/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
脱藩の道5
続きから。

3月5日朝。道の駅あぐり窪川に立ち寄って時間を潰した後にそこから5分程の窪川アグリ体験塾へと向かった。

ここからのレポートは今の研修内容とかぶるので写真でサラッと流します。


まず、正門からまっすぐ延びるセコイヤ並木。

セコイヤ並木.JPG

短期研修の宿舎棟。

宿泊施設.JPG

中は綺麗な宿舎の廊下。

宿泊施設の廊下.JPG

座学用の教室と先生、は課長さん。

教室.JPG

続いてビニールハウスの見学。

イチゴハウス。

イチゴハウス.JPG

5枚で梅の花のような、白いイチゴの花。

イチゴの花.JPG

熟したイチゴの実。

そして実.JPG

先日もご機嫌に収穫を楽しんだ、トゥメィトォハウシュ。(若干発音おかしい)

トマトハウス.JPG

更におナース。

おナス.JPG

午後から鎌研ぎ練習。

鎌砥ぎ.JPG

「ヒッヒッヒ。旨そうなわけぇもんが来たワイ」 (鬼婆か)


トラクター乗車実習。

トラクター実習.JPG

おーきなものから小さなものまで♪ いや、これイセキさんのトラクターですが。

次は管理機で畝立て実習。

畝立て機.JPG

畝立てするためのライン引き。

畝立てライン引き.JPG

夜は塾生のOBが駆けつけてくれて、懇親会が開催された。(写真ブレまくり)

夜はOB懇親会.JPG

翌日は雨が降る中観光バスで移動。

雨の中バスで移動.JPG

この日は農家見学。実にこの前に訪れた香美市の農家へとはじめに向かった。

まず訪ねたのは2,3年前(だったかな?)に就農したばかりのニラ農家、板橋さんのハウス。

香美市のにら農家板橋さん.JPG

元々養護施設に勤めていたと言う板橋さんはハンデのある人達を雇用して経営している。だからだろう、就農に当たって様々な幸運に支えられ信じられないほどスムーズに就農できたそうだ。

こうして色々な人達の運命を背負うというのも成功する究極の秘訣と言えるかも知れない。逆のパターンも勿論あるだろうが。

優しい人達による丁寧で綺麗なニラの刈り跡。

にらの刈り跡.JPG

次は同じく香美市にある有機栽培の農業法人、大地と自然の恵みさんのトマトハウスを訪れる。

香美市有機作物の大地と自然の恵み.JPG

この人は農家出身だが、会社経営的な合理性を追求した手法により規模拡大した先進農家の経営者だ。丁度一年前に訪れた群馬の野菜くらぶさんみたいなもんだ。

このような経営の農家は今注目されている。でもこうした経営手法なら他産業企業が得意とする所なので、本格的に彼らが農業に進出してきたら駆逐されてしまうのではないだろうか。


昼前に香美市から海岸線を東に、安芸市へと向かう。昼食は安芸市内のホテルのレストランに予約されていた。

安芸名物の釜揚げシラス丼。

釜揚げシラス丼.JPG

そして安芸ナスのあんかけ。

安芸ナス.JPG

ここ安芸は地元では有名なナスの産地なのだ。

このホテルは安芸市で一番高い建物らしく、海岸線が一望できる。

室戸方面.JPG

あちらは室戸方面、第27番神峯寺(こうのみねじ)がある丘だ。


午後一で向かったのは安芸の西に隣接する芸西村のナス農家小松さんのハウス。

芸西市ナス農家小松さん.JPG

Uターン就農らしいが、初年度から少しだけど利益が出たそうだ。勿論初期投資は除いての計算になるようだが。

高知県は従来の農薬の代わりに天敵を農薬とする、天敵農法を県をあげて推進している。天敵農薬というのは、例えばアブラムシを駆除するのにテントウムシを使ったりするヤツだ。

