/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
「ミュータント メッセージ」について
函館が「イカール星人」に襲われている!っていう記事見ました?もう一ヶ月も前のニュースになるんですね。

函館の観光PRの動画がYou tubeに流れていて話題を呼んでいるという記事が昨日も出てました。ま、その動画を見た方も多いでしょう。まだの方は一度見てみてください。その中のセリフがとても気に入ってしまった。イカ型宇宙人の「イカール星人」が函館市民に怒っています。

イカばっかり食いやがって~

い、イカばっかりってなんだよ・・・・腹痛て。つーかマジくだらね。

学生時代の友達でイカが好物のヤツが居て、そいつに「イカっこ」というあだ名をつけたのを思い出したよ。今頃イカール星人にボコボコにされてなきゃいいけど・・・・・

えーと。そんなくだらない話をするハズじゃなかったんだ。先日、2年前からずっと読もうと思っていた本を読んで良かったので紹介します。その本は、「ミュータント メッセージ

内容は、アメリカ人の50歳の女性がひょんなことからオーストラリアの原住民であるアボリジニの一族と4ヶ月に渡りオーストラリア横断の旅に同行することになる。その中で彼らの優れた精神性を学んで行く、というもの。読んでから知ったのだが、この本は一部の人達から非難を浴びているそうだ。ノンフィクションではなくフィクションだろう、と。現行は余りの非難によってフィクションですという注意書きがされているが、当初はノンフィクションとして刊行されたらしい。

いや、非常に残念だ。批判の理由というのが描かれているアボリジニの習慣が実際とは異なるとか、出てくる植物が現実とは違うとかいう、かなり幼稚なものばかり。ネット上で調べてみると日本でもこの本を読まずに大々的に批判しているサイトなんかもある。バカらしい。

この本も、先日紹介した「聖なる予言」も、いわゆるニューエイジという人に支持されてベストセラーになっている。そしてどちらの本も一部の人からはフィクションなのか、ノンフィクションなのか、というつまらん議論により批判を浴びているそうだ。

私が読んだ感想から言えば、この本はフィクションでもノンフィクションでも変わらずに精神的な感銘を受けることができる素晴らしい本だと思う。ニューエイジ系の書物では何故か精神性を問題にした本でカネを儲けるのは悪いことだ、というくだらん批判を受けることが多いらしい。煩悩に従った商品を売るのは良いことで「精神性」を売るのは悪いことだ、というのはおかしくないか?

ま、ネットで検索かけるとその批判サイトがトップに検出されてしまうのが残念なので、ココで声を大にして言いたい。

「ミュータント メッセージ」
(マルロ・モーガン著)

この本は私がここ数年で最も感銘を受けた書物の内の一つです。この本がフィクションであろうとなかろうと、そのサティスファクションがコンサベーションされる(なに韻踏んでんだよ)ことには全く変わりない、と思えるような名著です。(ルー大柴か) 廉価な単行本ですのでどうぞ是非読んでみて、チョンマゲ。



あれっ、もしかして説得力ない感じ?





「ねはんの里」 
banner2.gif


スポンサーサイト
[2013/09/24 21:35] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(4)
<<ぼくの夏休みを取り戻そう | ホーム | 性善説の経営とは>>
コメント
DVD返そうと思ったんだが,りさこも見たいっていうので,一昨日から毎晩一話ずつ見てるよ.それとこずえちゃんも見たいって言ってたかな?まだこずえちゃんにまでまわってないので,もしかしたらもう少し先かも...
それはそうと,アボリジニの旅に同行したという話,どっかで聞いたことがあるぞ.これまでの(というより今でも)西洋型の分割統治の思考法では,環境問題や倫理問題などうまく解決できない問題が出て来て,やっぱりゲシュタルト(部分に分割できない全体性)が大事だってことなんだろうな.これからますますアボリジニやアイヌの人たち(ついでにムーミンたちも)の生き方が見直されてくるんじゃなかろうかと思うよ.
[2009/04/22 11:20] URL | みたふり #79D/WHSg [ 編集 ]
みたふりさん

わかった。DVDは全員見るまで待つことにしよう。1泊300円でいいから。

しっかし分割統治とかゲシュタルトとか難しい単語多いなぁ。ゲシュタルトってのはドイツの甘いお菓子かなんかだといいんだけど。アールグレイに合うような・・・・って紅茶なんてよう知らんけど(それって知ったかぶりじゃね?)
[2009/04/22 13:42] URL | NOか! #79D/WHSg [ 編集 ]
昨日、人からミュータントメッセージを勧められ、検索してたらこのブログにヒットしました。これも流行りの「引き寄せ」でしょうか・・?ワタシはコピーライターですが、バツイチさんの脱力系の文章が何となくいい感じでツボにはまりました。てゆうか、私も何も見えないのに輪廻転生を信じたいヒトです。
[2009/05/29 16:18] URL | ANN #79D/WHSg [ 編集 ]
ANNさん
はじめまして。ゆるいブログを書いてる迷い系のこひつじです。「引き寄せ」の意味がよくわかんなかったんですが、いわゆる「客寄せ」みたいな意味ですかね。1冊売れたら1割私の懐に入るみたいな・・・・す、鋭いですね。ズバリ著者の「○露・モー癌」さんからブログに書いたことにより日本での販売が伸びたらバイト代あげると、テレパシーで言われたんですよ。いやぁ、コピーライターさん、怖い怖い。

ま、確かにこれからネットショップを開設しようとしてるんで客寄せはしたいところですが今決まっている商材は一部のマニア系じーさん(怒られるぞ)が喜ぶだけの万年青(おもと)だけです。

しかしここにコメント書いたってことはまんまと私のマインドコントロールに引っかかっちゃいましたね。今晩から「ミュータント メッセージ」が気になって夜は寝つきが悪く、寝たかと思えば夢にはイカール星人が出てくるようになりますよ、フフフ。
[2009/05/29 17:32] URL | NOか! #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/131-20eda83a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。