/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
発心の阿波 6日目-4
お遍路6日目。

20番鶴林寺を一旦下り那賀川の支流である若杉谷川沿いの緩く登る遍路道を進む。
30分ほど進むとアスファルトはいつの間にか切れ山道へと変わりそれと共に勾配がきつくなる。

山道へと変わった↓
Image178.jpg

そしてひたすら登る。やはり森に囲まれて気分が開放されているため足取りは軽い。というか、2日間、車道・アスファルトという悪環境の中を歩いたので山道の良さをしみじみと感じていたのだ。

さすがに後半の急斜面はきつかったものの、余りシンドかった印象が残ってない。やはりお遍路6日目、体力がついているのだ。太龍寺が近づくと巨木の林が現れた。

巨木群↓
21番太龍寺杉.jpg

ようやく山門に↓
21番太龍寺境内.jpg

この太龍寺は19歳の空海が修行した、西の高野山と言われる地だけあって威風堂々とした風格がある山寺だ。この寺はもう一つ廊下の天井に龍の画が描かれていることで有名だ。

龍の画↓
Image180.jpg

Image181.jpg

Image182.jpg

暫くすると塚本くんが登ってきた。早いね。案外疲れていなかったので30分程納経。休憩して出発。この時点でまだ10時位だった。ペース早いな。楽勝、楽勝、と思っていられたのは太龍寺を下って車道に出るまでの話だった。

太龍寺からおよそ4kmは山道を下ると龍山荘という立派な遍路宿に着いた。

↓快適な山道
Image183.jpg

Image185.jpg

龍山荘↓パクリ
龍山荘.jpg

丁度この宿の前に広い駐車場と自販機が並んでいたので飲み物を買って少し休憩。いいペースで歩いて来たので若干疲れが・・・・・10分休んでまた歩き出す。余り休むと歩きたくなくなりそうだ。

そこからはずっと暑くて硬い車道を歩いていく。車道に出た途端にダラダラになっておまけに腹が減ってきた。まだ11時頃とは言え、この日は既に15kmくらい山道を歩き続けて来たのだ。

地図を見ると暫く行った所に道の駅がある。昨日コンビニで昼用に菓子パンを買って持っているけど、ここはちゃんとしたご飯を食べたいところ。迷わず寄ることにした。




「ねはんの里」 
banner2.gif


スポンサーサイト
[2013/09/24 21:55] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ある計画7 準備編 | ホーム | 発心の阿波 6日目-3>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/260-b87d1788
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。