/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
修行の土佐 9日目
2008年8月28日。お遍路9日目。

この日も足が痛かったので昨夜予約を取っておいたのはおよそ6km先にある隣町東洋町にある民宿「南風」さんだったのだが・・・・・・

朝一6時前の道の駅駐車場↓
Image206.jpg

↑車泊組みがたくさんいる。

隣のホテルリビエラししくいへ朝風呂を入りに行く。道路を挟んで向うに見える海を眺める。

朝一から蟻のように見える多数のサーファー達↓
Image207.jpg

今日も休むと決めていたのでノンビリした気分だ。そこへ視界の左からお遍路が歩いて行くのが見えた。あの背格好は間違いなく金子やで同宿した佐倉市から来ているおっちゃんの遍路だな。


昨日チェックインした後、尾道青年の塚本くんに電話をしてみた。話しによると、彼は私が鯖大師の先の海山荘に宿泊した日に大雨の中夜遅くに鯖大師の宿坊に着き泊まったらしい。昨日話した時点では今後の予定は決まっていないとのこと。どうやら休むようだ。

遍路同士が電話で予定を話し合うのもヘンだと私は思うのでこの後彼とは一切連絡を取っていないし、彼もその空気を察したのか二度と電話してくることはなかった。ま、お互いマイペースで行こう、と言って電話を切った。

それ以降彼と逢うことはなかった。次に彼の噂を聞いたのは佐倉のおっちゃん遍路からだった。それもだいぶ後の話で、場所は足摺岬の手前、私が38番金剛福寺に向う途中で、おっちゃんは打ち終えて戻る途中だった。

久しぶりに再開したおっちゃんから尾道の若いのと数日前に会ったという話を聞いた。塚本くんは室戸の手前で、車で来た親と合流し室戸の親戚が経営する遍路宿に何泊かした後、車で親と遍路をしていたらしい。

そしてこの夏は40番観自在寺までで区切ってその後冬か春休みにでも残りを続けるらしいとのことだったが・・・・・・

彼とは他の遍路と違って2度も宿を同じくしたため色々な話をした。その中で遍路に来た動機についても尋ねた。

大学3年になる彼は就職活動に向けて大学時代に何かやったという自信を持ちたいのだと話していた。結局それは自信にはならなかったという訳か。

その動機では1200km以上とも言われる遍路を結願することは難しいだろうね。既にある程度自分に自信がある人じゃないと40日以上も歩き続けることは厳しいと思う。

遍路はいつだって自分の意志で辞められるのだ。一度でも苦しいから辞めたいと思ったらその弱音を吐いた心が次第に自分の中で大きくなってしまうだろう。

もちろんそれは通し(88ヶ所全てを一度に廻る)の場合の話だ。その意味でも私はどうせ廻るなら通しで廻ることをお薦めする。区切りだと何度も弱音を吐いて辞退することを正当化できてしまうのだ。

私は結願できない人が必ずしも結願した人に劣るとは思わない。それは以下の理由からだ。

私が観察した中では結願できるタイプの人にも2種類居る。

ものすごく強いペルソナ(自分はこうあるべきという仮面)を持ち自分の気持ちや感情をほぼ完全に抑圧してしまう人。いわゆるストイックと言われる人たち。

そしてもう一つが、苦しい中にも楽しさを上手に見つけて自分の気持ちや感情を無理に抑圧せずうまくコントロールして行く人。

両者とも結願という結果は同じかも知れないが、前者は自分の心に甘く見える他人を許すことができず喧嘩や戦争を起こす人であり、後者は喧嘩や戦争を起こす人を理解し、許せる人だと思う。

遍路は人生の縮図だと私も思う。我々人間は全て死という目標(エンドポイント)に向って歩いている。これは一人も例外がない。その同じゴールに行き着くのに自分を抑えつけ他人を抑えつけてがんじがらめに縛られて歩くのか、花を見、蝶と戯れスキップしながら歩くのか。



塚本くんは、どうやら私にもう一度会いたいと言ってくれていたらしい。彼は私から何かを聞きたかったのだろうか。





「ねはんの里」 
banner2.gif


スポンサーサイト
[2013/09/24 22:00] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(2)
<<修行の土佐 9日目-2 | ホーム | 衆議院選挙に思う>>
コメント
はじめまして。遍路日記、いつも楽しみにしています。羨ましいです。
[2009/08/30 22:00] URL | たかし #79D/WHSg [ 編集 ]
たかしさん
コメント有難うございます。そうですよね、行きたくてもなかなかお遍路に行けませんよね。

そういう意味で私は恵まれていると思うので多くの人にその経験を伝えるべくブログで公開しようと思ったのです。楽しんで頂ければ幸いです。

いつかきっとたかしさんもお遍路に出られる機会ができることをお祈りしています。
[2009/08/31 08:24] URL | 迷えるおっ #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/284-2daea66b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。