/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
四万十 ゆるサラリーマンな日々25
さぁ、9月ですぞ。

エエ加減もうちょい涼しくなれや、ホンマに。9月入って寝苦しいってどーゆーこと?

でも、そーいや、歩き遍路をしたあの年も暑かったよなぁ・・・・・・・


人生には繰り返し訪れるドラマがある。

多くの人が気付いていると思うんだけど、自分を悩ませるタイプの人って人生において何度も出てくるものではないだろうか。

例えばあなたが経営者である場合、使えない従業員というのは例えその人をクビにしたとしても何故か次も似たような従業員を雇ってしまう、とか。

例えばあなたが学生なら、苦手な友達が居るサークルやバイト先を辞めて他に移る、とか。

私は運命論者である。

私が思うに、それこそが己に果たされた宿命というものだろう。つまり正解するまでその課題は残り続ける。

解決の方法が間違えているのだ。自分の思い通りにならない者を短絡的に解雇して自分から遠ざけるという解決方法は恐らく人間の精神が進化する方向として誤りなのだ。

多分この場合の正解は、自分が強硬な態度を取る限り他人は自分の思うようには動かない、ということをまず知ること。更に進んで相手を意図したように動かすにはどうすれば良いか?

そのように動いてくれるのはあなたが優しい心を持ち、まず相手の立場を理解しその人の心と同じ位置に寄り添えば良い、という選択ができれば課題をクリアできるかも知れない。

このような選択ができるようになるのは非常に困難である、と思う。


しかしながら精神進化の方向性を考えた場合、どちらかというとより困難と思われる解決方法を選択すればそれが正解だと考えるのが妥当だ。

つまり己の欲に気付き、己の欲を後回しにして他人の心を優先すること。そんなことができる人間なんてまだ極わずかに違いない。だからこそ我々はチャレンジする意味がある。

前人未到の精神レベルへと昇華する課題が何度も訪れてくれるのに、それを運が悪いと捉えるのか、ラッキーだと思って勇んで困難にチャレンジするのか。


今年も夏休みの宿題、残してないだろうか。





まぁまぁかな、と思ったら応援よろしこ。
一回ずつ、ポチポチっと↓↓↓ なーんて。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ

「ねはんの里」ホームページへ


スポンサーサイト
[2013/09/24 22:55] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<四万十 ゆるサラリーマンな日々26 | ホーム | 四万十 ゆるサラリーマンな日々24>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/519-760ea63e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。