/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
窪川アグリなユル研修記2
なんだか寒いぞ。

今日ここ四万十町は快晴。だが風が強く、その風は冷たかった。こういうのを花冷えというのかね。

じゃ、本日の研修行ってみよう。

まずはじめの作業はトマトの収穫。

トマトの収穫.JPG

上のような手押し車を押しながら専用のハサミで赤くなった実をバッサバッサとちょんぎってはポイポイとテキトーに放り込んで行く。

しとしとぴっちゃん、しとぴっちゃん♪ てなもんだ。(by 子連れ狼)

外は結構寒いのでこんな日の暖かいハウス内での作業は快適だ。快適すぎるぞ、はは~ん。(はは~ん、てなんだよ)

あ、因みに子連れ狼はこんなヤツね。

子連れ狼.JPG

ま、いいや。ともかくここ数日晴天が続いているため、先週と比べ収量が多い。きっと1.5倍位。真っ青なトマトに向かって語りかける。

「早く赤くなれよ、大五郎」 (誰が大五郎やねん)

次に生姜畑の土壌洗浄とやらの見学へ。土壌洗浄とか言うので何かと思ったらなーんだ、農薬ブン撒くだけかよ。

それがコレ。

農薬.JPG

わっるそうな色してますな。医薬用外劇薬とか書いてある。生姜は連作障害が出やすく、病害虫の防除に苦労するのだそうだ。そして劇薬のため取り扱うには防毒マスクをかぶる。

防毒マスク.JPG

その様子を遠巻きに見学する研修生ら。

見学.JPG

専用容器で土壌へ注射。

土壌へ注射.JPG

傍らの小川では小さいフナがたくさん泳いでいる。

傍らの小川で.JPG

上の劇薬は1週間程度で分解されてしまうため、環境汚染にはならないようだ。でもねぇ。


昼からはキュウリハウスへ。

本日のキュウリ苗。

本日のキュウリ苗.JPG

おお、なんか葉っぱ大きくなったようだ。と言っても実は定植直後は上は大きくならず地下で根が伸び大地へ定着する作業を進めているのだ。

支柱を立てた.JPG

今日は上の写真中央の支柱を一定間隔に立た。この支柱の役割については後ほど説明しよう。

昼を過ぎたハウス内の温度は・・・・

ハウス内温度.JPG

26度か。最高34度まで上がったらしい。

午後の終わりに敷地内の竹やぶに竹の子が生えているからみんなで取ろうということになった。

竹の子掘り.JPG

5人で20本近く取っただろうか。職員などに配ってもまだたくさんあったので寮生だけで料理して、これを肴に飲み会となった。

臨時料理長にはいつも何やらいかがわしいものをセコセコと作って食べている私が任命された。他の人は大量の竹の子を一心に刻む。

これがウサン臭い私の作ったインチキ創作料理。

竹の子づくし.JPG

左。竹の子とナスとゴボウの塩コショウ炒め。右。竹の子とトマトのピリ辛ラー油煮。いずれも半分位に減っている。中々好評だったみたい。

これと竹の子の炊き込みご飯を作り、1時間。炊き込みご飯の水加減が良くなくて米に少し芯が残ってしまったのが残念。味はまあまあかな。次は絶対天ぷらだ。



春、万歳。



「ねはんの里」 
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ


スポンサーサイト
[2013/09/24 22:33] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<脱藩の道4 | ホーム | 脱藩の道3>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/427-0d4c48bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。