/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
田舎で働き隊!座談会in丸ビル
おっと、だいぶ遅くなってしまったけど3月31日の「関東ツーリズム大学活動を考えるフォーラム」の様子をレポートします。

じゃーん、丸ビル。
丸ビル.JPG

まず東京駅まん前の丸ビルで会議やる必要あんのか?と普通のビジネス感覚を持つ人間なら思うのじゃないか。しかし丸ビルって一体いくら掛かるんだよと思ってちょっと調べみた。
丸ビルのお値段.JPG
↑確かroom4だったから、241,500円也。(高っ)

因みに二駅隣の新橋辺りでは?と思って調べてみたら虎ノ門ビジネスセンターでは・・・・・同じ位の100名以上入れる部屋で1時間27,800円。4時間だと111,200円也。(う~ん)

13万円お得ですが・・・・。私のような中立な立場の人間からこの際非難してしまおう。農水省のお役人さんに10分挨拶してもらうだけで税金13万円捨てたのか?この関東ツーリズム大学の企画を支えているのが「えがおつなげて」というNPO法人なのだが、NPO法人だけに金銭感覚がオカシイのか?そもそも今回の農水省の企画である「田舎で働き隊!事業」は、田舎と都会をつなぐNPO法人を救うためだったと誰かから聞いてガッカリしたのだが。結構な税金がNPO法人に流れたらしいゾ。なんてこった・・・・。

この日、飯島地区のコーディネータの松木洋一先生から聞いたのだが、この「田舎で働き隊!事業」に対する非難がマスコミや各界から出ているとのことだった。税金の無駄遣いだ、と。

それでは関東8箇所で行われた今回の事業成果を見てみましょう。

1.南アルプス地域。
南アルプス地域.JPG
↑テーマ「春の果樹園で、仕事で遊ぶ」

2.小諸地域。
小諸地域.JPG
↑「原綿から生地・糸、製品までを学ぶ」

3.里美地域。
里美地域.JPG
↑「竹を主とした林業体験を通じ、炭化利用・製品化・販売を学ぶ」

4.須玉地域。
須玉地域.JPG
↑「江戸時代の古民家再生の体験研修」

5.飯島地域。
我らが飯島地域.JPG
↑「“人間だけがすべてじゃない”自然と共生する農業ビジネスの実習とプランづくり」

我らの菅原さんの発表。
菅原さんのプレゼン.JPG
↑素人向けに簡潔明快で実践的なプランのいい発表でした。

6.増富地域。
増富地域.JPG
↑「農業はじめの一歩」

7.那須地域。
那須地域.JPG
↑「森林酪農と雑穀の作業、管理を学ぶ」

8.白州地域。
白州地域.JPG
↑「都市と農村の交流、自然エネルギー事業等の実務研修」

白州地域はNPOえがおつなげての代表理事、曽根原氏がコーディネータを務めた地域。彼はしきりに自分の地域に集まったのはエリートばかりだったと主張していたのでプレゼン内容が気になるところ。

↓これがプレゼン内容。
白州地域のプレゼン.JPG

・・・・・。北杜市の遊んでいる山林や農地を都会の企業に利用してもらおうというマッチングツアーのサポートしただけなの?しかも企業のCSRなんてのに頼っているとは・・・・・。お叱りを覚悟で言えばCSRって企業の中では窓際部署ですよ?しかも目的は企業のイメージ戦略的なもの。簡単に言えばイメージCMみたいなもんでしょ?当然ながら不景気なら削られますよ?「田舎で働き隊!」のメンバーでもっと実利的な遊休山林・農村を使ったビジネスモデル考えた人はおらんのか?

あ、プレゼンちゃんとあるじゃん。
農村自然エネルギー開発.JPG
↑「農村の自然エネルギーの開発のポイント」

資源量の把握(林業で残材として廃木が大量にあると、うんうん) 需要量の把握(あ、残材の需要ね) ビジネスモデル(それを考えたんでしょ?) 体制構築(だからそれを考えたんじゃねーのか?) 法律、制度的な面でのクリア(って結局行政に頼りたいのか)

あ~あ。まだよくはわからないけど、元経営コンサルタントがNPO法人創ったって事自体おかしいとは思っていたけどそういうことかもね。33歳で引退か・・・・・・。

彼は最後に言う、「今ようやく社会の目が田舎や農業に向いてきたのでチャンスだ!」

ほんとにそうかね。不景気で都会の二次三次産業が駄目だから安易に田舎や農業に活路を見出そうと言う一時凌ぎ的な政策じゃなきゃいいけど。具体的なのはただ自分のNPO法人に税金が回ってきたってだけじゃん。持続可能な農業とか語る前にNPO法人を脱しないと駄目だろ?本当に持続可能なら田舎や農業・林業等に関わる人、組織の全てがwin-winの関係で喰える仕組みを創らないと。政治家が変わったら喰えなくなったなんてのは持続可能とは言えないぞ。

座談会の面々・・・・
座談会.JPG
↑もうええわ。

我らが飯島地域だけは田舎で起業!をコンセプトにした全員分のビジネスプランを綴じた冊子を配った。しかしながら他の地域は農業や林業などを体験して楽しかった、辛かったという感想的な発表に終始した。この程度の体験に税金を使って日当を払う意味などないと言われても仕方ないと思う。税金使うなら発展性がないと。因みに今回約90名全員分の日当で使われた税金はおよそ630万以上。プラス往復の交通費はきっと300万円ほどになるだろうか。うーむ、これ回収できるモデルを作らないと世間の非難に合って持続不能だな。

