/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
修行の土佐 14日目-1
2008年9月2日。遍路14日目。

ヒゲを剃ってさっぱりした美青年(ええ、おっさんですとも)が満を持して綺麗なおねーさんがいるフロントへ。(やっぱり不純かよ)

フロントでそのおねーさんがニコやかな笑顔で、「お渡しするものがあります」とか言って裏へと走っていった。

も、もしかして、これヒゲ剃って美青年になった効果なんじゃないかよ・・・・・

なんてほのかな期待でアホウのように、まるでアホウのごとくに鼻の下を伸ばして待っていると、おねーさんがすぐに手に何やら掴んで戻って来て、ポンとそれを置いた。

「歩きお遍路さんにはお水をプレゼントしています」

見ると500mlのカチカチに凍ったペットボトルの水だった。不純な期待は一瞬で消え去り、誰がその企画を考えたのか、と、その思いやりに涙が出そうになった。

パッと驚きに目を見開いて「ありがとうございます」と言って頭を下げた。綺麗なおねーさんが本当の天使に見えた。

立派な玄関前のベンチで折角頂いた凍ったお水を無駄にしないようにとタオルでグルグル巻きにしてレジ袋に突っ込みリュックの奥深くへとしまいこんだ。

そして、靴の紐を結び直して、と。出発。今日は桂浜へ龍馬に会いに行くのだ、と思うと痛む足も少し軽くなった。

本日のルートマップ。
サンピア⇒桂浜.JPG

初めは港へと向かう交通量の多い二車線の県道44号線を南下する。少しだけ歩いた所でへんろ道は左へとそれ、田んぼの中の細い道へと入って行った。

途中土佐電鉄後免線の文殊通(もんじゅどおり)駅という小さな駅を越え、小さな民家が連なる街中を抜けて行く。

出発した時から南の正面に五台山の丘がすぐそこに迫っていた。ようやくその丘へと差し掛かる道の入り口は、静かな民家の横のコンクリートの細い道だった。

Image281.jpg


このなんとも落ち着きのある古い小道は、素敵な花園へと続いている。


続いて ・ ・ ・






まぁまぁかな、と思ったら応援よろしこ。
一回ずつ、ポチポチっと↓↓↓ なーんて。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ

「ねはんの里」ホームページへ


スポンサーサイト
[2013/09/24 22:59] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<四万十 じゆうにんの落書き1 | ホーム | 四万十 ゆるサラリーマンな日々5+ 打切り?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/552-9cb34132
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。