/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
四万十 ゆるサラリーマンな日々15
始まりがなければ、更なる進化は有り得ない。

既存の何かがあればこそ、それを超える新しい何かが台頭することができる。それが宇宙の法則というものだ。

日曜日。8月8日。この日はまだ四万十市に居た。そして新たに見つかった土地をもう一度見に行こうと夕方前に思い立った。

その土地は四万十川の河口から近くにあった。なので一旦河口付近の海まで出てみた。四万十川左岸の地を下田と呼ぶ。

その下田の地には土佐西南大規模公園が広がる。これまで紹介してきた黒潮町の砂浜がある、大方地区と佐賀地区までもこの公園はまたがっている。

実はこの下田地区の公園は以前窪川アグリ体験塾にいた時に寺尾さんの車で訪れていた。そして気になっていたオブジェがあった。

それは土佐湾を見渡す丘にあった。

なんかのオブジェ.JPG

うーん。何よコレ?と二度目も思って周りを意味もなくグルグルと回ってみたものの分からない。

とんがった棒が一本。それを中心とした半円形の輪にステンドグラスがはめられてそれが地面に支えられている。

どうにも意味が分からず、そして気になったので帰ってネットで調べてみた。すると、その公園内のページのサンサンパークという所に説明があった。

展望広場の近くにあるさんさんパークには、鉄の芸術家として有名な篠原勝之氏が作った作品「うつろう」があります(平成8年完成)。

塔の下に飾られた7つのステンドグラスは北斗七星を表し、塔の先端は北極星を指しています。

なるほどね。あの鉄のゲージュツカのクマさんこと、篠原勝之氏が作ったんか。だから迫力があったんだ。

7つのステンドグラスと槍は、北斗七星と北極星だったんだ。それで、移ろいを・・・・・意味深だ。


ともかく、海沿いに黒潮町の転居先を目指してみることにした。

下田から黒潮町入野海岸方面を望む。

下田から入野海岸を望む.JPG
途中のプライベートビーチみたいな小さな浜で若い家族が遊んでいるのが見えた。

一組の家族が海水浴を.JPG

あれは長崎の海だったろうか・・・・・・一瞬過去の自分が居た風景と、重なった。


黒潮町まで行き、引き返した。そして例のこの前紹介された丘の上の土地まで戻った。

80aの土地。
80aの土地.JPG

この間は意識しなかったのだが、この土地にあちこちに野生のユリの花が咲いている。

そこには可憐なユリの花が.JPG

更にこの土地はボクが思っていた長方形型の土地ではなくてホームベース型の土地であることが分かった。

ホームベース型の土地.JPG

そして見上げれば夏の強い太陽光線が分厚い積乱雲に遮られ、空が明と暗に分かれていた。

見上げれば.JPG

更に丘の上まで登り、南の空を眺めてみると、

おや.JPG

ズーム。

確かに虹だ.JPG

これ、確かに虹だ。

見上げると、

南の空には虹が.JPG

力強い雲と虹.JPG

東の空にも、

東の空は.JPG

良く見ると二重に・・・・・

よく見ると二重に.JPG

しかも、近い。

やっぱり.JPG

その虹は、見る間にも近づいてきた

徐々に近づいてきた.JPG

そしてついに真上に・・・・・・

真上に.JPG


今、私は農業法人を目指すある組織を引き継いで自分の夢へとつなげようとしている。

だが、これはこの組織としての始まりがあればこそ、私が引き継ぐことができたのだ。何もない状態ではIターンの私にはどこにも引っかかることがなかったに違いない。


始まりがあるから、進化がある。



ほら、兄さん・・・・・・・天が微笑んでいるよ。

天が微笑んでいる.JPG



あらゆる意味での兄へ。






まぁまぁかな、と思ったら応援よろしこ。
一回ずつ、ポチポチっと↓↓↓ なーんて。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ

「ねはんの里」ホームページへ


スポンサーサイト
[2013/09/24 22:53] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<四万十 ゆるサラリーマンな日々16 | ホーム | 四万十 ゆるサラリーマンな日々14>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/508-019f9cd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。