/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
土佐に行くぜよ10
続きから。

大豊町でもう一ヶ所行っておきたかった場所とは・・・・・日本最古の杉と名高い、その名も「杉の大杉」

この杉、なんと須佐之男命(すさのおみこと)が植えたとされるのだ。スサノオと言えば日本書紀にも登場する海原を統治する神様。

また「八岐大蛇退治神話」が有名で、神様の住む高天原を追放されたスサノオが出雲の国に降り立ち、魔物である八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を倒したという神話でも有名だ。

スサノオの子孫である大国主がヤマト政権に出雲大社の建立と引き換えに日本の統治を譲ったということから、スサノオ爺さん(神様だが)は日本の創始者とも言える。

そして確かにスサノオは日本中に木を植えたという伝説がある。従って日本最古の杉であるといわれているのだ。

因みに屋久島には縄文杉(推定樹齢3000年以上?)というのが存在するが、これは1966年に屋久島町役場の観光課長さんが発見したという、日本創始の伝説と比べると余りにも残念な事実が存在する。


ともかくその日本の歴史を3000年も見てきたという、杉の大杉へと向った。大豊町役場から1kmほど、道の駅おおすぎの傍の丘に存在する。

これがその大杉を祀ってある神社だ。

杉の大杉.JPG

↑八坂神社。なんとなく落ち着いた静けさを湛えている。

この神社の鳥居前まで歩いて行くと後ろから熱い視線を感じる。そこには小さな事務所が建っており、愛想のいいおばちゃんがにっこり笑顔でチョコンと鎮座していらっしゃった。

看板には、「入場者は施設整備協力金を料金所にお支払い下さい。大人200円」・・・・はいはい。それで熱い視線を感じた訳ね。喜んで払いますとも。おばちゃんの笑顔に、ね。

鳥居をくぐり短い階段を上がって行くと正面に本堂、手前左に水場、そして木の通路が現れた。

八坂神社.JPG

木の通路をまっすぐ進むと本堂までの中ほどに杉の大杉のいわれが書いてあった。

杉の大杉云われ.JPG

↑樹齢3000年以上とも言われ、二株が根元で合着している。ほぅ。南の杉は根回り20mで樹高60m!!こらぁ間違いなく日本一だ。あ、大豊町教育委員会の隣にモミジ貼っつけたの僕じゃないよ。見事な向きと位置ではあるが。

因みに縄文杉が幹周16.1m・樹高30mで、秋田の杉の里にある日本一高い杉というのが樹齢250年・幹周約5.5m(?)・高さ58m だからやっぱり圧倒的だ。

スサノオ爺さん(神様やで)が「大きくな~れ♪そして日本全国杉だらけにしてくれるわ、バンザーイ」とか言いながら植えたんだ、間違いないよ。

あ、どうでもいいかそんなこと。それじゃぁいよいよ左を振り向くと・・・・・

日本一の大杉.JPG

「でかっ」

これが3000年もここに生きている樹なのか・・・・・・なんだか巨木の周りというのは異様な空気に包まれているな。しかもこれはツインだし。

比較のために根元にマッチ棒を置いといたんだけど見えないか。ま、ウソなんだけど。

それじゃもっと近寄ってみよう。

日本一の大杉2.JPG

うーん。益々大きさわからない、と。これは撮影技術の問題もきっとあるな。ともかく今日はこの辺にしといてやるか。

境内の木製通路は杉の根を保護する目的らしい。黄色いモミジが黒い板をバックになんとも風流な床に見えた。

黄色の紅葉.JPG



車に戻る途中、境内の裏山へと続く通路を振り返ると・・・・・


紅いモミジに彩られた風流な小道になっていた。

紅葉の道.JPG



大豊町秋のレポート、「土佐に行くぜよ」シリーズ 







「ねはんの里」 
banner2.gif


スポンサーサイト
[2013/09/24 22:15] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(2)
<<伊予に行くぞなもし1 | ホーム | 土佐に行くぜよ9>>
コメント
大豊町レポート有り難うございましたm(_ _)m樹齢3000年の大杉は感動しました。間近でご覧になられたならば尚一層の事でしょうね。仕事が上手く行きますよう念じています。また色々なレポートお願い致します。いつも楽しみにしています。ご負担にならない程度でお願い致します(^-^)g"
[2009/12/06 22:37] URL | たかし #79D/WHSg [ 編集 ]
たかしさん
いつも有難うございます。メンタル面でとても支えられております。後半もすぐにレポート開始します。
[2009/12/07 08:00] URL | 迷えるおじ #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/358-6e7c7bf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。