/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
発心の阿波 1日目-4
随分久しぶりだけどお遍路日記の方も進めないとね。まだ初日じゃん。

じゃ、おっぱじめよう。
4番札所大日寺から5番札所地蔵寺までは2.0kmほど。登ってきた坂道を途中までは引き返す形になる(確かこういうのを打戻りとか言うらしい)で高速道路をくぐるまでが1kmくらい。高速の下でちょっと右に曲がりそこからはずっと民家の裏道みたいな小道を歩いて行く。

のどかな風景の民家の庭に猫やら犬やらが寝そべっていたりするが大抵は無視される。杖を突いて歩くとその度にチャリンと鈴がなるのだけど。人もペットも地元の方々はさすがに遍路を見慣れているようだ。慣れていないのは自分だけ。まだ人が歩いてくると恥ずかしくてうつむいてしまう。

そんなこんなで2kmなので30分くらいで着いたはずだ。歩き遍路は5番札所の番外霊場(?)、五百羅漢に誘導されるようになっている。あ、説明してなかったかも知れないが、88ヶ所の札所には番外とか別格とか言われるような霊場がある。88の全てにある訳ではないようだが。

で、まだ不慣れなため、私は暫くこの別格の五百羅漢を地蔵寺と勘違いしてお参りしていた。ここは名前の通り五百羅漢を配したコの字型の羅漠堂がある。確か有料だったが、折角なので数百円払って入ってみた。あんまり中の記憶はないのだが。で、見回しても納経所らしい所が見当たらないので庭の掃除を一生懸命していたおばあちゃんに納経所を尋ねてみた。そこでようやくここが地蔵寺じゃないことを知ったのだ。

なんか折角お賽銭やら納経やらを30分位かけてやったのに・・・・と不謹慎なことをチラと思った。もう一度納経をやり直して6番安楽寺までの道を地図で調べると結構長い。とは言え地図で5.3kmと書いてある。そんなもん、と今では思うが初日では最長の距離だったのだ。

あんまり長いので腹が減ってきた。いや正確に言うと4番大日寺から坂を下っている途中で既に腹も減っているし喉もまた渇いてしまったのだった。おいなりさん5個だけじゃ足りんのだ。不慣れな歩きのためきっと無駄に体力を消耗していたに違いない。それに8月20日の四国の日差しは残酷なほど遍路に優しくない。

ま、そんな訳で休憩しようぜ、と。地図を見ると近くにコンビニがある。ほんの少し遍路道を外れるだけだった。そのコンビニは中にイートインコーナーがあり、ドトールみたいに買ったものを座って食べることができるのだ。もうこの頃には恥ずかしいより。疲労しているわ、足は痛いわ、で靴を脱いで裸足になって休んだ。そろそろ日が傾きかけていた。多分2時を過ぎた頃だったと思う。

初めの頃は足が痛くて1時間に一度くらいは休まないとシンドかったのだ。増して初日は30分くらいしか離れていない寺ごとに休憩していた。それでも自分の歩くペースが分からないから不安で20分程休んで「あーしんどっ」と思いながら歩き始めた。なんてったって次の6番札所安楽寺が今日の最終目的地なのだ。

5番から6番までの道はほとんど車一台が通れるほどの民家の裏路地を歩いて行く。正直に言ってこの最後の5kmほどはしんどくて仕方なかった。休もうと思ってもベンチとか座る場所がないのだった。そうやって座る場所があったら絶対休もうなんて思いながら歩いていると後ろから呼び止められた。

「お遍路さん」

見ると80歳くらいの品の良いおばあちゃんが自転車で追いかけてくる。「さっき歩いて行くのを見かけて・・・・。ご苦労様です」と息を切らしながら言ったかと思うと100円を握らせ、袋に入った甘夏柑(あまなつ)2個を「重くてごめんなさい。お接待です。」と渡して、手を合わせて拝まれた。

「南無大師遍照金剛 南無大師遍照金剛 南無大師遍照金剛・・・」

はじめてのお接待にタジタジ。生きている内に人から拝まれるなんて、あり得ないことだ、と一瞬時間が止まったが、急いでザックから納札(おさめふだ)を出して渡す。「有難うございます」と言って歩き出す。後ろを振り向くとまだ手を合わせて拝んでいる。

四国では自分がお大師様の化身なのだという、なんだかとても身に余る役割を授かったようで気が引き締まるようだった。しかし物をあげるのに重くてごめんなさいという思いやりは一体何処から出てくるのだろう・・・・・

暑くて足痛くてバテバテだったので、おばあちゃんからのお接待はなんとも精神的に支えられた。本当にそれで足が軽くなるのだ。今までもう歩けん、と情けないことを思っていたのに、だ。人の優しい心っていうのは相手に適切に伝わると素晴しいエネルギーに変わるのだ。





「ねはんの里」 
banner2.gif


スポンサーサイト
[2013/09/24 21:42] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<発心の阿波 1日目-5 | ホーム | ちょいえん4 to山武>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/195-37dfd0fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。