/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
四万十 ゆるサラリーマンな日々10
イッ、生きてマース。更新頻度下がり気味ですまん。

スッ スマスマ スマン (ちょっぴりDJ風に)

ともかくちょっくら遅くなりましたが前々回の続き逝きますゼ。

黒潮町佐賀から1時間。結構な空腹に耐えながら左側に四万十川の上流を眺めつつようやく目的地の道の駅とおわ、に到着した。

ここは懐かしの窪川アグリ体験塾のある四万十町に属する。かなり離れているけど。

あ、これ今回の移動マップね。

マップ.JPG

ま、ともかくようやく到着した道の駅とおわの写真を。

道の駅とおわ.JPG

なんか雰囲気のある店構えだよねぇ。

テーブルと椅子のセットも。
四万十川の景色.JPG

四万十川が綺麗だ。

四万十川.JPG

もう昼食にはいい時間てなもんじゃなく、空腹な上に予定外のワインディングロードを楽しんだ挙句の僕の胃袋は若干諦めモードに突入していた。「食べなくてもいーぞー」てな具合に。

ともかく昼飯喰いに来たんだから後で気分が悪くなろうがどうなろうが食堂に行きましょうと。

とおわ食堂.JPG

ちょっとおしゃれなロゴだと思いません?

このロゴこそが佐賀漁港の明神丸水産を救ったある人物がデザインしたものだ。そして、ここ道の駅とおわのデザインも彼が関与しているのだ。

食堂は混んでおり名前を書いて待たされた。その間折角なので道の駅の売店に行ってみた。

その売店はまさに彼のデザインで溢れていた。

このアイスの蓋も。
四万十アイス.JPG

この道の駅を運営する会社は四万十ドラマという会社。会社っぽくない名前だがこの会社は元々四万十川流域の町村、旧大正町・十和村・西土佐村が出資して平成6年に創られた第三セクター。

そして社長さんは地元の農協職員。たまたま公募された常勤職員に応募して採用された、という元を正せば雇われ社長さん。

しかしこの四万十ドラマさん、田舎興しの代名詞と言われるくらいその筋では有名な会社だ。その代表的な商品がコレ。

新聞バッグ。
新聞バッグ.JPG

新聞を折りたたんだだけで作られた手提げバッグ。これを商品として販売するなら詐欺みたいなもんだと思われそうだが、これを商品化するに当ってなんと作り方のマニュアルを販売するという方法に出たのだ。

その販売方法が画期的でこの四万十ドラマさんは地方興しで有名になり、現在の盛況に至るようだ。

そのことを私は知っていたので入るなり近くに居た店員さんに声を掛けた。新聞バッグはありませんか、と。

その声を掛けた店員さんこそがまさに社長さんの畦地さんで、にこやかに売り場まで案内してくださった。

私は社長さんの顔を知らなかったのだ。そして新聞バッグの傍には彼の本が紹介されたいた。その彼とは・・・・・

梅原真.JPG

梅原真氏。

彼こそが地方再生の救世主として日経ビジネスやらで騒がれている高知の凄腕デザイナーだ。(日経ビジネスオンライン参照

彼は高知県の地方再生に深く関わっているが、他の地域の商品にも多く関与している。私が1年半くらい前に訪れた島根県隠岐島の海士町のさざえカレーのパッケージデザインも彼の作品だ。

ああ、懐かしいね。因みにこのさざえカレーさんは一個525円也と安売りのレトルトカレーなら5個分の値段もするのでボクは食べたことはないぞー


あ、ここ道の駅とおわの食堂のメニューは和食やら洋食やらありなんとなくコンセプトが絞りきれていない感じでいまいちだ、という感想を持った。売店の売り場も・・・・・

私はこの、道の駅という実態があるからそれを見て改善点を考えられる。

先駆者は100%では有り得ない。そこに後参者の利があるというものだ。こうして企業も文化も学問も、川の流れに磨かれる石のように、洗練されて行く宿命にあるのだ。

いや、それは生命の進化でさえも・・・・・


食後に前を流れる四万十川の河原に降りてみた。
清流四万十川.JPG

心洗われる、四万十川。


その清流の畔に、私は宇宙の宿命のようなものを感じた。私達人間の精神も、後から現れる新しい流れに磨かれ、進化を続けて行く。






まぁまぁかな、と思ったら応援よろしこ。
一回ずつ、ポチポチっと↓↓↓ なーんて。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ

「ねはんの里」ホームページへ


スポンサーサイト
[2013/09/24 22:52] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<四万十 ゆるサラリーマンな日々11 | ホーム | 四万十 ゆるサラリーマンな日々9>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/503-7ec332ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。