/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
雨の研修休日と大豊ライフの番外編
今日は朝から雨。

こんな日はあえて外出。たまには静かに雨の音でも聴こうじゃないの。で、近くのだだっ広い畑の真ん中に車を停めた。勿論こんな時の相棒は6本弦の彼女。

おお、本格的に雨降ってるじゃないの。

大雨.JPG

大雨の畑.JPG

今日から新しい曲の練習を始めた。それは、Youtubeで話題を集めているCanon Rock。キャノンじゃないよ、パッヘルベルのカノンのメタルバージョンだ。

この曲は元々台湾の音楽家のJerryCという人がアレンジしたものらしい。現在最も有名と言われているのが韓国のギタリスト、イム・ジョンヒョンという人がfuntwoというネットネームでアレンジしたバージョン。

私は昨年夏に偶然Youtubeで見つけいつか弾いてみたいと思っていたものだ。ネットにJerryCバージョンのタブ譜が転がってたのを見つけてそろそろか、と始めたのだ。

この曲で、Youtubeで有名になったのはドイツの少年、MattRach。彼が演奏しているのはオリジナルバージョンだが、元はJerryCのアレンジだと思う。

ま、一度見てみてくださいな。思わず見とれるから。(MattRachの動画)よし、今日から頑張るぞと。

ほんのわずか練習してみた感想では今、私が唯一全部弾けるクラシック曲、ジムノペディを始めた時よりは当りは少し易しい感じ。でも難しーよ。

暫らく一心に練習してたら雨があがった。

雨があがった。.JPG


ま、今日のネタはこんなところ。最近かなり長くなってしまった私の一回のブログとしてはちょっと物足りないので、大豊で過ごした最後の数日に見つけた新たな趣味をレポートしよう。


その趣味とは実にパン作りだ。

いや、初めはパンじゃなく、あの映画マトリックスで仮想現実に気付かせるツールとして描かれていたクッキーでも焼こうかと思っていたのだ。


そして初めに作ったのがこれ。

1日目.JPG

なんとなくメロンパンみたいに見えるのだが、これは通常のクッキーのように小さいのをたくさん作るのが面倒臭かったので大きなパンみたいなのを作って焼いてから切ったからだ。

これが断面。

1日目ズーム.JPG

食べてみた感想はちょっと軟らかいクッキー。まさに意図した通りだ。

でもここで思った。これってパンを作るのと似たようなもんじゃないの?そこでネットでパン作りのレシピを検索してみると、必要なものがわかった。

強力粉・バター・砂糖・塩・ベーキングパウダーorドライイースト・牛乳

うーん、強力粉ってそこらに売ってるもんかね?こんなの売り場を真剣に見たことないからわからん。

で、脱藩準備で香美市に行った時に大きなスーパーで4kg入りというデカイのを発見して購入。ドライイーストとやらも一番安いのを買ってきた。

今回は強力粉とドライイーストを使ったのでそれなりにうまくできそうな気がしていた。

そして焼き上げたのがこれ。パン作り2日目。

2日目.JPG

おお、なんか本当にパンっぽいぞ。あ、因みにパンを焼いてるのはオーブンレンジ。

更にズーム。

2日目ズーム.JPG

これってどうよ?

実はこの2日目バージョン(パン作りとしては1日目)はいきなりだけどちょっと工夫して中にチーズを入れてみた。

それがこれ。

2日目チーズ.JPG

更に、夕食に唐揚を作ろうと思ってオリジナルダシに漬け込んでいた鶏肉があったのでこれも投入。

2日目チキン.JPG

包んでいると、これ肉まんじゃないの?と思わず蒸したくなったのだけどそこは我慢してパン、パンだよ、パン。ふっくらとした。いや、ぬっくらとしたパンダじゃないよ。(なにそれ)

