/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
四万十 ゆるサラリーマンな日々38
はい、続きでーす。

日曜日の朝から100km離れた高知市を目指しましたよ。

あ、どーでもええけど前回アップしたブログのハングル語がうまく表示されなかったみたいですね。楽天も偉そうなこと言うても日本ローカルだな。ケッ

この日の朝のお天気はこんな感じ。

今日の天気.JPG

途中、歩きのお遍路さんに何度も出会った。

お遍路さん.JPG

お遍路さん2.JPG

僕が足摺を目指してここらを歩いたのが20日目ちょっと位だから、彼らが通しの遍路なら9月の初めくらいから遍路を始めたことになる。

因みに二年前のこの日、雨上がりの昼前。私は善通寺に居た。空海の生まれた地と言われているところだ。結願まで後10の寺、三日を残すのみとなっていた。

名残惜しいような、ようやくゴールと言うような。そんなことを思い出しながら私の意識はあの地へと飛んでいた・・・・・・・

おっとその前に。まず高知駅前に設置された土佐龍馬であい博のメイン会場へ向かった。

ジョン万次郎の土佐清水くろしお社中へは窪川に居た際に訪れている

とか言うとる間に着いたよ、2時間半。

であい博メイン会場.JPG

高知駅。

高知駅.JPG

駅の前を横切って・・・・

高知駅2.JPG

であい博は駅から出てきてすぐ右手に開設されている。

であい博メイン会場2.JPG

高知龍馬ろまん社中の入り口。

高知・龍馬ロマン社中.JPG

上の写真を撮ったら着物のおねーさんが記念写真撮って差し上げましょうか、と言ってくれた。はい、喜んで。

おまけに日曜日におっさん一人でさぞかし淋しかろうと思われたのか、若いねーちゃんが一緒に写ってくれた。

記念撮影.JPG

淋しくはないんだが。女子と写真撮影したのなんて記憶も遠く薄れるくらい遥かな昔のこと。

いや、あの。もとい、嬉しかったですとも。ガハハ

入り口で写真を撮っていいのは会場内3ヶ所だけだと言われた。

え?

そーなの?ボク、写真撮りに来たんですけど。つってもルールルなんだから仕方ない。あ、一つルが多いね。

ともかく後から来たおばちゃんが撮影禁止と書いた展示物をパチパチ撮影しているのを横目に龍馬伝の福山さんの衣装。とか言う今更な展示物を通り過ぎていく。

暫らく進むと龍馬の有名な写真を再現するセットが置かれていた。

龍馬の肖像.JPG

ほれ、ここで思う存分撮りなはれ。と、ばかりに。

ほれ、ここで.JPG

更に少し進むとスタッフ三人が何やらこれもセットの前でダベッていた。チラと私をみてまた世間話を続ける。

仕事にプロ意識を持てよ。なんてお節介なことは一旦忘れて撮りあえず写真を撮らせてくださいと声をかける。

ここはバックの画が桂浜であり、スタッフの一人は黒袴にブーツという龍馬らしき服装をしている。

結局、龍馬に似ているのはオデコだけなんじゃなかろうか、というそのスタッフと写真を撮る羽目になってしまった。しかも、手にヘンな扇子を持たされて。

うん、これは色んな意味でとても屈辱だったので写真を縮小して載せとこう。

プロ意識のないスタッフ。全く似てない龍馬役。龍馬となんの関係があるのか意図不明な扇子。

龍馬,と.JPG

ああ。何だ、コレ?観光客をバカにしてんのかよ。

くろしお社中と似たり寄ったりの展示にがっかりしながら会場を出てくると出口のすぐ左で今撮ったインチキ龍馬との写真を売りつけるブースがあった。

そう、自分のデジカメ以外に撮影スタッフのカメラでも写真を撮られていたのだ。

出来上がった写真をチラつかせながら買いませんか?と声を掛けられる。ああ、こんなみっともない写真をいつまでもここに置かれると思うとゾッとしたので仕方なく買い取ることに。

なんとこれが一枚千円也。ボッタクリというよりこれは恐喝に近い商売だ。こんな商いは一度限りしか通用しない、にわか商売だ。


高知県の観光にちょっと悪い印象を持った出来事だった。

さて、本当の目的地へと向かうかよ。



続く。






まぁまぁかな、と思ったら応援よろしこ。
一回ずつ、ポチポチっと↓↓↓ なーんて。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ

「ねはんの里」ホームページへ


スポンサーサイト
[2013/09/24 22:56] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<四万十 ゆるサラリーマンな日々39 | ホーム | 四万十 ゆるサラリーマンな日々37>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/532-01b07a95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。