/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
いいじまキター8 3/21 前編
研修最終日となる4日目は、初日と同じ水緑里七久保(みどりななくぼ)へ。

ここは育苗と果樹の生産を行っている法人だ。
午前中は育苗施設(ハウス)の草取り。
稲苗ハウスの草取り.JPG
↑この日はメキシカンのアドリアンさんと一緒。
多分英語で「エイドリアーン」だよね?

ま、ええけど。

その「エイドリアーン」が何かを見つけたようだ。
蛙を至近距離で狙うメキシコ人(アドリアンさん).JPG
↑めっちゃ至近距離からかえるさんを狙う「エイドリアーン」。そのメキシカンを面白がって撮る更に変わったジャパニーズのオレ。ヘンな外人と、最もヘンな日本人に狙われたかえるさんもタジタジ・・・・

蛙さん「あの・・・・・ボクおいしくないですよ・・・・・あーガマの油でそっ。」(んな感じ)

きゅうけーい。
水緑里七久保の社長(一服).JPG
↑社長さんの長靴は何気にヒョウ柄で決めてます。

今日も南アルプスがキレイ。
今日も南アルプスがキレイだ~.JPG
↑左端の方にかつて強力な気を放つゼロ磁場地帯として紹介した分杭峠(ぶんぐいとうげ)があるはずです。

昼食は先日と同じく「藤よし」へ。
再度藤よしへ.JPG
↑やっぱここのラーメンおいしいわ。

午後からはりんごの苗木の仮植え作業。

これが苗木。
りんごの接木.JPG
↑この苗木はなんと3種類の木をつないで作られた接木(つぎき)だ。

まず一番上の部分は信濃スイートという最近品種改良により生まれた小ぶりの甘いりんごの木。次、茎の20-30cmくらいの部分(多分)がなんとかって木(ごめん、聞き逃したみたい)でここから1年後くらいに根が生えてくるらしい。その下の根の部分は1年目で切り落とすので1年間だけの根らしい。そうすることで木の樹高が低く抑えられるのだそうだ。なるほどね。

この木は道の駅の近くのりんご畑に植えられており、観光イチゴ園と共にりんご狩り用の木として植えられる。つまり木の高さが低くないといかんのだ。

まずは機械で50cmくらいの溝を掘っていきます。
簡易掘削機で溝を掘って.JPG

溝に等間隔で苗木を植え、適当な間隔に支柱を立て土をかけて支柱間にロープを張る、と。
支柱立ててロープを張る.JPG

次に苗木が補助するために苗木とロープを結びます。
垣根結び.JPG
↑この結び方を「垣根結び」と言って素人には若干難しい結び方だ。

まずお手本を見せてくれてその通りに真似しながらやろうとするのだが師匠は見ていてくれないので自分が間違っているのか正しいのか不明のまま「エイドリアーン」と共にテケトーに結んでいく。ちゃんとフォローしてくんないと・・・・

最後に以前に植えたりんごの木が風で傾いてきているのを直す作業。ここは南からの風が年中吹くようだ。

「エイドリアーン」が見てます。
ちと曲がってんじゃね?.JPG
↑「この木傾いてんじゃね?」

軽トラで引っ張って直す。
傾いたりんごの木を元に戻す.JPG

おっちゃんらがあーでもないとやってますな。
古くからの同級生達.JPG
↑このおっちゃんらはかつての同級生だそうで。ということは高校の同級生だったとしても40年以上の付き合いということになるのか・・・・。

高校を卒業して40年以上も一緒に働ける仲間がこんなに居て羨ましい限りだ。私なんて高校の友達なんて既に一人も連絡を取っていない。全国をあちこち移動している内に大学時代の友人すらも今連絡を取っているのが「釣り行こう」シリーズでお馴染みの漁師のK氏くらいだ。目の前のおっちゃんらが40数年前の高校時代にツルんで遊んでいる様子を想ってみる・・・・・

栗の木畑にはこんな記念碑が建っていました。
どんな記念碑なんかより~.JPG

↑「終戦により喜びも悲しみもわかちあい 同志十二名 昭和二十一年十一月二十八日開拓農業共同組合を設立 以来二十五年 困苦に耐えてこの地を拓く これを記念してこの碑を建立する」

おっちゃんらかつての悪ガキどもは、終戦後の食糧難を、高度成長期に仲間がみんな都会に出て行ってしまった後を、農業で日本を支えてきたんだ。そして40年以上もずっとお互い助け合い、共に苦労と喜びと悲しみを味わって来たんだろうな・・・・・

世界中に建てられてる   どんな記念碑なんかより
あなたが生きている今日は   どんなに意味があるだろう


               TRAIN-TRAIN / THE BLUE HEARTS (リンク音注意!)

ああ。今日もいい日だったな。
今日もいい日だったなぁ.JPG


走ってゆ~くぅ~ どこまでも~




「ねはんの里」 
banner2.gif


スポンサーサイト
[2013/09/24 21:32] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<いいじまキター9 3/21 後編 | ホーム | いいじまキター7 3/20>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/114-481ca348
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。