/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
日本人の労働に未来はあるんかい?
まずはネットショップの進捗状況を自分のためにまとめておこう。

先週の金曜日19日に簡単な自分向けの要件定義を完成した。自分向けなのでカッコつけてワードなんかで作ったんじゃない。パワポで画面の絵を描いて何処にリンクを張るか描いただけだ。ハッキリ言ってこの方が自分にも人にも伝わると思う。会社で作成される文書も体裁よりも伝わりやすさとか重視したら効率が高まるのにね。ビジュアルってサイコーだ。

で、20日からようやくホームページビルダーを使って自作のネットショップの作成を開始。前回ビルダーを使ったのは試用版の簡単モード。単純に雛形に文字を入れただけなので1、2時間でできてしまった。でもあんなもんでは自分の考える商用レベルからはちょっと遠いので今回は標準モードで作成を開始。で、現在進行中ですよと。まだ10種類くらいしか商品登録できていないのでまだ公開してないんだけどね。

自慢じゃないが私はHTMLの知識なんてほぼ完全に欠落しているけどHTMLがなんだ、くらい分かってれば今はこのビルダーさんが賢いので簡単にできちゃったりする。あ~ぬるいぬるい。何が賢いかって、ちょこっとHTMLのソースをコピって貼り付けたりすると自動で構文チェックが入り、間違いが自動で修正されるのだ。まったくスゲーな。

そんな感じだ。最近も1日十数時間PCとにらめっこしてるけど、あれだな、なんか自分一人で仕事していると遊んでんだか仕事してんだか分からなくなって休むのも忘れてしまうもんだ。ってことで、ようやく本題だ。

先日の日経ビジネスオンライン記事に「残業代もなければ生産性も低い~日本人の労働み未来はあるか」というタイトルがあった。日本人は長時間労働しているけど一人当たりの労働生産性は低いというのだ。

どれくらい低いのかというと、「2007年の日本の労働生産性(社員1人当たりの付加価値創出額)は約6万7000ドルで、経済協力開発機構(OECD)加盟30カ国の中で20番目」なのだそうだ。1ドル95円で計算すると636.5万円だ。この数字詳細が不明なのだがもしここから会社が社員を維持する費用(各種保険や退職金など)を捻出するとすればエライことだ。

しっかし、この記事ではひたすら残業時間を削ることばっかり書いてある。そしてあろうことか社員の無駄な労働時間を削減するには、まず社員全員の仕事内容やスケジュールを「見える化」することだ、なんて書かれてある。なんだそれ、まだ懲りずに社員を監視や管理しろって言うの?もうちょっと根本を考えようよ。

現代人は疲れているということもこの記事には書かれている。

「超過労働時間が月50時間以上の人の中で、「一日の仕事でぐったりと疲れて、退社後は何もやる気になれない」(=疲労感をもつ)ことが「ほとんどない」人は、回答者全体の3%に過ぎない。」

のだそうだ。つまり残業時間が一日平均2時間以上の残業をする人の97%が「疲れている」と感じて生きているのだ。

考えるべきはこの退社後に疲れたと感じる社員達は、仕事中には人間が変わったように「やる気」があるのか?という問題だ。間違いなくそんなことはあり得ないだろう。生き生きとやる気に満ち溢れ自分の能力を出し切っている人がたった二時間の残業で疲れきってしまうだろうか。つまり、「仕事に対してやる気が薄い⇒残業する⇒もっと疲れる⇒生産性が低下する」ってもんだ。

昨今の不況下で日本の経営者達は気付き始めたんじゃないの?会社の労働生産性を低下させているのは自分達が社員にやる気と生き甲斐を与えていないからだって。

あんまり皆を苛めないでくれ。「残業をする=仕事の要領が悪い=社員が悪い」なんて考える人は管理職や経営者に向いていないと気付こーや。こういう愚かな管理職を生み出す社会の構造はアダルトチルドレンを生む家系の構造に似てるんじゃないかと思う。何処かで誰かが気付いて大人の考え方を持たないと。

以前にも紹介したけど、最も生産性の高い会社は性善説の経営だと私は思っている。社員の幸せを真剣に考える管理職の部下はそれに応えるんじゃないの?とってもシンプルだと思うんだけど。

この性善説の経営については同じく日経ビジネスオンラインの記事にあるのでそちらを是非読んでみて欲しい。っていうか今回紹介した記事書いたライターさんはこの記事ちゃんと理解した方が良くね?なーんて言ってみたりして。

で、先に紹介した労働生産性の国際比較の部分にはこうも書かれている。

「日本の1つ上の順位(19位)には、僅差でスペインがいる。スペインと言えば、昼寝の国。昼休みに、昼寝の時間として2時間以上休みを取る習慣がある。「働き蜂の国」日本は、「昼寝の国」スペインに負けているわけだ。」 

・・・・だと。僕がスペイン人ならきっとこういうだろう。

「生きてんだか、死んでんだか、わかんないような日本人が言うか?」



迷える子羊よ、アーメン。







「ねはんの里」 
banner2.gif


スポンサーサイト
[2013/09/24 21:42] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<写真撮ろう7 梅雨と晴れ | ホーム | 発心の阿波 1日目-6>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/199-58e8e1f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。