/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
四万十 ゆるサラリーマンな日々40
じゃ、高知龍馬遠征の続き。逝ってみっかよ。

高知駅前から多分15か20分ほど。土佐湾へ向けて南下するのみ。

高知-桂浜.JPG

あ、因みに四万十市から桂浜のルートはこんな感じルート検索すると総距離124.9km 所要時間3時間38分だと。

四万十⇒桂浜.JPG

その内高速は三分の一程度しかないけど途中信号がほとんどないから実際には3時間丁度しか掛からない。

もっとも。高知県は四国の南半分と言われ東西に長いことで知られているが、東の室戸岬から西の足摺岬までルート検索で総距離238.8km、所要時間はなんと7時間2分!

無駄に長いぞ!高知県

関係ないけど、四国最長の四万十川の全長が196kmだ。

ま、そんなのカンケーネーってな感じでまたしても浦戸湾に掛かる浦戸大橋を渡り、

またあの橋を渡り.JPG

ちょっと南国っぽい雰囲気のある下竜頭岬の尖端部にある桂浜へ。

近づいた.JPG

多分桂浜のある岬の名前なんぞ知らぬ人が多いに違いない。僕も知らんかった。下龍頭岬があるってことはきっと・・・・・と調べてみるとやはり上が上龍頭岬だった。

因みにこの龍は坂本龍馬とは関係ないようだ。

そして、ようやく高知県立坂本龍馬記念館に到着。

キター.JPG

特徴ある建物だよねぇ。僕は建築のことは良くは知らないんだけど高橋晶子さんという結構名の知れた建築家の設計によるものだそうだ。

よーし、今度こそ張り切って入棺しちゃうぞー! いや、入館だった。テヘ

あ、少し前から僕の写真に日が入ったように赤みを帯びているのに気付いたと思うんだが、これ本当に日が入ってしまっているのだよ。

こんな状態。

壊れかけのデジカメ.JPG

壊れかけのデジカメ。うん、こんなのどーでもいいぞー。エエからはよ入れや。


入館すると右手にでかい看板があった。

薩長同盟を.JPG

よく分からんが、受付嬢氏が地下から観ろというので素直に地下へ。日曜日のためか観光客が大勢。駐車場にも県外ナンバーのばかりで観光バスも多かった。

観光客でごった返す地下の展示場は龍馬の手紙だとかの資料だらけ。

龍馬の手紙.JPG

お客さんはGさんとBaさんだらけ。しっかしこんな資料なんて見ても何が楽しいのか僕には皆目わからないんだが、G&Baは意味深に頷きながら逝ったり来たりしてさまよっている。

それを横目で見ていると自然に心の中に般若心境の言葉が浮かんできた

しんむーけーげー むーけーげーこー(心無?礙 無?礙故) と。(叱られるぞ~)


龍馬の足跡なるパネルもあった。

龍馬の足跡.JPG

大阪と江戸を何度も往復した。そう言えば龍馬も実家を出た後定住せずに一生を仮住まいで送ったのだった。


なんとなくだが、僕も定住というのが似合わないような気がするんだよなぁ。


一旦切ります。続く





まぁまぁかな、と思ったら応援よろしこ。
一回ずつ、ポチポチっと↓↓↓ なーんて。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ

「ねはんの里」ホームページへ


スポンサーサイト
[2013/09/24 22:56] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<四万十 ゆるサラリーマンな日々41 | ホーム | 四万十 ゆるサラリーマンな日々39>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/534-a19dce9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。