/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
もう一つのお遍路日記3 準備編
このペースだとなかなかお遍路に出られないな。

ま、でも準備は大切だ。お金も掛かることだし。じゃ次は雨対策行ってみよう。雨と言えばレインコート。和名ではカッパか。私は何でもいいんじゃないか、と思ったんだが遍路に行く前に研修に行った農業法人の社員がゴアテックスじゃないとすぐ破れるというようなことを言ってたのでなんとなくゴアテックスを基準に考えてたが結局よくわからんのでお遍路さんモデルというのをたまたま見つけたので高いけどそれを買ってみた。

今思えばお遍路仕様というのは白っぽい色だからというだけなのだ。なのでゴアテックス素材を使っている最も安い物を買えば良いでしょう。そうは言ってもたかが1ヶ月ちょっとのことなので高いのじゃなくて1万円以内のもので充分だと思います。

あ、書き忘れたけどレインコートのタイプはお遍路向きとしてズボンと上着が分かれているセパレートタイプとポンチョタイプがある。私が使用したのはセパレートタイプだった。ポンチョタイプを薦める人も多し実際ザックの上から羽織ってしまえるのでザックカバーも兼ねているので便利と言えそうだ。でも土砂降り、横殴りの雨では足元が絶対に濡れてしまうと思うので私はお薦めしない。お遍路は峠道や未舗装の道をよく歩くので雨が降っていなくても下草の露でズボンが濡れてしまうことがよくあるのだ。

ポンチョ以外のレインコートを選択する方はザックのレインカバーも必要です。でもたかがカバーのくせしてこれが意外と高い。選ぶポイントは色と容量に合わせたサイズのみ。

雨対策は小雨程度なら頭に被る菅笠で充分です。遍路用に販売されている菅笠にはレインキャップが付いているので雨でも安心です。ただし、私は大雨の時にはレインコートのフードをかぶり菅笠はリュックに縛り付けていました。ザックのカバーは上から被せるだけのものなので、レインコートとザックの間から水漏れする可能性もあります。また、夏場は汗が浸みてザックの中が濡れてしまいます。この対策として私はザックの中に入れる荷物を全て洋服屋で貰えるようなしっかりしたビニール製の袋に入れてました。つまり荷物を一度ビニール袋に入れ、それを丸々ザックに入れていたのです。

雨対策の最後は靴の対策です。靴にも上から被せるスパッツみたいなのがありますが私はこれがどれだけ効果があるのか疑問、というか信じられなかったので購入しませんでした。結構な値段です。多分大雨で水溜りの中を歩くというシーンではこんなもの全く役に立たないでしょう。

少し位の雨なら、お遍路に出る前にレインガードをしっかり靴に染み込ませておけば全く問題ありません。むしろ濡れた後に翌日までにどういう対策をとるかの方が重要です。私は民宿派でしたので宿の人が教えてくれましたが、びしょ濡れの靴に新聞紙を丸めて詰めるだけ詰めて2-3時間で一度新聞紙を交換します。1度だけ新聞紙を交換すれば朝までには乾いた状態の靴に戻っています。

そう言えば結願の日は雨でした・・・・・
Image1017.jpg
↑結願の2時間前。お遍路交流サロンにて

雨対策はそんなとこですかね。私は雨の中を歩くのは好きでした。カッパを着て雨の中歩くって経験は幼稚園以来だったのでとても貴重な記憶を思い出させてくれた素晴しい経験となりました。ま、台風とかなら思い切ってお遍路も休みにするってのもたまにはいいですよ。歩くのが義務みたいになっちゃったらつまらないですよ、折角のお遍路なんですから。



そういや最近あんまフザけてないんで、折角だから当時の気持ちをラップ調にして歌ってみた。



「雨のアルカイダ
作詞作曲 迷子なこひつじ



♪テケテケ テケテケ♪    ♪上げてけ テンション♪

♪上げてけ 上げてけ♪    ♪ズボン 上げてけ♪

♪雨降れ 気がフレ♪    ♪今日は愉快だ アルカイダ♪

♪イェ~♪





なんのこっちゃ?




「ねはんの里」 
banner2.gif


スポンサーサイト
[2013/09/24 21:37] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<起業しよう2 相談してみよっと | ホーム | もう一つのお遍路日記2 準備編>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/151-1830bf9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。