/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
窪川アグリなユル研修記36
覚悟はある程度できていた。

やはり、誰かを頼りにしたり助成金や補助金を当てにしようなんて甘えた考えで就農するのは止めることにした。

実は昨日以前見学に行った四万十市のいちえん農場さんを前田さんと一緒に再訪していた。先日話した農の雇用を使って研修生として受け入れてもらえないか、という話し合いをするためだ。

もう一度確認しておくが、農の雇用は農家が人を雇う補助として国から月に9.7万円の助成金が支払われる制度である。

だが幾ら田舎とは言え、雇用保険・労災保険を差し引いた手取り9万円足らずの給料で生活することはほぼできない。

そのため雇用主の農家にプラスαの支払いの負担が求められる訳だ。その負担を求められるかどうか、を相談しに伺ったのだ。

これはしかし全く責めるべきことではない。普通の農家に月に幾らかの負担を求めるなんて農業の現状を見る限り、そもそも無理な話なのだ。

だから結果を知りながら、むしろ相手に気を使わせた分だけ私の中には罪悪感だけが虚しくアザを残し、逆にその覚悟を促される形となった。

私は助成金・補助金などに頼らず、とりあえず仕事を見つけ働きながら就農を目指そうと思う。

なんて偉そうに言うが、誰にも頼らずに生きて行ける訳がない。実際しゅりの里の藤田さんはとても頼りになる養鶏の先輩なので技術面や販路の面でも大いにお世話になることだろう。そして近くに就農するので、当然いちえん農場さんにも。

でも、その受けた恩はいつか誰かに絶対に返そうと思う。ずっと以前から、就農後数年で新規就農者を支援する体制を整えるビジョンは既にできている。


何はともあれ私はラッキーだ。最も困難だと思われた、土地が見つかったのだから。それも希望していた地に。

これから住む所と働く所を探し見つかり次第、次のステップへと移行します。


今しばらく、就農までの紆余曲折をお楽しみください(半泣) (ノд・。) グスン




「ねはんの里」 
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ


スポンサーサイト
[2013/09/24 22:45] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(2)
<<窪川アグリなユル研修記37 | ホーム | 窪川アグリなユル研修記35>>
コメント
男の子は泣いたらあかん!なんて,まあ泣きたい時には泣けばいいんだよな.そうすればまた元気が出てくるし.自然体が一番.でもこれが一番難しい.
[2010/06/02 10:10] URL | みたふり #79D/WHSg [ 編集 ]
みたふりさん
そうそう。情動を抑制せずにうまく付き合っていくのが後期自我から先へ精神性を進化させる唯一の方法だろうしね。
[2010/06/02 12:44] URL | 迷えるおじ #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/468-0181132d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。