/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
出トーガネ記4
私に残された時間は後1週間しかない。

いや、1週間もあるというべきか。1週間後にはここ大豊を去るという決断を既に下している。その前にこれまでの経緯をこのブログに書いて置きたいと思っている訳だ。

色々検討したものの、次に引っ越す先では余りに費用がかさむためネットを開線しないという選択をする可能性が高いのだ。そのためブログの更新も余りできなくなるだろう、との理由による。

そんな前置きはともかく。


2月6日土曜日。私は再び四国八十八ヶ所霊場第一番札所。霊山寺の前に立っていた。

第一番札所霊山寺.JPG

ここに立つのはこれで3度目。3度目の正直でそろそろ出家でもしようか、なんてチラと考えてみる。

1度目は2008年8月20日。歩き遍路はじめの日。緊張した面持ちで不安だらけ。「本当に来ちゃったよ・・・・」なんて初々しく心の中で呟いていた。

2度目は41日後の9月30日。88ヶ所、四国を一周して1200kmを歩き終えて満足げに傘をさしながらここに立った。初心に返り歩き遍路というものを振り返ってみたかったのだ。


この日は春先の好天の休日の昼下がりにも関わらず思ったより霊山寺の境内に人は多くなかった。ここは一番目なのでもしかしたらみんな午前中に旅立ったのかも知れない。

邪魔が少ないこともあり、いたずらに写真をたくさん撮ったので写真メインでお伝えしよう。これから四国遍路をしようと思っている方に四国霊場の雰囲気が伝わればいいな、と思います。

では。できるだけ参拝の順路に従ってお伝えしよう。


まずは山門全体。

霊山寺山門.JPG

この山門前に立つ歩き遍路の心境は先述した通り。ただこの門、左にお遍路姿のマネキンが立っていて多少ウサン臭い雰囲気が漂っているのが少し残念。

いやいや。これは絶対に遍路とはこういう姿でするんですよという見本であって、この衣装は境内でお求めください、なんていう和尚さんの煩悩を表現したものではないはずだ。いや、きっとそんな訳はないよ。

例えば・・・・


「心をまっさらにする遍路用白装束 15000円。

歩き遍路の心のより所となる金剛杖 5000円。

自分を見つめ続けて歩いた遍路の日々 プライスレス。

お金で買えない価値がある。」



とか、そんなマスターカードのCMみたいな。

あ、そういやマネキンの着てる白装束にプライスカードが下がってたような・・・・・(嘘ですよ、勿論)でも霊山寺の住職は商魂たくましいという噂をどこかで聞いたなぁ。


えーと、気を取り直して。


山門をくぐってまず左手にお清めの水場。

水場.JPG

右手に池とその向うに大師堂。

池と大師堂.JPG

水場の奥に多宝塔。

多宝塔.JPG

その前の石碑。

釈迦如来.JPG

多宝塔奥に原爆の火。

原爆の火.JPG

更に奥へ、本堂。

本堂.JPG

本堂手前左側に観音様。

観音様.JPG

その左奥に十三仏堂。

13仏堂.JPG

そこに並ぶ十三仏。

十三仏.JPG

仏堂の中のお不動様。

お不動さん.JPG


いざ、本堂の中へ。

本堂へ.JPG

お賽銭入れ。

おさいせん・・・・・お願い.JPG

中に入り左奥へ。曼荼羅と仏像。

曼荼羅.JPG

奥中央部の仏壇(って言うのかなぁ?)

仏壇.JPG

天井中央の龍の画。

天井の龍の画.JPG

入り口付近の天井から下がる・・・・・なんて言うんだ、これ?提燈じゃないよなぁ。

オレンジ色の灯り.JPG

中央手前の蝋燭台(正式名称知らね)

蝋燭.JPG

線香.JPG

この寺の境内にはあちこちから水が流れている。本堂の下からも水が流れている。本堂から出てきて左手に滝が配置された池があり、その真ん中に仏像が鎮座している。

大仏様.JPG

その池の前の木にはおみくじがたくさん結んである。

運勢.JPG

何々・・・・・幸運が少しずつ増えるようになる運勢です、と。いいじゃないすか。(僕のじゃないけど)


大師堂の上の・・・・何とかっていう金の飾り(と、あたかも知っていたかのような)

金色.JPG

大師堂と池にかかる橋。

大師堂.JPG

同行二人 四国は一つ

四国は一つ.JPG

↑これ金剛杖立てです。


池の中にある、多宝塔か原爆の火の方向を見てお祈りする子供達の像。

あなたに願いを.JPG

「あなたに願いを・・・・」


山門内側にある道しるべ。

道しるべ.JPG

そう、この日は7番十楽寺と8番熊谷寺の間にある「御所の郷」という日帰り温泉に入ることになった。

山門裏側。

山門を出て.JPG



ここから。四国一周の旅へ、いざ。



続く。




「ねはんの里」 
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
[2013/09/24 22:26] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<出トーガネ記5 | ホーム | 出トーガネ記3>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/402-285ff466
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。