/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
いなかへGO計画1 道の駅内子フレッシュパークからり
既に何日目か分からなくなりそうですが、まだ愛媛遠征の二日目です。

この日は翌日の内子町での面談に備えて内子町か、もしくはその先の大洲市へ移動しておくことにしていました。

昼過ぎ、石手寺へのお礼参りを終え愛媛の中心部、松山城の脇を通って国道56号線、通称大洲街道を南下します。内子町までは道のりにして50kmほどです。

地図はこんな感じ↓
愛媛地図.JPG

松山の街↓
路面電車の街.JPG

↑松山市内は路面電車が走る古の風情の残る街です。路面電車の走る街は見ていてなんとなくゆとりのある感じがして良いものだ。

全国に路面電車の走る街は20箇所あるそうだが、その内私は13箇所に行ったことがある。住んだことがあるのは福井市のみだが。

国道56号線は伊予市までは二車線で伊予ICを越えると山道に入っていく。だが車通りは少なく快適。眺めも良く石手寺を出てからおよそ1時間で目的地としていた内子町の道の駅に到着した。

道の駅↓
道の駅内子.JPG

駐車場に入ろうとすると丁度道の駅からお遍路さんが出てきて左へ曲がり北方面、久万高原にある44番大宝寺へ向けて歩いて行った。

急いで車を停め、カメラを構えた。

大宝寺方面へ歩いて行く遍路↓
内子の町を去る歩き遍路.JPG

何故彼を写真におさめたかったのか?というと、私も一年前、同じくらいの時間に、この道の駅で休憩した後に同じように北へと歩いて行ったから。つまりこの写真は自分の後ろ姿に重ねたものなのだ。

その日、私は道の駅の前を流れる小田川沿いに上流へと向かい、遍路道が二つのコースに分かれる丁度分岐点にある、120年の歴史を持つ徳岡(さかえや)旅館さんに宿泊したのだった。

そこから平均標高が800mという高地、久万高原へと入る険しいルートが待っている。翌日は45番岩屋寺まで4つの峠越えを強行した。

なんていうのを元気に歩いて行く遍路の背中を見ながらチラと思い出していた。もうこの頃では体力が充実して歩くのが楽しくなっている頃だ。アスファルトの道は最後まで馴れなかったのだが・・・・


道の駅内子フレッシュパークからり↓
道の駅内子フレッシュパークからり.JPG

そう言えばこの道の駅である人物と久々に再会したのだった。彼とは土佐市の35番清滝寺で初めて会い、その後会う度に持っている食べ物をあげていた、といういわば弟分二号だった。

彼は10万円だけ持って大阪から遍路に来たツワモノだった。25歳で、大学を出てから3年で会社を辞め、次の予定がまだ決まっていないと言っていた。人生途中下車組みだ。

夜の街が好きで毎月の給料ばかりでなくボーナスもみんなつぎ込んだので貯金がたったの10万円しかない、と自嘲していた。彼は初めて会った私に自分から身の上話をとつとつと話し始めたのだった・・・・・


その時と同じようにジェラートを食べようと決めていた。あの時は確かブドウ味かなんかを食べたようだ。シャーベットみたいなスッキリしたのを想像していたのにそうじゃなくて後悔した記憶がある。まだ夏だったのだ。

ジェラート.JPG

↑こんなに種類あったっけ?試しに売り子のネーちゃんにお薦めを訊いてみると予想外の答えが。

「焼きナスとかいちじくですかね」

「え!今焼きナスって言った?そんなのあるの?」(ホントだお薦めって書いてあるよ)

「ええ、香ばしくて案外行けますよ」(マジか?でも真面目そうなおねーさんが言うんだから試してみるか)

「じゃ、それにします!」


で、あの時のように小田川を眺められる場所に、賑やかなおばちゃんらに囲まれながら一人ポツンと焼きナスのジェラートを持ってイスに座った。

大阪の弟分、アイツは遍路から帰って今何してるだろうか・・・・と考えながら。

小田川↓
小田川.JPG


あ、焼きナスのジェラートはどうだったかって?私はあのネーちゃんの言ってた、案外いけますよ、と言うのを聞き間違えたらしい。多分こう言っていたのだ。

「案外逝けますよ!」 と。(ウソです。まずくはなかった)


あの日。大阪の彼は「また会えますよね?というか今日もまた何度か会いそうですよね」と言って先に出発した。それが彼に会った最後だった。



石橋くん、君はあの夏本来の自分を取り戻してうまく再生できた、よね?




「ねはんの里」 
banner2.gif


スポンサーサイト
[2013/09/24 22:10] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<いなかへGO計画1 十夜ヶ橋 | ホーム | いなかへGO計画1 再生の石>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/332-008b0d77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。