/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
行ってきましたよ、シカン展3
つづきから。

発掘された墓内部の立体模型↓
発掘された墓内部.JPG

↑最下層に生け贄の女性二人、その上に墓の主があぐらで上下逆さまに埋められており、頭だけは前に仮面を被せてあったそうだ。

その仮面がこちら↓
頭の飾り2.JPG

↑全長100cm、金の含有率の高い金銀銅の合金製。残念ながらブレまくっている。(写真がね)

こんな人だった?↓
墓の主.JPG

実物の頭飾り↓
派手な頭飾りのおっさん.JPG

頭飾りはこの時代に使われていたナイフの模様らしい。

そのナイフ↓
ナイフ.JPG

↑これはまな板に立てて使用する。上の取っ手を握って振り子のように前後させて物を切断していたらしい。

発掘されたミイラから頭部を復元した像↓
ミイラからの頭部復元像.JPG

シカン人は絶壁頭だったとの説明が書かれていた↓
絶壁頭なんだと.JPG

ひぃっ、ミイラが歩いてる!
じーさんの頭.JPG

↑なーんだ、ただのじーさんか。(こら)

シカン文化に象徴的なシカン神というつり目のアーモンドアイと呼ばれるモチーフがある。このモチーフは土器や装飾など様々な道具などに描かれている。

こちらが代表的なシカン神の顔をかたどったコップ↓
シカン神のコップ.JPG

↑これはそれほどでもないが、他のものはもっと明らかなつり目のものが多い。

こちらも金銀銅の合金製のシカン神と蛙が浮き彫りされたコップ↓
シカン神と蛙のコップ.JPG

折角写真たくさん撮ったので、発掘された土器や合金製のコップなどを並べておきます。

土器の水差し.JPG

金の前掛け.JPG

儀式用ナイフ.JPG

↑この儀式用のナイフはトゥミといい、生け贄の喉をかき切るのに使われたらしい。現在はペルーのシンボルとなっている。黄金製。

様々な土器.JPG

色んな土器.JPG

金のクモ.JPG

タペストリー.JPG

↑シカン文化は織物も盛んでシカン神を織り込んだタペストリーとかも見つかっているそうだ。

色々な形の水差し.JPG

ちっちゃいおっさんの水差し.JPG

↑よく見るとちっちゃいおっさんが乗っかってたりする土器が多い。なんとも可愛いというか・・・・

シカン神のコップ、ケロ.JPG

ミニチュアの土器なんかもあった↓
ミニチュア土器.JPG

展示が終わり通路を歩いて行くと3Dシアターというのがあった。言うまでも無く特製メガネをかけて見るやつだ。

3Dシアター↓
3Dシアター.JPG

↑画面の文字がブレているように見えるのは、本当に画像がズレているんだってば。


もう少しつづく。



「ねはんの里」 
banner2.gif


スポンサーサイト
[2013/09/24 22:04] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<行ってきましたよ、シカン展4 | ホーム | 行ってきましたよ、シカン展2>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/305-968de132
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。