/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
修行の土佐 8日目-2
2008年8月27日。お遍路8日目。

あ、前回のルートマップはこんな感じでした↓
海山荘-海部.JPG

ともかくピア海部というスーパーで昼食とテーピングを買い足のマメにテーピングを巻きつけて歩き出した。相変わらず足の付け根は痛む。その痛みに集中しないようにできるだけ景色を楽しもうと思って顔を上げて歩いた。

運良く少し歩くと海が見えてきた。やたら穏やかな海だな、と思ったら湾になっていたのだ。その名も那佐湾(なさわん)。

はじめは川かと思ったくらい奥深く続いている。

今日のルートマップ↓
ピア海部-道の駅宍喰温泉.JPG

そして海の色もとてもキレイだった。

那佐湾↓
Image203.jpg

Image204.jpg

Image205.jpg

↑こんな景色が3km近く続く。

薄日の射す雨上がりの湿った朝の空気の中、左手に那佐湾の綺麗な海を見ながら足の痛みも半分くらい忘れてマッタリと歩いていると突然前の建物から人が出てきた。

「お遍路さん、お接待です。寄って行って!」

私が笑顔で有難うございますと言うと、くるっと向きを変えまた建物の中へと入っていった。上品な感じの奥様で、建物は喫茶店で看板には「喫茶ふくおか」と書いてある。

喫茶ふくおか↓
Image202.jpg

その喫茶店の駐車場の一角に東屋付きの休憩所が作ってあった。多分自費を投じて作ったものだろう。雨上がりで所々濡れている所を避けてベンチに座りザックをおろした。

すぐにさっきの奥さんがお盆に何か載せて歩いて来た。見るとそれは・・・・・

「喫茶ふくおか」さんのお接待↓
Image201.jpg

↑焼きたてのトーストに冷たい緑茶。にわかにお接待とは信じられないようなセットだ。有り難く頂き冷たいお茶を飲み乾した。南無大師遍照金剛。

今日も暑いですね、なんて話をしていると前の国道を遍路が通りがかりこちらに気付いて道を渡ってきた。さっき阿波海南駅前の遍路小屋を通り過ぎた遍路だ。

奥さんはお茶持ってくるわね、と言ってお店に入って行った。我々は再び挨拶をして自己紹介を始める。

歳は40歳で広島から来て通しで歩いているらしい。荷物が巨大なのはやはり野宿をしているからだそうだ。よく眠れてます?と聞くと暑くて全然眠れないという。いやぁ、よく野宿で歩き続けるものだと感心してしまう。

この暑さで食欲が無くなってしまって無理して食べると吐いちゃうしとのこと。お遍路を始めてから5kg近く痩せたと言う。ただひたすら感心するのみだ。

食べ終えた食器と私の納め札を持って喫茶店へと返しに行く。ごちそうさまでした。

あんまり休んでいると歩きたくなくなってしまうし、何より早く宿に着いて温泉を楽しみたかったので一足先に出発。


この広島から来た野宿のお遍路さんとはその後何度も会うことに。




「ねはんの里」 
banner2.gif


スポンサーサイト
[2013/09/24 22:00] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<宮沢賢治の誕生日 | ホーム | むらつく3 開拓編>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/280-8bc44aec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。