/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
就農相談inNAGANO
えー。
昨日のブログ、タイトルと全く関係ないこと書いてしまいましたんで上書きさせてもらいます。

現在長野の伊那というところにおります。
おとといは甲府の湯村温泉という所に宿泊していました。
この温泉肌が少しヌルっとする良い温泉でした。
Image001.jpg
甲府はいい天気。

いや、温泉が目的ではないのです。
昨日長野県某地区農業関係職員さんにアポを戴き就農についてのお話を聞かせてもらっていたのです。

この地区ではJAさんもかなりやる気があって、産直センターやJA主導の農業法人なども立ち上げるような地域です。
新規就農の支援としてはJAの臨時職員みたいな形で1-2年間JA及び市区町村から給与を支給される中で農業の研修が受けられるという手厚い補助があります。

ま、就農相談に行くと何処でもはじめに言われるのが「厳しい」の一言。
その厳しさについてまず1時間ほども説法を受けることになります。
(厳しいのはわかってますって。だから農業が衰退しているんだから。)
正直に言うと、厳しいか厳しくないか、大変か大変でないか、みたいな主観的な話で本来は喜んで迎え入れる立場の人たちが新規就農者の出鼻をくじくようなことは止めてほしい。
ま、私は馴れてますが。

ほとんどの場合、出鼻をくじく彼らは公務員であり、安定的な生活を望み、それに慣れきってしまい、ちっぽけな正義感なども数十年前に忘れてしまった人たちだ。
そんな人たちに現実は厳しい、などと言われても全くめげる必要などない!と私は言いたい。

こう言うのは、私の両親は二人とも地方公務員であり、更にあろうことか父に至っては県農林水産部の元役人で、驚くべきことに農林振興センターの所長であったのだ。(既に退職)
その、かつて新規就農者の支援を行っていた彼は言う。

「サラリーマン辞めて農家になろうとするやつなんてキチガイだ」

彼には、孫の世代が安定して食糧を確保できるような日本を残してやろう、なんていう正義感のかけらもない。自分だけが大切なのだ。

話を戻すと昨日アポ戴いた農業関係職員さんは、農業は大変だと言いつつも色々現実的な話を親身に話してくれた。
そして今年の4月に就農したという新規就農者の農場に連れて行ってくれた。
その農場から帰る途中の車中で、数年前に有機農業の新規就農者(2-5年目くらい)を集めて話を聞かせてもらったことがある、と話し出した。
その中で現在の年間収入はどれくらいあるか、という質問に対し就農者達の平均は大体100-200万くらいだったという。
それだけ厳しいのだ、と言いたかったようだ。
しかし、最後に付け加えた。

「でも彼ら全員なぜかみんな幸せそうなんですよ」

収入100-200万と言ったら所得税がほとんどかからないレベルだろう。
その収入ではアフターファイブが生き甲斐の人では満足できないに違いない。
だが、仕事=生き甲斐=趣味 というある意味恵まれた価値観を持つ人もいる。

別に農業だけが、なんて言うつもりは全くない。
でもそういう価値観を持っている人は収入や出世に余りこだわらないはずだ。
逆に言うとそういう金銭・名誉欲に囚われてしまうから苦しい生き方になってしまうのだとも言えるのではないだろうか。
Image031.jpg
八ヶ岳(中央道)





「ねはんの里」 

banner2.gif


スポンサーサイト
[2013/09/24 21:20] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<フジさん | ホーム | 新・農業人フェアinAKB>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/56-960eec41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。