/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
さ、何か書いておこうか
昨日よく眠ったら・・・・今日はとっても元気。
あれっ、昨日なんか暗いこと言ってましたっけ?うん、気のせい、気のせい。

ま、2日も連続で車泊したせいで思ったより疲れてたみたいだ。よく考えてみたらもうええ歳こいてるからさすがに車泊2連荘は結構シンドイってことか、あは。(あはじゃねーぞ)いずれにしても気力もだいぶ復活したんで良しと。(ま、ええか)

あ、あんまり詳しくは書けないけど今回は現在の農業界の象徴的な存在とお会いして正直にやるせなさを感じたのでこれらの批判になります。

私が彼らに会って感じたのは、農業とか田舎とか世論で騒がれているのに乗じて、舞台で動いているのはクダラナイ人間達ばかりだなということ。政策とその政治家に補助金をねだろうと群がる駄目なNPO法人の数々という構図が見えてきた。これらくだらんNPO法人を設立しているのは実に肩書きだけでメシを食って行こうとする実の無い人ばかり。だって実のある人達ならNPOなんかにしないでちゃんと経済活動でメシが食えるはずだからね。税金で楽してメシ食うことになんの抵抗も感じないちょっと頭のユルい人ばかりだと感じたね。

そして一方で農業の世界で現在進行しているのはここ10年位(?)の農業政策によって進行した農地の放棄(つまり遊休耕作地)とその農地を拾い集めて大規模化を図る肥大しつつある農業法人たち。実際担い手不足の問題を解決するのじゃなくて大規模化・機械化によって農業を守ろうとしているのが現在の日本の農業政策だから。この影には自民党が大きく関与しているな。

私がこの半年以上に渡り様々な農業法人を見てきて思ったのは大規模な農業法人の社長は例外なく欲に目が眩んで自己肥大した人ばかりだってこと。今回お会いしたのは日本最大手の農業法人さんだったのだ。この人達は当然のようにサラリーマンと収入を比較して農業は儲からねぇ、と口癖のように言う。だったらサラリーマンでもITの社長さんでもやったらいいじゃんと思うんだけど・・・・。その最大手の法人の社長さんは33歳位でサラリーマンを引退した人だ。商社と組んで巨大化してきたようだが頭の中は金と名誉の欲望が渦巻いて文化や精神性なんて部分に関しては空っぽだ。

もう一人今回会った人物を紹介したい。
昨年の夏お遍路に出る直前に山梨のとある農業法人に1週間体験研修に行った。その農業法人の社長は元銀行マンで投資関係の仕事をしていたというのがご自慢だ。そして5年ほど前に実家の農業を引き受ける形で農業法人を設立した。歳は私の一つ上だから彼もまた32歳でリタイアしたことになる。この社長さんは農作業は一切やらない。自分は農業法人という形で起業したつもりになっているので社長業をやっていると考えてはばからない。

社長が農業のことを上辺しか知らないので改善指導なんてあったものではなく、もう6年目を迎えるのに黒字化していないようだ。農作業を行う社員が10名程居て彼らが農場をほぼ好き勝手に管理している。その彼らにしても20代で脱サラした者ばかりなので農業の技術は誰が見ても浅い。この農業法人の知り合いと何人か連絡を取っているが、正直に言って腐っている社員が多い。つまりサラリーマン感覚で雇われな態度で農業に関わっているので技術や生産性を向上させようとする意識が薄く、またあっても教えてくれる人物もおらず、独立して行けるような技術が育たないのだ。

そしてこの農業法人の最悪なポイントが労災保険などの保険については一切必要だと考えていないということだった。それは必要性を考えるとか言うレベルではなくて法人を創る際の義務ですけど・・・・。尚悪いことに対外的には各種保険完備と謳っているのだ。これはウソというかサギと言うか違法ではないか。

実にこのことで大変な騒ぎが起きてしまった。昨年夏、私と同日にたまたま名古屋から体験研修に来た40歳の元サラリーマンが居た。そのサラリーマンが熱中症で救急車で運ばれ2日間点滴を打ちながら入院したのだ。もう少し遅ければ脳に後遺症が残るという危ないところだったそうだ。しかし、本当に危ぶまれたのはこの農業法人の存続だったのだ。

この農業法人は各種保険完備と公にしているにも関わらず一切加入の事実はなかったのだ。従ってこの件がマスコミにでもバレようものなら会社は間違いなく存続できなかっただろう。私はその入院した仲間に向って言った。訴えてしまいなさい、と。法的に訴えてこんな社員を大切に思わないような農業法人など潰れてしまえと本気で思うのだ。詳細は聞かなかったが事実はもみ消されたようだ。

と、まぁそんな農業法人の社長さんがあろうことか今回の私のビジネスプランの最も重要な評価者としてお偉方に招かれていたのだ。投資関係の仕事をしていたと常々周りに吹いていたから呼ばれたのだろうけど。またこの社長さんはオエライさん達にコネを持つのが得意でそれを自慢の種とするようなセコイタイプの人間なのだ。私はその社長氏が来るというこを知らずに来たのだが、社長氏は今回あの会社の存亡が危ぶまれた事件が起きた時に居た研修生がプレゼンしに来るということを知っていた。

私はこの事実を知った時に、ああ、このお偉方連中はこんな浅はかな人物と付き合うような薄っぺらな人達なんだ・・・・と思ったらゲンナリしてしまった。因みにその社長は後ろめたさのためなのかどうかは知らないが、登場時からオドオドしており、用事があると言って逃げるようにそそくさと帰って行った。

ま、そんな経緯があって今回の遠征は疲れてしまい、またこういう人達とは距離を置こうと思った訳だ。なんというか、これまで真面目にビジネスプランを考えてきた自分が汚された気分になってしまった。しかし最後に登場したボスがよりによって二度と見たくも無い農業で会った初めての軽蔑の対象、その人物だったとは・・・・・。人のビジネスプランに批評を加える前に自分の農業法人をなんとかしろよ・・・・・ま、そう言われるのが怖くてそそくさと帰ったのだろうけど。



今回の温泉旅行としてのアップは明日にでも。




「ねはんの里」 
banner2.gif


スポンサーサイト
[2013/09/24 21:35] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(2)
<<山梨温泉記1 | ホーム | なんか疲れたゾ。>>
コメント
他人事じゃないなぁ~(笑)

私のブログにコメントを下さった方が、農業にとても興味があるということでしたので、「迷子の大人たち」も是非読んでみて下さいと、宣伝してしまいました。

ビジネスプラン、ブログの更新、期待していますよ!
[2009/04/28 20:46] URL | ごめり #79D/WHSg [ 編集 ]
ごめりさん
いつも優しいお言葉有難うございます。ブログの宣伝も有難うございます。今後も少しでもおもろいブログをアップできるよう努力して行きますので宜しくお願いします。
[2009/04/29 07:56] URL | NOか! #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/135-d2cae34f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。