/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
発心の阿波 3日目-6
12番焼山寺の焼山寺山の麓にある左右内村から、道のり2.5km、高低差300mの急坂を一気に上がります。

こちら一本杉庵からちょっと下った所から見た焼山寺山方面の様子(ぱくり)↓
焼山寺の山.jpg

左右内村には左右内村谷川というキレイな川が流れている↓
Image145.jpg

↑ものすごく水が綺麗で魚の影がチラホラ。美しい・・・・・と、言ってる場合じゃなくいきなり山道に突入。

よりによって最後にこんな急坂が残されているのだ↓
最後の坂ルート断面図.JPG

そしてこんなんで、(ぱくり)↓
焼山寺への山.gif

こんな感じだ。(ぱくり)↓
焼山寺.jpg

行けども行けども登りおわんねぇ。もうね、冗談は顔だけにしてくれって、あ、いや、自分がよく言われるんだけどね。(うるせ)あんまりにシンドイので呼吸を整えようとしてみる。

「ヒー ヒー フー」 ってなんか違わね?いや、冗談でも考えてないと重力に負けて谷側へと落っこちてしまいたくなるのだ。人には会わなかったと思うが、見られたら間違いなく変態お遍路さん1号の称号を頂いていただろう。

うっそうとした山道で「ひーひーふー」言いながらニタッと笑ったかと思うと、「ほんまアホか!」なんて呟いているのだ。どう考えたって正常とはかけ離れた精神性を有している。僕なら山道でそんな人には、絶対会いたくない!(人ごとみたいに言うな)

ま、ともかく3時間も山道を登ったり下ったりして、半ば精神に異常を来たしていたのだ。(ということにしておこう)多分最後の坂は40分くらいかかったと思うんだが、キツイったらありゃしない。

ま、そうこうしているとようやく道路に出たと思ったら↓
焼山寺手前の坂.JPG

↑大黒様がお出迎え。

暫く舗装された道を歩いて行くと↓
Image146.jpg

↑本堂まで464m。

その途中で弥勒菩薩発見↓
Image147.jpg

そしてようやく山門が↓
Image148.jpg

山門前の空海さん↓
Image149.jpg

山門↓
Image150.jpg

境内(ぱくり)↓
焼山寺境内.jpg

↑写真中央にあるベンチに腰掛けてザックを下ろしてヘタリ込んだ。暫く焦点が合わずぼんやりしていると境内に歩き遍路らしい青年が納経しているのが目に入った。


時間を見ると11時15分だった。11番藤井寺の登山口からの所要時間3時間50分・・・・・って、オレ早くね?




「ねはんの里」 
banner2.gif


スポンサーサイト
[2013/09/24 21:49] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<梅雨明けと方向修正 | ホーム | 写真撮ろう8 お店の庭編>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/224-98288a8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。