/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
もう一つのお遍路日記7 準備編
もう一回だけ準備編やっときます。ホントこれが最後。

先日私が最も重要と考えている菅笠について詳しく書いて終わりにしようと思ったんですが、他の装備についてもさらっと注意点を触れておこう。

まず、金剛杖↓
金剛杖.jpg

これは二種類、般若心経が書いてるものと書いてないもの。前者の方が高くて後者はネットで買うと大体630円位みたいだ。私は信仰心が薄いので廉価の方を選んだ。それと持ち手部分のカバーが315円か。私は1番の門前の店で購入したらカバーとセットで1000円ポッキリだったと思う。でもそのカバーがちょっとチャチで袋が薄くて中にダンボールが入ってるヤツで、雨降りの時に徐々にボロボロになって外のカバーだけにした。また、結んでいる紐も切れてしまって輪ゴムで補強していた。カバーだけ別のヤツを買った方がいいかも。

この金剛杖、私は結願までに10cm程短くなった。3歩に一回のペースでついてたのですれて短くなったのだ。金剛杖をほとんどつかないで歩く人も割りと多いけど、うまく使うと特に登りなんかは足への負担がかなり軽減される。この杖はうまくつかないと節くれて先が広がってしまうので、私は地面と接触するときにヒネリを加えて綺麗に減るようにした。私が出合った遍路で最も金剛杖が磨り減っていたのは、この前紹介した千葉の大学生野宿遍路で、愛媛辺りで30cm以上磨り減ってチャップリンみたいな妙な姿だった。彼は金剛杖を引きずりながら歩いていたので尋常じゃない減り方をしたのだった。

うん、思ったよりさらっと進まないな。ま、いつも通り気付かなかったことにしよう。

はい次は白衣(びゃくえ)。
白衣.jpg

白装束ではない。あのパナウェーブ研究所とも関係がない。もちろんこれを着てもスカラー波は防げないぞ。スカラー波を防ぐならこれくらいやらないとダメだ。ま、白衣は袖付きとなしがあるのでお好みで。私は真夏だったのでTシャツの上に袖なしの白衣、半衣(はんえ)を着ていた。無地のものと南無大師遍照金剛と書いてあるものがある。私は勿論書いてある方を選んだが、毎日洗濯していたので今ではほとんど文字が見えない。

えーと、お次は輪袈裟ね。
輪袈裟.JPG

これは高いのもあるけど違いがよく分かりません。ま、お好みで。色もたくさんあるのでお好きなので良いでしょう。私は紫色を選んだ。これは巡拝寺に着いたら山門前で身に付ければ良い、というのを随分後の方まで知らずに居たので汗の影響で白衣に紫色が移ってしまった。これは法具なのでトイレに行く時は外すこと。

次は納札。
納札.jpg

ノウサツではない。おさめふだ。知ってる人も多いだろうけど、これは何回廻ったかによって色を変える。但し自己申告制なので購入できないことはない。でも明らかに何にも知らないのに金色とか持ってたらバレバレだ。お遍路に来てまでそんな見栄を張るのはよそーぜ。4回目までは白ね。必要なのは88寺×2枚(本堂と大師堂)が最低枚数。それ以外の用途として、この札はお接待を受けた時にお礼に渡すのと、お遍路同士の名刺交換みたいにしても使われる。私は百枚入りを二回購入した。

次は納経帳。
納経帳1.jpg

これは歩き遍路なら最小サイズを選択すれば良いでしょう。多分↑が最小だと思う。サイズがでかいヤツもあるし、これ以外にバインダーとか掛け軸用とかあるけど歩き遍路でそんなの持ってる人は滅多にいない。私は一人だけ女性で見ただけだ。あ、この納経帳には寺ごとに納経の証として黒書・ご朱印をいただくのだが、300円の納経代がかかる。つまり88寺分で26400円也。結構かかります。中にはこの納経をスタンプラリーだと言ってやらない人も居るらしいけど少なくとも一回目くらいは記念にやっといたらいんじゃないでしょうかね。歩き遍路だけでなく年間30万人の遍路が納経すると・・・・・≒1億円。巡礼寺は立派な訳だ。

因みに地元の人から聞いたんだけど、遍路での四県目、香川に入ったら納経帳に気をつけねばならないとのこと。最近ではネットオークションにこれが出品されているらしく、勿論高価で取り引きされているようだ。実費で考えても納経代2万円以上が無駄になるのだからゴール間近になった納経帳は欲しい人から見たら宝だ、ということを心に刻んで用心しよう。今ちらとヤフー見たら↓が最低価格59000円で出品されてた。
納経帳.JPG
自分で遍路したらこんなのオークションとか出さないと思うけどねぇ。

次、経本。
経本.jpg

ろうそく・線香セット。


これらは安いやつでいいでしょう。ろうそく線香セットは下の写真のヤツいいですね。これ結構入れ物がないと線香もローソクも折れるから無駄になっちゃうんですよ。中身はこれじゃ足りないので買い換えることになります。因みに線香は88寺×2箇所×3本=528本ってそんな大量だったのか。確かに何度も購入したからね。ローソクは×1本なので176本と。

最後にこれらの納経道具を一まとめにしまえる袋や入れ物。
さんや袋.JPG

↑こんなのいらんでしょ。歩き遍路で持ってる人はあんまり居ない。邪魔だからね。逆に歩き以外の遍路はみんな持っていた。でもねぇザックにしまうのが困難なサイズでしょ。私はウェストバッグを使ってたけど寺に着いてから一々出すのが面倒にならないようにザックのポケットに収まるサイズにした。歩き遍路の多くがレジ袋に入れてたようだったけどね。いずれにしても肩から下げて歩くのは邪魔だよこんなの。

参拝の作法についてはこの前も紹介した、お遍路のススメが簡潔なのでご参考に。

そういや、パナウェーブの話に戻るんだけど。私は1年前まで福井県に居たからパナさんの本拠地の日本海そばの山奥を訪れ何度か彼らを目撃した。(それが目的じゃなかったけどね)なんか本当に白装束の完全防備で歩いてたけど山奥の小川が流れるすぐ近くののんびりした環境に住んでてなんだかちょっと羨ましかったな。

でも噂によると彼らが有名になり、福井にも移動してもう何年も経つため、いつしか白装束はアイボリーに変色し、今では栄枯盛衰の哀愁をその背中にたたえているんだとか・・・・・


そうそう、ついでにパナ研と言えば、「UFOと宇宙人は存在している 」と主張していることでも有名だ。でも、UFOと言ったらやはり この方達(←音注意!)でしょ。韮崎さんいい味出してんなぁ。ヒュンヒュンヒュンヒュン・・・・



疲れている人は狙われますよ!
 




「ねはんの里」 
banner2.gif


スポンサーサイト
[2013/09/24 21:38] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<起業2日目 本気の準備編 | ホーム | 万引きばれて>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/166-9ccdb6bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。