/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
窪川アグリなユル研修記42
昨日はとてもいい天気。

朝、トマトハウスに入ると綺麗な花が咲いていた。

ユリ1.JPG

ユリの花。この花は同じくトマトを管理している研修生、新田さんが球根から育てたものだ。

実は新田さんは既に黒潮町に住んでおり、ちょっと前までユリ農家を目指そうとしていたのだ。

歳は私より1つ下。大阪出身でサーフィンがしたくて黒潮町に移り住もうとしている。そして生活の手段として農業を選んだらしい。

坊主頭に真っ黒い顔、耳にピアス、口元にヒゲ。そのおっかない風貌からさすがの私も話しかけるのに随分と時間が掛かったものだ。

話してみると関西人らしいオチのある話をする面白い人なんだが、とてもじゃないがこんな可憐なユリを育てるような人には今もって思えない。

だって未だに私は話しかける時にちょっとチビるのだから。実際私は陰でこう呼んでいる。

「ファルコーン!!」


ファルコン.jpg


あ、マジぶっ飛ばされそうだ。

ま、そんなイカツい風貌のおっさんが育てたユリが余りにも綺麗だったので、写真を十分に楽しんでくだされや。

ユリ2.JPG

ユリ4.JPG

ユリ6.JPG

ユリ5.JPG

ユリ3.JPG

ユリ7.JPG


昼からフィリピン研修生たち20名以上が我がトマトハウスを訪れた。

フィリピン研修生たち.JPG

オオ、ガイジンサンイパイオルヨ。

この日は天気が良かったので農薬散布日和。で、キュウリ・ジャガイモ、に加えてわれ等のトマトとパプリカにも農薬をまくことになった。

少し涼しくなる時間までトマトハウスで下葉取りなんかして待っていると、カチョーさんが来客を連れて入ってきた。

高知新聞の記者さん.JPG

その連れて来た人が、実は先日も写真を取りに来ていた高知新聞の記者さんだった。実は前日、みんなで撮影に協力していたのだった。

その記者さんが今回記事にするに当たり誰かストーリーを持って就農しようとしている人を軸にして書きたいというのだ。記者さんから相談を受けたカチョーさんが、それならと言って紹介したのがこの私。

確かに農業を志すに至った経緯が私は明確で、ここの職員の間では10年先の計画まで持っている研修生と言うことで異色の存在らしい。

そんな訳でなんと1時間にも渡って私の生い立ちからここアグリ塾に来た経緯を全てお話した。もちろん私が農業を目指す究極の目的が人間の精神的な豊かさであることも。

どうやら明日の高知新聞にカラー写真と共に載るらしい。ま、まさかこれをきっかけに、ちょっとした有名人に・・・・・・なる訳ねーか。


さて、一体どんな記事になることやら。




「ねはんの里」 
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ


スポンサーサイト
[2013/09/24 22:46] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<窪川アグリなユル研修記43 | ホーム | 窪川アグリなユル研修記41>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/475-54f750dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。