/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
農家崩れたっていいさ
う~ん。

とりあえず今朝の産経ニュース「【2030年】第2部 ふるさとはありますか(3)ご飯1杯の値段 農家崩れたっていいさ」を読んでみてください。

それとこちらも。「【2030年】第2部 ふるさとはありますか(1)農山漁村から見える未来 日本の食支える「3%」

はじめのタイトルなんてちょっと今の私の心境に似ていますね。これだけ農の問題が危惧されているのに今の農業や農政を取り巻くのはクダラン奴らばかりだってのはこの間お話した通り。正直に言って私はあんな人達と二度と関わりたくないと思う。中には悪気のない人も含まれるのだけど、でも悪気があるなしなんて問題じゃない。実質的にくだらん肩書きやNPO法人なんかで税金を食いつぶしているのは事実なのだ。逆に本人が意識しない偽善的行為の方が性質が悪いというものだ。

問題のポイントを簡潔に整理しておきます。1番目、日本の農政はここ数年農地の集約化を図って来たので農業人口が減少した。2番目、その結果として一件の農家当りの耕作地は増えたが、同時に耕作放棄地も増加した。3番目、結果として日本全体の総耕作地が減少したので自給率も減少した。

私はこんな馬鹿げた農業政策が進行してしまった原因は次の人達にあると思う。農業を得票の手段として利用してきた政治家とその政治家にすがって金儲けしようと規模拡大してきた農業法人や地方の農業関係者達。更に最近では農業や過疎化対策に充てられたふんだんな税金の奪い合いをする偽善的なNPO法人らが加わっているようだ。

ま、全部がそうだとは言いませんが、私は安易にNPO法人なんかで政治にすがって生きて行くなんてミットモないことはできません。だから一旦仕切りなおしてこれまでと違うアプローチをする必要があると今思っている訳です。きっと私は地道な経済活動を行いながら農や食の問題にまずは間接的に自分なりの方法で取り組んで行こうと今は思っています。


きつい言い方ですが、

一度滅びたらいんじゃね?日本なんて






「ねはんの里」 
banner2.gif


スポンサーサイト
[2013/09/24 21:36] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ユビキタス | ホーム | ロボットとか>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/144-342b47d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。