フォーラムが終了後、飯島のメンバーで丸ビル内のハワイアンカフェ(?)みたいなお店で軽くお茶することに。

丸ビルのハンバーガー屋.JPG
↑「あろは~」じゃねーぞ。

メニューが全部英語でしかもセットとか分かり辛いため渋滞ができていた。(経営者アホやろ)

また仲間が集まった.JPG
↑ともかく松木先生、矢崎先生とメンバーの文子さん、菅原さんと私が再度集まり、食や農業について、また今後のビジネスプランの実現へ向けた話などをして2時間以上有意義な時間を過ごした。本当は相棒の清水社長も参加する予定だったのだが急遽体調が悪いとのことで参加を断念したとのことだった。(まさかソースカツ丼の食べ過ぎじゃねーだろーな、なんて)

あ、詳しく説明していなかったが、私と清水のビジネスプラン類似性については、さすがの松木先生は発表の時に気付いており、一緒にやればいいと清水くんと私を東京のオフィスに呼んでくれたのだ。そして4月の中頃にまず3者が集まって方向性を決め、その後色々な関係者などを含めて話し合いを進め、実現の可能性を模索して行く予定だ。





「ねはんの里」 
banner2.gif


スポンサーサイト
[2013/09/24 21:34] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(4)
<<WWOOFとは? | ホーム | いいじまキター13 3/24>>
コメント
報告ありがとうございました。研修初日、女子部屋で「この企画はいったい何だろう」「なんかおかしいね」って話していました。単なる体験の企画ではないのかって。自分たちが何をこの田舎で働きたいに何を望まれ、望んでいるのかがわからなくなって、お金もらって参加していることが不自由というか、苦しくなったというか。このばらまき方はどういう事なのかという疑問ばかりでした。批判がですのは見えてたよね。幸い飯島地区は、菅原さん、池田さん、清水さんの具体性のある提案があり、内容的に成果のあるものになったと思います。(私としてもとても刺激的で、充実したものでした)
 研修終了後、皆さんと新宿で別れたあと、パート先(宮崎物産館)の飲み会に出席したのですが、そこで販売する青果品の流れを聞いてびっくり。産直だと思いこんでいたのに、宮崎経済連の関係で、実際は大田市場に出たものを購入しているとのこと。道理で新鮮でもなく、品物も目新しくもなく、値も安くはない。県のアンテナショップだから、そうなるのですが。
 ボンにお願いがあります。物流の仕組みのことを知りたいのですが、お薦めの本がありました教えていただきたのですが。自分でも捜してみようと思いますが、ちょっとずるできればと思い…。
[2009/04/03 13:14] URL | ひとみ #79D/WHSg [ 編集 ]
ひとみおねー様

だから、ボンはやめてよ。

女子は初日にそんなことで悩んでたのか。私はこの企画、飯島地区のビジネスプラン作成の文字に惹かれて参加したので起業ネタ探して初めからかなりマジだったけど。

物流ねぇ、と一言に言ってもなかなか多様だからね。それに私もそんな詳しいとは言えないし。基本的な本なら「90分でわかる物流の仕組み」なんかでいいと思うけど。私もサラッとしか読んでないけど。

後、私の居たコンビニ業界の流通はかなり進んでいて、冷凍・チルド・準室温・室温の4温度帯で一日3便体制。しかも最短6時間のリードタイムで発注→納品が可能という優れたシステムを持っています。

コンビニの流通・物流について知りたければ「コンビニが流通を変える!」とか読んでみたら?ちょっと古いのが気になるけど。

ま、本屋でそれらしいのを選べばいいんじゃないでしょうか?(我ながらなんと適当なアドバイス)
[2009/04/03 15:40] URL | NOか! #79D/WHSg [ 編集 ]
早速本屋へ行きます!
つくづく何も知らずに暮らしていたものだと思うわ。私の知っていることが狭すぎるのね。
あ、生きている木を伐ってみたい時はいってね。伐木、枝打ちを、体験するフィールドはありますので。ま、月一で、遊びの域を出ませんが、真面目にやっています。
[2009/04/04 10:51] URL | ひとみ #79D/WHSg [ 編集 ]
ひとみさん
>つくづく何も知らずに暮らしていたものだと思うわ。私の知っていることが狭すぎるのね。

そんなことないんじゃない?主婦としての知恵は一杯持ってるじゃないですか。物流知らなくても料理できれば生きて行けますって。

>あ、生きている木を伐ってみたい時はいってね。伐木、枝打ちを、体験するフィールドはありますので。ま、月一で、遊びの域を出ませんが、真面目にやっています。

それも楽しそうだなぁ。でも私こう見えても子供の頃から家の周りの林で台風で倒れた木とか結構切り慣れていて、この間は親のやってる陶芸店の裏山の竹林の間伐をしたところ。あんまり密生してると竹の子できないんだよね。ボンなんて言われてるけどあのメンバーの中ならきっと一番野生児だと思うんだけど・・・
[2009/04/04 13:21] URL | NOか! #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/120-4a7c12a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。