/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
進化の法則
今日の内容は難しめ。ゆっくり読んでもらえれば理解してもらえるはず・・・・と思って書きますね。


昨夜。眠りに就く前に、私は宇宙の始まりについて考えていた。

宇宙はおよそ137億年前に突如始まった。その始まりは小さな真空、いわば無である。実に真空というのは莫大なエネルギーを持っていることがわかってきたのだ。


宇宙の始まり.jpg

その真空のエネルギーが光のエネルギーに満ちた超高温の火の玉になりビッグバンが起きた。膨張する宇宙空間で光のエネルギーは徐々に物質へと変換されて行く。



初めに大量のX粒子と呼ばれる素粒子ができた。やがてそれらは現在の物質で最小の素粒子であるクオークとレプトンへと変換され宇宙空間を満たす。

クオーク
クオーク.JPG

宇宙誕生から0.00001秒後に宇宙の温度は1兆度まで下がり、単独であったクオークが3つ集まって陽子や中性子を作った。

陽子
陽子.JPG

宇宙誕生から3分後には宇宙の温度は10億度まで下がり陽子と中性子が結びつき原子核を形成した。

原子核(白いのが中性子と思ってください)
原子核.JPG

宇宙誕生から30万年後、宇宙の温度は3000度まで下がり、バラバラに飛び回っていた電子が原子核に捕らえられ原子核の周りを廻って物質の基本単位である原子ができた。

原子
原子.JPG

この原子核を構成する陽子と中性子の数によって、水素や炭素、酸素、鉄や金など異なった物質になるのだ。つまり物質というのは基本の構成単位は共通である。

そして、例えば陽子と中性子が1個ずつの水素原子を2個融合させると陽子と中性子を2個ずつ持つヘリウム原子になる。これが核融合反応だ。

この核融合は太陽などの光り輝く恒星の内部で起こっている。つまり星が光るのは内部で小さい原子核から大きな原子核へ、例えば水素から鉄や金へと変換する核融合の際のエネルギーなのだ。

初期の宇宙には水素やヘリウムなど小さい原子しかなかったものが、星が生まれ、そして核融合反応により大きい原子が作られ、星の寿命と共に宇宙空間へとばら撒かれる。

この行程が137億年もの間何回も繰り返され、どんどん大きな原子が宇宙に作られて行く・・・・・

ビッグバン.JPG


・・・・・と考えていると、これは宇宙全体に共通する法則ではないだろうかと気付いた。

即ち、宇宙の誕生は均質なエネルギーから単一の素粒子を生み、その素粒子は異なる数種の素粒子へと変換された。

その素粒子が集まり陽子と中性子を作り、更にそれが集まって原子を作る。原子同士が更に複数結合すると我々の馴染みある様々な物質となる。

つまり宇宙の誕生に秘められた法則というのは均一なものから異なるものへと分化し、その異なるもの同士が集まって一つの物質へと形を変えて行く・・・・・・ということではなかろうか。

考えてみて欲しい。例えば光というのは元々エネルギーであって色はなかった。それが色を生み、光から分かれた色たちは重ね合わせると透明な光に戻る。

これは人種の誕生にも当てはまる。単一の人種が白・黒・黄色へと分化した。そして分かれたそれらの人種が今再び混ざり合って、恐らく後数百年もすればほぼ一つの人種と言えるまで均質化するのではないだろうか。

文化にしても同じ。20世紀頃まで様々な文化に分かれたものが今西洋文化やインターネットを手段としてあらゆる文化が混ざり合い一国の文化とは言えない、世界的な文化へと統一しつつある。

きっと宗教だって・・・・・


遥か137億年前から宇宙の意志は変わることなくその全てにおいて共通の法則を繰り返して来たのではないだろうか。

一つが異なる複数に分かれそれらが再び集まって一つのより大きなものへと再編、進化する。これが宇宙の進化の方向性だろうと思ったのだ。

我々、個というものも今は様々な思考・価値観へと分かれているが、この先どういう形かは分からないけどみんな融合して、一つの大きな存在へと形を変えるのではないだろうか。


と、思いながら心地良い夢へ・・・・・・


銀河.JPG





「ねはんの里」 
banner2.gif


スポンサーサイト
[2013/09/24 22:13] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<いなかへGO計画3 運命的? | ホーム | リーマンシリーズ2 あるベンチャーで>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/346-92df1d23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。