食べた感想は、ケンタッキーのカーネルビスケット(だっけ?)のような感じ。表面はサクッ。中のパン生地はちょっと重い感じの野暮ったいパン。

あ、ケンタッキーのビスケットを食べたのは20年前で、しかも人んちで出されたものを食べた一度きりの経験しかないから当てにはならんのだけど。

その後学生の時バイトしてたんだけど、そーいや喰ってねーや。ってことは工場で作ったのをチンだな、アレは。

ともかく上の二品、適当に行き当たりばったりで作ったにしては非常に美味くできた。特に唐揚バージョンはジューシーで絶品。商売できるよ、これ。よし、ちゃんとしたパンまでもう一歩だ。

夕食用の唐揚はこうなった。

2日目唐揚.JPG


そして迎えたパン作り3日目。この日のポイントは発酵時間を20分→60分にしたこと。今回は中身は入れない。ともかく普通のパンを作ってみないとね。

これが3日目のパン。

3日目.JPG

ズーム。

3日目ズーム.JPG

若干多分焼き時間が10分くらい足りなかったような感じ。見た目のまんま色白なパンができた。指でツンツンしてみた感触はパンそのもの。

おお、3日目にしてパンらしきものができたよ。断面は・・・・

3日目断面.JPG

わかる人にはわかるのだろうけど、包丁で切ると断面が潰れてしまう。ちょっと感触が重い、しっとりした感じだ。

食べた感想は市販の白いもっちりパンにそっくり。でもこれは普通のパンじゃない。僕が目指してるのは普通のロールパンのようなフワフワな感触な軽いパンだ。


うむぅ。これまではパン生地が重い感じになっていた。これは焼きが足りないというより発酵に問題があるのでは?と考えた。

それじゃ今度こそはと今回は牛乳を購入。更に メジャーなドライイーストを試してみようと日清の見たことあるヤツを買ってきた。

更にこれまでは強力粉と水の量が結構テキトーだったのでこねてみた感覚でもべちゃべちゃ過ぎたり堅過ぎたりした。これをカップでそれなりにきちんと測ってやってみた。

こねてるとこ。

4日目こねてるとこ.JPG

こねはじめはベチャベチャ。20分もこねるとモチモチで軟らかい餃子の皮上になってくる。

更に今回はオーブントースターに発酵というボタンを発見したのでこれを使ってみた。すると40℃で正確に発酵してくれるではないか。

4日目2回目焼いてるとこ.JPG

そして今回はネットで調べたレシピ通りに二次発酵というのをやってみた。一度目30分。二度目はパンの形に丸めて30分間更に発酵。

こうして足りなかったと思われた発酵を念入りに行うとこれまでにないくらい焼く前に膨張していた。これは期待できるぞ。

こうしてできたのがこれ。

4日目.JPG

パン作り4日目(パンとしては3日目)

触った感覚は普通のパンそのもの。包丁なんかで断面を切るまでもなく手で割ってみた。その断面がこれ。

4日目断面.JPG

ようやくできた。これは市販のパンとして出しても誰も疑うことはないだろうよ。しかし、焼きたてのアツアツのパンってなんて旨いんだろう。


余りに生地が膨らんだので今回は半分を一次発酵後に冷蔵庫に入れて翌日にとっておいた。

二次発酵前の生地。

4日目の2回目焼く前.JPG

さて、2次発酵でかなり膨らんだけど再現できるか?

残りの焼き上がり。

4日目2回目焼き上がり.JPG

今回焼く時間を5分短くしたので若干焼き色が薄め。

でもって断面は。

4日目断面.JPG

うん、問題ない。これでオーブンレンジさえあればいつでもパン作れるな。


よーし。ではいよいよ アンパンマソ でも作ってやるか。ワハハのハ、と。



「ジャムおじさん、天に帰る時が来たのだよ、自分」

天に帰る時が来たのだ.jpg



フン、できるかな?

ジャムおじさん.jpg

(怖っ)



続く。(ウソ)




「ねはんの里」 
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ


スポンサーサイト
[2013/09/24 22:37] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<窪川アグリなユル研修記6 | ホーム | グレーゾーン>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/436-9b3538c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。