/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
四万十 ゆるサラリーマンな日々39
今朝、友人からメールが届いた。

なんのことはない日常。と思うかも知れないが私にとっては事件に近いイベントなのだ。何故なら、私が携帯でメールを交わす相手は95%母親しかいない。

と言ったって、その母親からのメールにしても1ヶ月に一度携帯にメール機能があることを忘れそうになる頃に届くに過ぎない。

つまり、Iモードからのお知らせメール以外に携帯にメールが届くのは、しかもその相手が母親以外であるなんてことは、まさに異常事態に等しいのだ。

その異常事態がなんと今朝9時11分に、ズバリ起きた。911って・・・・・・

そのメールには、今日の警察24時にちょっとだけ映るらしいのでよかったら見てね、と。早速ネットで調べるとTBS系で19時から放送とわかった。おお、いきなり全国区逝きましたかよ。

高知でも同じ時間帯に放送されてることをしっかり確認。だが生意気なことに、そのメールの返事にはこう答えておいた。

「可能な限り見たいと思います」

なーに言ってやがんだ。どーせ何にも予定なんか無いくせに。つーことで朝からドキドキしながら放送時間の19時丁度にテレビを前に正座した。(それはちょっと大袈裟か)

あ、その友人というのはかつてこのブログの「釣行記」シリーズにも登場したK氏

警察官としての腕は未知であったが釣りの腕は名人級だ。

そんなK氏の普段の仕事ぶりなんて知る訳も無い。だが、釣行の際にほんの少しだけ聞いていたその仕事内容は、まさに壮絶そのもの。

私は普段公務員を一緒くたにして批判してばかりいるが、知る限りでは、警察官や消防士、後学校の先生はバカにすべきでない、と認識している。

実に私の意識の中で彼らは公務員だと思っていない。私が一般的に公務員と言って批判するのはお役所の人間だけである。

そのお役人の中にも本気で働いている人が存在することをわかっている。


ともかく。

番組が始まって1時間が過ぎた頃、ようやく埼玉県警のドキュメントになった。それは実に私が5年前に辛い思いをした土地のある川口署であった。

初めの話題は泥酔の挙句、痴話ばなしで興奮し全裸で走る女性の話だった。良く目を凝らしたものの(いや全裸の女性にではないですぞ)、K氏は出ていないようだった。

その映像が終わり、「おかしいな。サブリミナルにでも仕込まれてたかよ?」なんてチラと考える間もなく次の話題が始まった。

引き続き川口署の事件であった。

冒頭からK氏が登場した。


深夜。マンションから騒音の通報があり出動するK氏。

走るK氏.JPG

パトカーに乗り現場へ向かう。

出動.JPG

現場に着き中国人から事情を聞き出すK氏。

仕事中のK氏.JPG

この映像を見ている私の頬に不意に涙が落ちてきた。ああ、あの幼い子供達を抱える父親は深夜の住宅地で包丁を持って興奮する中国人たちの話を真剣に聞いている・・・・・・


警察官の勤務体制の一つは三交代制だと聞いたことがある。

勤務の日は、朝の8時半から、次の日の朝8時半までの24時間勤務。そして仕事が終わった日は非番、次の日が休み。という3日をワンセットにしたサイクル。

もう一つは日勤制で、8時半から17時までが基本だが6日ないし8日のうち1日は当直勤務といって、17時から翌8時半まで夜間体勢で仕事をする。

いずれにしても現代の警察は社会の底辺を支える非常に厳しい仕事だと思う。真四角な道徳社会に抑圧された動物的な本能は夜に開放され、事件を引き起こす。

給与や、安定した将来性だけではともて勤まる仕事であるとは思えない。彼らの中にはどうしたって社会的な意義や使命感が存在する必要があるだろう。


それに比べれば私の仕事なんて・・・・・


K氏は普段はメガネをかけているけど、キリっとした端正な男前。

男前のk氏.JPG



その生き方はボクの生き方とは全く正反対とも言えるほどに、緩くは、ない。






まぁまぁかな、と思ったら応援よろしこ。
一回ずつ、ポチポチっと↓↓↓ なーんて。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ

「ねはんの里」ホームページへ


スポンサーサイト
[2013/09/24 22:56] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<四万十 ゆるサラリーマンな日々40 | ホーム | 四万十 ゆるサラリーマンな日々38>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/533-1a0af847
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。