/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
修行の土佐 12日目-2
2008年8月31日。お遍路12日目。

この日は快晴。27番神峯寺の麓にある浜吉屋を朝出発して海沿いを歩き道の駅大山から防波堤沿いの遍路道に入り3kmほど歩くと再び国道55線に合流した。出発から3時間、安芸市へと入る。

12日目のルートマップ↓
浜吉屋-海風荘.JPG

安芸市も古い街並みがよく保存されている街で市内には野良時計という有名な建物があるらしいがどこにあるのか知らなかったし、たとえ知っていたとしても遍路道を大きく外れることになるので間違いなく寄らなかったことだろう。

野良時計↓ぱくり
野良時計.jpg

安芸市内で遍路道は国道沿いの道と古い街並みを通る道とに分かれる。私は古い街並みの方を選んだのだが全く写真を撮らなかった。そう、この日の写真は海、海、海・・・・・海沿いを歩いた印象が強烈だったのだ。

安芸市の外れに安芸漁港がある。この漁港は日本一高い防波堤ということらしい。

日本一の防波堤↓
安芸日本一の堤防.jpg

安芸漁港↓
安芸漁港.jpg

↑確かに高い。海面から16mと言ったら相当な高さですよ?

その安芸漁港から再び防波堤沿いの遍路道に入る。この道は延々と15kmも続くサイクリングロードなのだ。ごめん・なはり線の夜須駅の先まで続いている。

ピーカン(死語)の下、堤防とアスファルトからも照り返しが厳しい遍路道をただただ歩く。しかし暑い。飲み物はいくら飲んでも30分でまた喉が渇く。

波際を裸足でちゃぷちゃぷ言わせながら歩いたらさぞ気持ち良かろう。と思って我慢できず前方に再び堤防へ上がる階段があることを確認して砂浜へと下りてみた。

Image241.jpg

Image242.jpg

Image243.jpg

下りてすぐに裸足になってみたのはいいものの、灼熱の太陽に照らされた砂浜は猛烈に熱い、なんてことはアホウなので想像もしなかった。

たまらず、アツッと声に出してしまったが、なるべく平然と(?)右足が熱いと感じる前に左足と交代し・・・という水面を歩く原理を思い出して早足で暫くは我慢して歩いた。なんでそんな我慢をしたのかというと、近くに人がいてこちらを見ていたのだ。

つまり、お遍路さんが防波堤から下りてきた→暑いのにご苦労さまです→靴を脱いで歩き始めた→歩いたと思ったらすぐにまた靴を履いてしまった→砂が熱いのわからんかったんかい! てな屈辱的な視線には耐えられなかったのだ。(単なる被害妄想だと思うが)

そんな訳で急いで防波堤の上に戻って砂浜を眺めるハメに↓
Image244.jpg

「ふるさとは遠きにありて思うもの・・・・・」 ってカッコ良くないか。


そんな炎天下の砂浜で5歳くらいの男の子と若いお父さんが楽しそうに釣りをしているのが見えた↓
Image245.jpg


・・・・・今頃あの子も5歳になるのか。


遠く霞んだ記憶と、心の傷が、汗と共にタオルをぬらす・・・・・





「ねはんの里」 
banner2.gif


スポンサーサイト
[2013/09/24 22:05] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(4)
<<修行の土佐 12日目-3 | ホーム | 新・農業人フェアin池袋>>
コメント
被害妄想というか人目が気になるというか、よく分かります。僕は遠くに知人がいると思い込み、「〇〇さ~ん」と手を振りながら大声で叫びつつ走り寄って行ったけど、全くの別人やった事がある。でも、ひるまず、そのもっと先に知人がいるようなふりして「〇〇さ~ん」と倍の距離を走ったのだ。エヘン(`ヘ´)イイカッコしぃです。すんまそんm(_ _)m。お子さん、気掛かりでしょうが、元気出して頑張って下さいね。
[2009/09/28 00:45] URL | たかし #79D/WHSg [ 編集 ]
たかしさん
ハハ。人違いエピソード面白いですね。でも自分の勝手な人違いを相手のせいにしてしまう優れた方法もあります。

それは人違いだと気付いた時点で、「なーんだ、Aさんのソックリさんかいな」と残念そうに呟きます。

このソックリさんというところがポイントです。

ソックリさんであるなら間違えるのは仕方ない→そもそもなんであなたはAさんにソックリなのだ?→Aさんにそっくりなあなたは間違っている。

と勝手に相手が悪いことにしてしまえます。見ず知らずのその人にしてみれば、勝手に間違われた挙句に残念に思われてしまうという、まさに踏んだり蹴ったりの扱いで気の毒この上もない話ではありますが。
[2009/09/28 17:00] URL | 迷えるおっ #79D/WHSg [ 編集 ]
安芸市に関するブログを検索していたら懐かしい安芸の海に会えましたありがとうその海のそばに母校安芸高校がありますま母校の窓からうつも太平洋をながめていました本当に懐かしいです
[2009/10/02 18:53] URL | 安芸市育ちの子 #79D/WHSg [ 編集 ]
安芸市育ちの子さん
コメント有難うございます。安芸高校って海のすぐ傍にあるんですね。いいな。砂浜と青春の思い出と・・・・そんな景色が高校生活の思い出にあるって素晴しいことですね。残念なことに暗い高校生活を送っていた私には想像すらつきませんが・・・・・・
[2009/10/02 22:42] URL | 迷えるおっ #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/315-93807661
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。