ここ芸西村のナス農家でも取り入れている。

天敵農法.JPG

次に向かったのは同じく芸西村の青年農業士(新規就農者などの教育を行えると県が認めた農家)の高松さんのナスハウス。

もう一件芸西市のナス農家高松さん.JPG

左に写っている男前が高松さんだ。ちょっとした遊び人らしい・・・・・


午後の予定も終了。帰り道、この前、手結岬で車泊した時は夜に立ち寄った、道の駅夜須(やす)に今回バスで寄った。

道の駅夜須.JPG

そこで見たのは・・・・・

シカン展のポスター.JPG

気付いただろうか。左下の黒いポスター。これ昨年9月に私が一日ブログ記者とかに認定されたシカン展のポスターですよ?(当時のレポートはこちら

そういや、全国巡回するとホームページに書いてあったような。でも当時はまだ四国に行くことも決まっていなかったのでまさか、半年後にこんな所でポスターを見るとは夢にも思っていなかった。

因みに高知巡回は、高知県立美術館で2010年3月14日~4月18日の間開催されるらしい。ってことは丁度ここ一ヶ月ということか。妙な縁ですな。


明けて翌日。この日は研修最後の日。午前中ハウスで収穫体験をして午後からちょこっと果樹剪定の実習をすることになっていた。

まずはイチゴハウスで収穫。というよりイチゴの食べ放題。

イチゴ食べ放題.JPG

品種はさちのか、だったかな。中々甘いイチゴだ。

美味かった.JPG

続いてトマトを収穫して袋詰め。

トマト袋詰め.JPG

みんな楽しそうに作業している。手前でキュートな笑顔を見せるのは福岡から来たSOさん。確か27歳(だったかn)。これイニシャルじゃなくてそのままソウさんです。

トマトを切って見ると・・・・・

スカスカ.JPG

さすがに研修生が作っただけに中身スカスカ。糖度も余り高くなかった。食べてみると・・・・・旨いとは言えない。不味くはないが普通だ。ま、今は毎日食べて食費削減に貢献してくれてるけど。


午後からは果樹の剪定実習。

果樹の剪定.JPG

一通り説明が終わった後、みんなで寄ってたかって好き勝手に切りまくった。


こうして3日間の研修が終わり・・・・・こんなんで6千円も取られて今の私にとって収穫があったのだろうか?

これが就農の意思があやふやな時なら充分だろうが、サラリーマン辞めて既に1年半も農業について調査してきた私にとっては今更の勘が強かった。

ともかく下見は済んで長期研修の面談も終わり研修が確定したので良しとしよう。


15時に研修が終わる。それから雨の高知道を2時間半かけて大豊に戻り貰ってきたナスとトマトで夕食を作った。

なすとトマトの夕食.JPG

奥はもらったナスとニンジンと大根の浅漬け。手前右はトマトとナスのコンソメスープ。右は先日の土佐ジローのタマゴを使ったモヤシチャーハン。


さて、一応次が決まったぞと。


もーちょい続く。



「ねはんの里」


スポンサーサイト
[2013/09/24 22:34] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(4)
<<脱藩の道6 | ホーム | 脱藩の道4>>
コメント
こんばんは!楽しそうに研修されてますね。頑張って下さい。僕もバスツアーですが四国お遍路初めました(*^_^*)
[2010/04/02 21:24] URL | たかし #79D/WHSg [ 編集 ]
たかしさん
おや。遂に呼ばれましたね。バスツアーだと慌しいですね。全何回のプランですか?
[2010/04/03 12:43] URL | 迷えるおじ #79D/WHSg [ 編集 ]
こんばんは!全12回のコースです。仕事があるので土日しか行けません。一年かけて結願できるよう体調管理に気を付けます。
[2010/04/03 21:54] URL | たかし #79D/WHSg [ 編集 ]
たかしさん
そうですか、一年ですか。高知に入るのは5回目、夏頃でしょうか。良い巡礼になることをお祈りしております。
[2010/04/04 13:10] URL | 迷えるおじ #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/429-61aba70e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。