/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
お花見
えーと、皆さんはどこに住んでるのか知らないので一概には言えませんが桜ももうほぼ終わりですね。

ええ、私も一人前に先週の最盛期終盤辺りの8日に行ってきましたよ、一人で。場所は私の住んでいる東金市で最も花見客を集めると思われる八鶴湖(はっかくこ)という、湖とは名ばかりの周囲約800メートルほどの人工池です。この八鶴湖の歴史についての詳細はリンク先に譲るとして、簡単に言えば徳川家康が晩年、ここ東金に鷹狩り来た際に造られた池ということらしい。

この鷹狩りというのもなんとも不可思議なスポーツ(?)だ。本来は鷹を使った猟であったのだろうが、徳川家康ともあろうものがまさか鷹狩りをして生計の足しにしていたということはあるまい。案の定ちと調べてみたら「日本では支配者の狩猟活動は権威の象徴的な意味を持つ」とのこと。アホらし。

その鷹狩りとはあんまり関係ないのだが、そう言えば人間というのは面白いもので動物が食餌(しょくじ)をする様子を見て楽しむという妙な嗜好があるようだ。例えば池のある観光地によくある、「鯉の餌200円」的なヤツだ。私も昔はあんなものにうっかり貴重な100円玉を寄付していたものだが、ある時ふと気付いたのだ。

これは絶対ずる賢い経営者の策略だ」ということに。

大抵動物園などに行くと「餌をあげないでください」なんて書いてあり動物に餌をやることを禁じている。人間というのは禁止されると無性にやりたくなるものなのだ。そのストレスを発散させるべく、例のずる賢い経営者が、

そうだ、動物園で溜まったストレスを多いに発散させると共にうちの鯉の餌代もカットできるナイスなプランだ。しめしめ。 」

なんて考えたに違いないのだ。ということに気付いてからはなんとなく餌をあげたい衝動に駆られるものの、理性でその煩悩に打ち勝ってきたのだ。(って大袈裟やろ)

でもどうして動物が食餌する様が面白いと感じるのだろうか。人間に対してはどうか。確かに子供が食事する様子はなんとも微笑ましく見ていて飽きないし、可愛らしいガールフレンドでもいれば一緒に食事を共にして見ているのも楽しかろう。

でも待てよ、ええ歳こいたオッサンがラーメン屋で餃子定食なんか喰って楊枝でスキッパをシーシーやってる様 は見ていて楽しくないばかりかどちらかと言うと目を背けたくなる光景ではないか。てことはそのものが可愛らしく、食餌に限らず見ていて飽きない対象であることが条件ということだ。(当たり前や)

と、尤もらしい結論に至ったところで何の話だったか。あ、鷹狩りか。うん、それはもうどうでもいいや。それと徳川家康なんてのもどうでもいいな。戦国武将なんてのは現代に言い換えてみると「人殺し大将」だからな。ちっとも偉くもなんともねーな、って言うか現在で言うところのビンラディンとなんら変わらんやろ。

えー、そのイエヤス様がいらっしゃった八鶴湖の桜の話でした。ここには周囲に約1000本の桜があるそうです。で、先週水曜日に行ったんですが平日でしかも薄曇りだったので、どーせ人なんておらんやろ、と思っていたら大間違い。最近ではネットの花見サイトなんかにも掲載があるためか市外ナンバーがやたら多く池の周りは普段あり得ない渋滞が・・・・。

↓わかりにくいけど左下に渋滞の車が並んでます。
渋滞.JPG

折角なのでもう一枚。
八鶴湖と桜.JPG
↑なかなか綺麗な池でしょ?

でも人混みが嫌いな私は10分で移動しましたが。そして人けの少ない桜を探して近所のお寺巡りしてみました。

願成就寺の枝垂れ桜。
願成就寺の枝垂桜.JPG
↑近所のお寺の枝垂れ桜。
私はこちらの方が好きですね。観光客もいないので落ち着いているしなんといっても寺の名前がまずいいです。

本松寺の山門から見た桜。
本松寺の桜.JPG
↑こちらは毎年除夜の鐘つきに来る近所のお寺。

山門から見ると桜のトンネルになってますね。こちらも観光客は皆無なので落ち着いて花見ができます。

もう一枚、本松寺。
桜のトンネル.JPG
↑毎年私の多大なる煩悩が発散されている場所だからかやたら綺麗に見えます。

そうそう。
4月10日の日記の兄貴のコメントに対してネタを作ろうとしてたんだけど反省して、人の揚げ足を取ってネタにするのは良くないぞ、と思ったのでこんな内容になりました。



とかなんとか言っちゃって・・・・





「ねはんの里」 
banner2.gif


スポンサーサイト
[2013/09/24 21:35] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(2)
<<ビジネスプラン始動MT | ホーム | 忘れていた結果>>
コメント
挙げ足でも揚げ出しでも揚げ底でもよいから,楽しいブログを書いてくれ.みんな見てるで.おれはこれからムーミンの授業や.ムーミン物語は,仏教にも通ずる,なかなか奥の深い話やで.
写真の摂り方,ばあちゃんはせっかちすぎるんやろな.もっと落ち着いて被写体と向き合って虎な,というといて.
[2009/04/15 15:34] URL | みたふり #79D/WHSg [ 編集 ]
みたふりさん
わかった。おっさんからのエールでも少しはモチベーション上げなくちゃいかんな。因みに俺の写真はピントがズレていようがお構いなしの激写風撮影だから人に伝授できるようなものじゃないな。どちらかというと写真なんて後からコメントでなんとでもなるってー感じやで。
[2009/04/16 08:26] URL | NOか! #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/127-b34ae928
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。