/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
写真撮ろう13 夏の終わり編
今日はさんぶの森で泳いだ後にお盆明けの海に様子を見に行ってきました。

一番近い本須賀海岸に行ってみたんですが、なんと入り口で駐車料金を取るというじゃないですか!700円も。いつもタダで停めてる所にお金を払うなんて真っ平ゴメンよ、バイバイキーン。ということで即Uターン。都会のコインパーキングだって10分間はタダにしてくれるっちゅうねん、プン、プン。

ま、綺麗な海岸を維持するのだってお金がかかるんですよね。わかりますけど、写真撮りたいだけだからお金は払えませんよと。で近くをウロウロしてうまいこと無料駐車場を見つけて写真撮ってきました。

では、今回は夏の終わり感が出ればいいな、と微かな意図のみで、なんら工夫も脈絡もなく、おまけにコラージュもなく、ただいたずらにズラーっと写真を並べます。

ん?あ、いつもそんな感じか。

人気の少ない浜.JPG

白波.JPG

夏の終わり.JPG

三段.JPG

小波.JPG

渚.JPG

4段.JPG

6段.JPG

浜海空.JPG


昔から季節の変わり目に必ずと言っていいほど鬱になる癖があった。本当に数年前までは夏の終わりの空気みたいなもので得体の知れぬ不安が突然湧いてきて2週間以上鬱な気分になることも珍しくなかった。

だが憂鬱を感じるとそれが自分の基本的な感情だと思っていたので安心した。逆に楽しいことばかりだと、ふと猛烈に不安な感情に支配されるのが常だった。こんなの自分じゃない、と。思えば幼稚園児の頃から私の記憶は不安に支配されていた。

そんな30年もの憂鬱な感情も、生き方を変えてから全く感じなくなっていた。生きながら生まれ変わる、ような意識の変化が起こるのだ。人間は可能性を自分で否定しない限り、自分をこうだ、と決めてしまわない限り、変化し続けることができる。

そんな私でも今年は、なんかやり残したような、このまま夏が終わってしまっていいのだろうか、という感じがわずかにある。なぜだろうか・・・・・

砂.JPG


昨年の今日、私は1番霊山寺に立った。あれから一年、か。




「ねはんの里」 
banner2.gif


スポンサーサイト
[2013/09/24 21:58] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<修行の土佐 7日目-5 | ホーム | 修行の土佐 7日目-4>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/272-b7a7ab08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。