/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
いなかへGO計画3 運命的?
さて今日は久しぶりに就農について。

面白い話じゃなくて恐縮だけど、就農に興味のある人もいるでしょうから。まあもっとも、私のような生き方の人間はありのままで面白い、とも言えるのかね?

ともかくこれまでの経過と今後についてまとめておきますか。

例の畜産センターでの養鶏の研修は10月一杯で終了してた。と言っても10月中はあんまりやることなくてほとんど行かなかったので実質的に1ヶ月で研修は終了。これはこれでニワトリさんを触る経験ができたのでそれなりに有意義だったと思う。

そして就農地探しの方だけど、この前の愛媛遠征から帰ってすぐに千葉の、主に外房方面にある農林振興センターに片っ端から電話して問い合わせてみた。

その結果言われたことはどこもほぼ同じだった。



「あの、新規就農希望の者なんですが・・・放し飼いで養鶏やりたいんですけど土地貸してもらえるとこ紹介してもらえませんか?」

「知人や親戚などのツテを頼ってください。うちはお役所。頼られてもやったことないから困るってば。」

「え?新規就農者に土地の紹介・斡旋するのがお宅ら振興センターの仕事じゃないんですか?」

「他の自治体ではそういうこともやってるみたいだけど千葉はそんな積極的じゃありませんよーって。うちら仕事したくないから、よそ行ったらいんじゃね?

「・・・・・そんなぁ」



ま、多少誇張はあるけど千葉県の自治体はどこもこんな感じで新規就農者の定着は業務外と公然と言い放ってはばからない。

千葉には有力な農業法人がたくさんあって、彼らが新規就農希望者を研修してくれる。だから自治体がやっきになる必要はないのだろうか?

いいや、そんなハズはないぞ。だが千葉県は農業生産高が北海道に次いで2位ということで県としてなーんにも力を入れてない。一応農業大学校での研修制度がある程度だ。補助など無いし。

だったらあなたたち農林振興センターの仕事は何なんだ?

「農家の皆さんへ最先端の農業技術を指導することです」 だそうだ。ウソばっかり。やる気のある農家や規模のそこそこ大きな農業法人は彼ら農業改良普及委員なんて全くあてにしていない。

ある大きな農業法人で農業体験をした時に聞いたのだが普及委員が来ると時間の無駄だから追い返すと言っていた。だからやることも無しにお役所でくすぶってるんだろう。

ま、ともかくやっぱ千葉はダメだな。農業法人での研修を頼りにせずに独立したい人、自給自足の農業から始めてみたい人、そして農地を貸してくれる知人などが居ない人は千葉県はお薦めしません。

まったく、お役所様はどこも似たり寄ったりだな・・・・・と愛媛遠征を思い返しているとあることに気付いた。そう言えば否定的な人にも会わず、就農に積極的な所があったではないか。

それは愛媛の鬼北町。あの時は前に寄った内子町のお役人さんの印象が余りにも悪くて忘れようとしていたけど。思い出してみると鬼北町で会った人は皆親切でいい人ばかりだった。

更に改めて全国新規就農相談センターの各自治体の支援情報などを見てみた。するとある情報が目に止まった。

高知県の大豊町という所で農業研修生を募集していたのだ。実は以前にもこの募集を見てはいたのだが何気なくスルーしていた。

ここは農家に預ける形での研修になるが、自治体から研修中の生活費として月15万支給される。期間も1年か2年かを選択できるらしい。

募集を開始したのが今年の9/17。もう決まっちゃったかな・・・・と思いつつ電話してみるとまだ決まってないので歓迎するからすぐにでも面接に来いとのこと。こんな積極的な所は初めてだ。

ついでに電話で担当者と私のやりたい農業ができるかなどの話を少しだけした。すると、「農地はたくさんあります。住む所も必ず探します。今なら農畜の循環農業をやってる農業法人で有機農業の研修が受けられますよ!」とのこと。

そうそう、こういう出会いを期待してたのよ。なんて調子良く考えて翌日には書類を揃えて即郵送。決断すれば行動は早いのがモットーだ。と同時に鬼北町の方も種類を揃えて正式に申し込みを行った。

ま、こんな経緯で月曜日の勤労感謝の日から再びお四国へ遠征に出ます。いやぁ、二週間も待った。二つの地域とも面接での選考があり、場合によっては落選することもあるので二股かけますよ、と。

何しろこの手の研修制度のある自治体は過疎地のため妻帯者が優先されてしまうのだ。これは仕方のない話で、冷静に見てアラフォー・独身・脱サラのおっさんは過疎地にとって夢も希望もないと判断されても仕方ないことだ。

もちろん、自分ではそんな悲観的じゃあないのだが、アハハ。って笑っとる場合じゃないか。


ともかくまた1週間ほど高知→愛媛の車泊の旅に行ってきますかね。そろそろかなり寒いよなぁ




「ねはんの里」 
banner2.gif


スポンサーサイト
[2013/09/24 22:13] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ある研究所で | ホーム | 進化の法則>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/347-ae889aee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。