/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
発心の阿波 7日目-2
お遍路7日目。やや薄曇り。

お遍路初めて海岸沿いの遍路道を、朝から10kmほども黙々と歩き充分に堪能してお腹一杯になった私はどういう因縁か、立ち寄りたいとチラっとも思わず、ただ単に疲れて休みたかっただけの恋人岬なる休憩所で海を見ながらぼんやり休んでいた。

恋人岬か・・・・・5分ほど休んでその居心地の悪い名前の由来を書いた看板を見に行った。この下方にはえびす洞なるものがあり、そこに神社がある。この神社は祈願すると恋が成就すると伝えられているとのこと。

ああ、そうですか。

恋なんて言葉は数年来忘れて、ただ目の前の美しい海や山が惹かれる対象となってしまった哀れな(本人はそう思ってないが)三十路半のおっさんの心には少しの間、

「だから何が楽しいんだ?」

と、意味すら理解できていなかった。そもそも恋が成就するってどういうこと?結婚するってことか?いや、恋なんて片思いでもできる訳だから、好きな相手ができるってことか。なら俺だって自然が恋人で立派に恋が成就してるって訳だ。ハハハ

・・・・・なーんて、ちょっと負け惜しみに屁理屈を考えていると、近くに車の停まる音がした。やっぱ来ちゃったかよ。できるだけ見ないでおこっと。私は疲れたお遍路さんですからそっとしておいてくださいよと。

ドアを閉めて歩いてくる・・・・・やっぱりこっちに来るよな。有無を言わさず視界に入ってきたのは老夫婦だった。ならば居心地悪いってこともないか、と一安心。

やわらかい関西弁のおばちゃんはおとなしそうな顔だった。いや、初めはそう見えた。恋人岬の看板を見て、「ここが恋人岬よ」とか言ってる。そこまでは良かったのだ。だが立て続けに発せられた言葉に唖然とした。

「もうちょっと若かったら良かったわねぇ」「ここは若い人がカップルで来たらええけど、おばちゃんや一人で来るような場所じゃないわねぇ」

(うるせえ) わざと言ったのか?それともボクが石や岩と同化して見えないのか?

(遍路は路傍の石じゃねーぞ)

いや、石でもええか。ついに霞みたいな透明な存在になれたのか、俺は?


因みに、えびす洞の写真↓ぱくり
えびす洞.jpg

↑人はどうやら先が良く見えない穴やゲートみたいなモノを見ると、ついうっかりと手を入れたりくぐってみたくなるらしい。あの「真実の口」のように、手首を切り落とされてしまうとも知らずに・・・・・

真実の口↓ぱくり
真実の口.jpg


おねーさん。それ、元々マンホールの蓋らしーぞ。




「ねはんの里」 
banner2.gif


スポンサーサイト
[2013/09/24 21:57] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ある計画8 準備編 | ホーム | 発心の阿波 7日目-1>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/268-ea0d890f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。