌水。

1012.JPG

あ、灌水(かんすい)というのは余り耳慣れない言葉だと思うけど要するに水やりのこと。プロっぽいよねぇ。


はい。じゃ、サクサクっと進めましょう。

4日後の10月16日。気が付けば芽が出ていた。

1016.JPG

翌、10月17日。

1017.JPG

もうこんなに大きい。

1週間後の10月20日。

1020.JPG

沈黙していたスイートピーがようやく芽を出した。

1020スイートP.JPG

10月23日。

1023.JPG

約3週間後の10月30日。

1030.JPG

そしてようやく脱藩した、11月1日。

1101.JPG

11月6日。この日新たな仲間が加わった。

その名も、ぺラルゴニウム・シドイデス。

1106しどいでーす.JPG

園芸用では近種のゼラニウムの名前の方がメジャーだろうか。アフリカ原産の彼女は寒い日本の秋に連れて来られて嘆いていた。

「ホンマ、 シドイでーす!

ウソやで。アフリカと言っても南アの先っちょのお寒い地域が故郷なので寒さには強いのだ。

しかし、この園芸用の花、もう一月以上前にニュースネタになっていたのをご存知だろうか。この植物の根には医学的に価値のある成分が含まれるのだ。

従って僕はこの植物の持つ効能を活かした養鶏におけるあるプロジェクトを考えている、という訳なのだ。人と同じことをしてもオモロない。新規性こそは絶対的な差別化である。

ま、その試験段階として栽培方法を学んでおこうというのだ。後で見せるが花もシックで小さいけどエレガントな美しさを持っている。

全体の写真はこんな感じ。

1106.JPG

11月13日。1か月が経った。

1113.JPG

草丈20cm位ありそうだ。

スイートPもかなり成長した。マメ科でつる植物の彼女はそろそろ誰かの支えを必要としている。近い内に農場に植え替えたろうか?

1113スイートP.JPG

これがシドイデスちゃんの花だ。ジャパンは慣れました?

1113しどいでーす.JPG

一昨日、11月23日。

1123.JPG

シュンギクはもうそろそろ食えるな。

スイートPは相変わらず。

1123スイートP.JPG

シドイでーすはたくさん花が咲き始めた。

1123しどいでーす.JPG


そしてようやく昨日。沖縄からあるモノが届いた。

キャッサバ.JPG

沖縄から.JPG

それは、キャッサバの茎。たかが茎だが日本じゃ滅多に手に入らないとあって送料込で結構いい値段。

キャッサバは中南米原産の植物でその根からはデンプンが抽出される。アフリカ・ブラジル・東南アジアなどで栽培され、日本にもデンプンとして年間約15万トンほど輸入されている。

そして実はこれも養鶏における絶対的差別化プロジェクトの材料の一つとなる予定なのだ。そう。なんだかんだ言って色々な事が3年先へ向かって動き始めている。


キャッサバの茎を包んでいた新聞紙がふっと気になった。「週刊ほーむぷらざ」の記事。

体の距離は心の距離.JPG

この沖縄のフリーペーパーは女性向けのものらしい。

記事はパーソナルスペースについて書いてあるようだ。パーソナルスペースとは、ある人に近付かれると不快に感じる空間のことである。

そしてその距離はそのまま親密度を表しており、好きな人は近く、嫌いな人ほどその距離は遠くなる。つまり、「身体の距離は心の距離」という訳だ。

ま、そんなのはどーだっていいんだけど、気になったのは記事の隅っこのオレンジ色の部分。

ズームしてみましょう。

男性が女性を褒める場合.JPG

「こんなとき何て言う?ケース2:女性を褒めるとき」

女性が女性を褒める場合の悪い例が、「化粧が上手ね」だそうだ。確かに。でもこれオカマさんならどうなんだろ?うん。微妙なところだ。

その下に男性が女性を褒める場合の良い例として、「優しい」「仕事が丁寧」「行動力がある」「君が居ると職場が明るくなる」だそうだ。

でも最後のやつ。これ男女逆の場合、特にハゲたおっさんにはいけませんゾ。


「あなたが居ると職場の照明がより明るく感じます。省エネナンバーワンだ。よっ、ミスターエコロジー!そのツルっとしたスペースにエコポイントシール貼ればいいじゃないすか、もったいない。」 


問題はその下の男性が女性を褒める場合の悪い例。うっかりスタイルがいい、とか褒めるとセクハラになると言うのだ。そうだよねぇ。

赤線には、「男性が女性を褒める時はできるだけ身体から遠いところにしましょう」 と書いてある。

なるほど。身体から遠いところねぇ・・・・・


「あなたの背後霊は素晴らしい!実に優しくて仕事が丁寧。おまけに行動力もある。キミがいると職場が明るくなるよ!どうか、この先ずっとこの娘に憑りついていてくださいよ。あ、パンパン(柏手)、と。」



あ、そういうことじゃないすか。







↓↓↓ポチっと押すとあなたに福音が訪れます(ウソでーす)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ 人気ブログランキングへ

「ねはんの里」ホームページへ


スポンサーサイト
[2013/09/24 23:01] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ガチンコ就農道10 | ホーム | ガチンコ就農道8>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/568-a41e5422
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。