/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
写真撮ろう5 養老渓谷編
さ、養老渓谷の旅まだ続きますよ。

ようやくアチラ側からこちらへと生還して(なんかだかなあ)まだ時間があるので場所を移動。近くの弘文洞とやらに向ってみた。

その途中でヘンなトンネルを発見!車を停めてそのままフロントガラス越しに写真を撮る↓
妙なトンネル.JPG
↑よくわからんけど妙に綺麗な感じだ。

そこから先に進んでみたが看板を見落としたのだろうか、一向に弘文洞らしいものが見えず途中で断念して引き返す。

因みにこんな感じの景色らしい↓
弘文洞.JPG
↑正確には弘文洞跡ということで上の部分が崩れちゃったようだ。あ、因みにこれは私の写真ではない。

ともかく折角だからもう一ヶ所くらい見たいなと思って車を走らせていると「養老の滝」の文字が。そうだよ、養老渓谷に着たんだから養老の滝を見ないでどうするのさ。念のため、養老の滝というのは正式名称ではないらしい。正式には「高滝」またの名を「粟又の滝」とも言うのだそうだ。ふーん、知らんかった・・・・

ともかく養老の滝の入り口に着きましたよ↓
養老の滝入り口.JPG

↑なんだか右側にヘンな画が書いてあるけどその説明は何もない。うん、こういう時はあれだな、そう、気付かなかったことにしよう。私は何も見ちゃあいませんよ、と。全然気になんてなりませんから。

滝へと降りていく途中に壁に何か埋め込んである↓
読まれへん.JPG

↑えーと、なになに・・・・・あらっ、漢字が旧字であんまり読まれへんがな、ってよく見るとそうでもないか。なんというか、あんまり大したこと書いてないような・・・・・うん、あんまり深く考えると歯がゆいから次行こう、次。

何やらえらく雑に造った石仏があるな↓
石仏.JPG

ま、こんなの見に来たんじゃないから気にせず滝行こう、滝。

ようやく滝に着いた↓言葉なんていらないでしょ。(ホントはコメント考えるのメンドーなだけだけどね)
高滝.JPG

高滝2.JPG

高滝3.JPG

サラサラと軽く流れる感じの滝だ。

↓ふと滝の音すら消えて・・・・・・そんな瞬間が訪れるようだ。
新緑の滝.JPG

うん、フィトンチッドも大量に浴びたことだし、とってもリフレッシュできたぞ。

なんか熱帯雨林みたいな植物が↓ これバナナの木?
亜熱帯みたい.JPG

入り口手前に阿修羅像が↓
阿修羅像.JPG

ん?なんで寺でもないのにこんなもんがあるんだ?
入り口を出た所にもヘンな詩が書いてある石碑が↓
なんだかわからんが.JPG

ああ、よくわからんけど昔この近くに変わった芸術家が住んでいた、ってな感じだな。それとも俺が無知なだけか?一応調べてみたけどよく分からなかった。誰か知ってる人がいたらおせーて。


久しぶりに癒されたわぁ




「ねはんの里」 
banner2.gif


スポンサーサイト
[2013/09/24 21:40] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<開店しました 1日目 | ホーム | 写真撮ろう4 養老渓谷編>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/178-995bb60f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。