/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
土佐に行くぜよ8
続きから。

翌朝。階下で則夫さんが起きる音で目覚める。私は二階の寝室を借りていた。時刻は7時。目を開けて天井の真新しい木の節の模様をボンヤリと眺めていた。

全く音がしない。風も無風状態なのだろう、冬の今は鳥の囀りすら標高の高い森に囲まれたログハウスの中では聞こえて来なかった。

静けさをしっかり心に沁み込ませた後、起き上がり服を着替えて布団を畳み階下に下りて行く。則夫さんにおはようございますと声を掛ける。

恐縮で、有り難いことに朝食の準備をしてくれている。私も手伝おうと思ったが何をして良いか勝手が分からない。それに勝手ながら渡辺さん夫婦には妙な気遣いは不要であると昨夜から思っていた。

台所に立つ則夫さん↓
ご主人が朝食を.JPG

部屋の中はまだ暗い。きっと外は霧に囲まれているに違いないと思って窓に近づきカーテンを開ける。案の定霧が深いものの思ったよりも外は明るい。

雲海.JPG

この日の天気は晴れの予報。だが則夫さんは、ここらが晴れるのは昼前くらいかな、と。

森の中にも濃い霧が立ち込めている↓
霞漂う森.JPG

朝食を有り難く頂き、更にまたしてもコーヒーまで入れてくださった。この日9時から隣の土佐町で牛の品評会があるので8時に則夫さんは出発するとのことだった。

私に、食事さえ自分で用意すれば何日でも居ていいよ、と言ってくださった。だが、私はWWOOFという制度を知っていたので、何の手伝いもしない私が長く滞在するのはさすがに気が引けた。

だから折角のご好意をお断りして今日発つことにしていた。朝食を終えコーヒーを飲み終わると丁度8時になった。

則夫さんはここに来ることになれば住む所も農地も全部世話してあげるよ、と最後に言い残して出発された。なんとも心強いことだ。私もここに来れたらどんなに良いだろうか、と・・・・

再びラウンジに出てみると霧が晴れ始めていた↓
雲海が晴れて・・・・.JPG

荷物をまとめて外に出る。

ログハウスの前から森の中へと一本の細い道が続いている↓
森の奥へと続く道.JPG

ここで知人を集めてマウンテンバイク(自転車)の大会が行われるのだそうだ。なんだか無性に吸い込まれて行きたくなるような、か細い道だ。

そしてこれがログハウスの全貌↓
ロッジ全貌.JPG

とても愛らしい形をしている。さて、出発するか。この日の予定は決めていた。この少し上に渡辺さん夫婦と娘さんが週末に営業するらしい、「レーベン」という喫茶店があるので寄ってみるように言われていたのだ。

そして更に少し上には龍王の滝という日本の滝百選に登録されている有名な滝があることを教わっていた。

まず喫茶「レーベン」へ。途中で渡辺さんの農場の牛舎が見えた。その下は雲海に飲まれている。

高原の農場.JPG

すぐに喫茶「レーベン」に着いた。

レーベン.JPG

レーベンというのはドイツ語で「住む」の意味。則夫さんがスイスに畜産の勉強に行ったことがあることから付けられたようだ。スイスでドイツ語は公用語だ。

住む=生きる=楽しむ という思想の下ではないかと思われる。因みにドイツ語でリーベンはLOVEの意味だ、というのを思い出した。私も第二外国語で独語をかじっていたのだ。殆ど記憶に残っていないのだが・・・・・

こちらの喫茶レーベンも可愛らしいログハウス造りとなっている。

レーベン2.JPG

駐車場を、敷き詰められたような紅葉が落ち着きのある秋色に染めている。

当然のことながら平日の朝なんかに営業はしていない。

営業は週末?.JPG

今誰かが通ったら確実に不審者として通報されるに違いないと少しビビリながら中を覗き込む。それでなくても普段から怪しい人間であることは本人が深く自覚しているのだ。

う~ん、なにやらカウンターに手書きで・・・・・

中は・・・.JPG

「しぼりたてジャージー牛乳、300円だモー」 ん?そう言えば、ちびまるこちゃんに似たような語尾のキャラが居たような・・・・・・




ブー太郎.jpg

・・・・・あ、アレは、ブー太郎 か。なんて思いながら一人早朝、人里離れた静かな森の中で閉店中の喫茶店の前でニヤニヤしている自分が怖い。マジで。(正真正銘の不審者だ)

「大豊レーベン、ブログも見てにゃん」 お、そう言えば則夫さんが言ってたな、お店のブログを娘さんがやっていると。

こちらがその大豊レーベンさんのブログです。早速渡辺ご夫婦にメールで泊めて頂いたお礼を書いて送ると娘さんが記事にして返事をくれた。なんとも。

喫茶店から下を見ると雲海が立ち込めていた。

外は雲海.JPG


美しい。



続く




「ねはんの里」 
banner2.gif


スポンサーサイト
[2013/09/24 22:14] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<土佐に行くぜよ9 | ホーム | 土佐に行くぜよ7>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/356-3aeef28b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。