/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
四万十 じゆうにんの落書き1
晴れて自由の身になりましたよ~、ヤッター。

10月末日で。と突然だったけどお役人さんらのお怒りが収まらないらしい。先日出した退職願が無事に受理された形となった。

一度は会長に保留されていた辞表だが、再度役人から辞表を受けろとの要求があったのだそうだ。詳しい事情はよくわからない。

ま、私としてはちっぽけな食いぶちを確保するか、思想・言論の自由をとるのか、という選択であり人間の権利として当たり前の選択を行っただけである。

と、いうより、とっくにこの組織には愛想を尽かしており、やる気をほぼ無くしていたのである。だから先週二度目の辞表を提出していた。

しかし、改めて何とも愚かな。私を組織から除けば批判が止むとでも思うのだろうか。先を読める力のある人間が少ないらしい。

当たり前の理であるが、むしろ逆だ。思惑通り組織から離れ自由になったので削除したブログ記事も近い内に復活させる。そして、これまで書けなかったことも今後ためらいなく書いて行く。

彼らとしてはクビにしようと思う人間が辞表を出したのでしてやったり、な感じだろうが実質的には刺客を野に放したのだと、認識できていないのだろう。

私は今のところ四万十市に永住する義理などないのでこれから正しいこと(税金の無駄遣い)を発言して行って疎外されるようなら留まる理由は一つもない。

今の世の中言論の自由は当たり前だと思っていたがここは人間の自由や権利というものに関しては一世紀以上も遅れているようだ。一般市民を見下したようなお代官様的態度の役人も、結構いる。

私が逆の立場なら大局を見すえ、論客は飼いならしてうまく利用しようとするだろう。世に論を唱えるような人物は敵にすればマイナスになるが、友好的に付き合えば宣伝塔として活躍し得るのだ。

ま、そんな懐の深い人物は居るまい。しかしそもそも役人の立場と言うのは市民の税により成り立っている訳だから批判の目に常に曝されているのが当たり前なのだ。

高々匿名で書いてる個人のブログで批判されたくらいで排除しようとするなんて北朝鮮と似たり寄ったりの独裁的思考であり、社会的に危険だ。

私は役人と同類になった覚えはない。身内と思ってないから批判的なことを書いた。というか、厚労省の予算はかつて私が血みどろに働いて納めた税金が含まれている。

だから私には批判する権利があると思っているし、今後この組織の行く末、お役人さんの手腕を見て更に批判を加えて行くつもりでいる。


しかし。呆れたことにどうやらこのブログは今、四万十市の農林・商工観光課の注目の的らしくて、毎日朝一から役場からのアクセスが何度も足跡として残されている。

何も知らないと思ったら無知以外の何物でもない。今朝も土曜日だというのに***.kochi.jpからアクセスがあった。

一般市民の税金使って休日出勤し、やることが論客のブログのチェックとは・・・・・・・。遊んでないで市民のために働いてくださいな。



四万十市は今回著しく評判落としたな。 

とか言って。それ、自分かもね。お役人さんをまともに相手にするなんて・・・・・・







まぁまぁかな、と思ったら応援よろしこ。
一回ずつ、ポチポチっと↓↓↓ なーんて。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ

「ねはんの里」ホームページへ


スポンサーサイト
[2013/09/24 22:59] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(4)
<<四万十 じゆうにんの落書き2 | ホーム | 修行の土佐 14日目-1>>
コメント
寄り道するのはいいと思います。
けれども、それが故に目的地にたどり着けなかったら、それこそ泣くに泣けません。
ホームでだったらまだしも、アウェイなので、そこいらへんが心配です。
お楽しみを満願成就の日まで取っておいてはダメでしょうか。

自由民権運動は、四国(高知)が本場でしたっけ?
坂本龍馬もそうですが、四国には「自由」の土壌があるのかもしれませんね。
というわけで、私の心配が杞憂でありますように。
[2010/10/31 00:25] URL | ごめり #79D/WHSg [ 編集 ]
補助金等で使うお金というのは、都会で満員電車に揺られ痴漢の冤罪に怯えながら必死に働いているサラリーマンとかの大切なお金が含まれている本当に特別なお金だということを忘れてはいけません。
本来はしっかりとした目的があり始めるのが事業でそこにたまたま補助金が利用出来るというのが筋だと思うのですが、まずは補助金がありそれを使うのが動機となりそれに合わせて事業を起こす補助金駆動型事業になっている事業が多いのが問題ですよね。
まぁ批判すれば良いってものでもないので、うまく立ち回ってください。
[2010/10/31 06:02] URL | sugimotokazuya #79D/WHSg [ 編集 ]
ごめりさん
いつもご心配いただき有難く思っています。

ただ、私の目的地は就農ではありません。農業をするのは目的でなくてあくまでも手段です。

その手段にとらわれて目的を失う方が私にとっては死んだも同然だと思いました。

私の目的とは精神性の向上であり、そのためには心が何物にも縛られていてはなりません。

だから、逆に今回のことでお役人さんに対して恨みの心で縛られることがないよう自分に言い聞かせて置かねばなりませんね。

因みに、坂本龍馬にしても勤王党の武市半平太にしても土佐が腐っていると辟易して、龍馬は実際に土佐を捨て、武市にしても吉田東洋の暗殺など腐った土佐藩の改革をしようとしました。

あの自由民権運動の雄である板垣退助は元は吉田東洋の弟子で階級制度を好む土佐藩の上士組の一人でした。

しかし彼の偉いところは龍馬と後藤象二郎の尻馬に乗って、柔軟に自由民権の考え方に変化させたことだと思います。

その意味で言えば彼も龍馬の自由な思想に最も影響を受けた一人と言っていいかも知れません。
[2010/10/31 08:50] URL | 迷えるおじ #79D/WHSg [ 編集 ]
sugimotokazuyaさん
ええ。まったくおっしゃる通りですね。国から地方自治体への金の流れというのは目的と手段が逆転しまうようです。

本来は目的があってその手段として補助金事業があるべきですが、国の役人が考えることは器(手段)を用意してやれば目的はおまけでくっついてくるだろうと言う楽観的で無責任な考えです。

地方にはお金をあげてもそれを目的に叶ったように使える人材が不在なのです。

子供のお使いじゃないんだからお金を渡して「お豆腐と大根とお味噌を買ってきてね」 なんて言っても子供は味噌汁の作り方を知りませんよ。
[2010/10/31 09:02] URL | 迷えるおじ #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/553-faf61b3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。