/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
窪川アグリなユル研修記46
梅雨入りたての晴れ間。

早朝から晴れてギラギラした太陽が。

朝から晴れた.JPG

つーか、マジで暑い、アツ過ぎるぞ、 ビョ~ン、 ポロォ~ン。 (なんなんだ)

つーかアチー.JPG

トマトもゲンナリしてる。

トマトもダルゥ~.JPG

葉っぱがしなだれてるのが分かるかな?雨天の後の晴れなので多分根からの水分の吸い上げが追いついていないのだろう。

トマトはアンデス原産で元々乾燥地に適した植物なので恐らく水分調整が苦手なんだと思う。

これでも翌日くらいにはシャンとしてるから今根っこでは一生懸命渇きを癒すため毛根が働いているに違いない。

潅水(水遣り)すればいいんじゃないか、と思うかも知れない。確かに水をバンバンくれてやれば葉っぱがしなだれることなんてないだろう。

だがその代わりにトマトの実にも水分が多く入り味の薄まった美味しくない巨大トマトがたくさん採れることことになる。

農協出荷ならそういう作り方が正解かも知れない。農協への出荷は味や糖度は規格にはない。どんなに味の良いトマトを出荷したところで振り込まれる金額は生産量に依存する。

だが、市場やスーパーへ直接出荷するなら味まで含めた品質が問われる。増して産直市などで〇〇農場のトマトなんて名前をつけて販売するならリピーターの獲得には味は必須条件と言える。

我々が今作っているトマトは高糖度を目指している。高糖度トマトと言うのは潅水をギリギリまで減らしてトマトの実への水分量をカットして作る。

そのため植物体に含まれる絶対的な水分量が少ないので天候への対応が遅れてしまうという訳だ。


うん、ともかく今日は暑かったな。そろそろ夕方とは言え上下のウインドブレーカーを着てジョギングするのは辛くなってきたな。でも農業は熱中症に強い方が確実に有利だからまだ耐えますぞ。


ところで最近、ここ3週間くらいのこと。以前のパン作りに代わってレンジでプリン作りに挑戦している。これまで4回チャレンジした経験からご紹介しよう。

作り方は超簡単。

材料は卵・牛乳・砂糖のみでできる。

材料は・・・・.JPG

一応バニラエッセンスなんかを加えるように書いてるレシピが殆どだが、んな贅沢品使ってられっかよ、な感じで無視。

ついでにカラメルなんてのも砂糖を焦がしただけでできるから、んなもん暇な時にやりゃいーや、な感じでこれもとりあえず無視。(ま、充分暇なんだけどね)


はい。じゃ、分量。これは大事だ。下手に大幅に変更すると甘~い茶碗蒸しができるので注意が必要だ。(要するにやっちゃったんよ)

とりあえず最小分量で説明。

卵1個 牛乳150cc 砂糖大さじ1杯 これだけ。

1.まずは卵を混ぜる。

ちゃんと割ってから混ぜてくれよ。殻に入ったまま混ぜようとすると多分3時間位掛かるぞ。ここは重要なので一心不乱に混ぜる。

僕は寮の共用キッチンで作っているのでこの時ばかりは誰も来ないでくれー、と祈りながらガチャガチャと狂ったように混ぜている。

良く混ざってないとプリンと目玉焼きが混ざったような色合いになるので食欲減退間違いなし。

2.次、牛乳と砂糖を入れてテケトーにかき混ぜる。

これはすぐに混ざるので問題なし。砂糖をザラメとかにしたいなら牛乳を沸かしながら混ぜて置くのが良いだろう。少し冷ましておけば以降に問題なし。

3.最小単位ならいきなりプリン容器などに入れれば良いが、何人分かを一度に作りたい場合はボウルなどに入れてラップをして、レンジで8分ほどチンだ。

プリン1.JPG

レンジの能力によるので時間は目安だが、私が今使っているのは800Wのもの。

4.多分この時間では殆ど固まらないので更に成型用の容器に小分けして更にレンジでチン。これは多分3-5分位で良いと思う。

プリン2.JPG

5.ま、後は時々レンジを覗き込みながら好みの硬さになったら冷蔵庫などで冷やして出来上がり、という訳だ。

正直に言うと私は4回目にしてようやくそれらしいものができた。

一回目はとてもユルい感じでとろけるプリンなものができた。

プリン3.JPG

プリン4.JPG

でも、これはこれでとても美味しかった。

2回目は固めようとして鍋で加熱に挑戦。でも温め過ぎて甘い茶碗蒸し状態。

レンジでチン.JPG

3回目は自作のイチゴジャムが残っていたのでこれを砂糖の代わりに加え、プリンじゃないものができた。(当たり前だが)

容器に入れ替え.JPG

そして今日、4度目の挑戦。原点に戻り砂糖を入れ、レンジでチンすることにした。丁寧にレンジを延長しながら。

合計温め時間約15分(卵4個分)ようやくそれらしいのができた。(ちょっと混ぜ足りなかったけど)

完成型のプリン.JPG

今冷やしてる最中なので試食してないけど、振った感じのプルプル感はまさにプリンな感じだ。


ところでなんで今プリンなのかって言うと、将来自家生産した卵を使った加工品として独自のプリンを商品開発したいと思っているから。


夢を見据えて少しは動いてるオレって、ちょっと偉いんじゃね?




「ねはんの里」 
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ


スポンサーサイト
[2013/09/24 22:47] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<窪川アグリなユル研修記47 | ホーム | 窪川アグリなユル研修記45>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/480-3c133961
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。